月別アーカイブ: 2014年5月

作家なりきり合宿10:無事に合宿終了しました!

12:00頃、勉強部屋に全員集まりましたので、
どこまで進んだかの報告会。
それぞれが発表することにより、フィードバックをもらえたり、
新たな発見が見つかったりで、良いシメになりました。

10-0516-1

「落合楼・村上」の村上社長に
集合写真を撮っていただきました。

10-0516-2 

「落合楼・村上」の家紋。

10-0516-3 

ななななんと!
「一生使える文章力養成講座」1期生の中村薫さんが登場。
これから、マネーの会 1周年記念合宿を開催するとか。
私たちと入れ替わりです!

10-0516-4

他にも賢者の会メンバーが「落合楼・村上」へ写真撮影で訪れたりと、
ブレイク中の「落合楼・村上」。
合宿を機会に、プライベートでも訪れたいと言っている方も多く、
ホームのような存在になりそうです。

10-0516-5 

作家なりきり合宿終了!

10-0516-6 

合宿は終わりましたが、
時間のある方で沼津港へランチしに行ってきました!
本日も晴天!
ドライブ日和で気持ちがよかったです(^^)

 

10-0516-7

ランチしたお店は、千漁家。
ロケーションが良くて、盛りつけ方がきれいでした。
私は海鮮がたくさん入った海鮮石焼を頼んだのですが、
美味しかったです!

10-0516-8

この2日間でとても良いエネルギーをいただきました。
皆様、本当にありがとうございました。

東京メンバーのみなさん、気をつけて帰ってくださいね。

10-0516-9

合宿終了後、受講生の方から宿題がたくさん提出され、
嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

来月の文章講座、7月のプレゼン大会がますます
楽しみになってきました(^^)

 

それでは、来月の「一生使える文章力養成講座」で
お会いしましょう!

作家なりきり合宿9〜創作意欲がかき立てられる落合楼・村上と自然

9-0516-1

朝食を食べてから、まずは勉強部屋へ向かいました。
そしたら、大井さんが美味しいコーヒーを淹れていただきました。
勉強する前にコーヒー飲むのっていいですよね。
お皿にある抹茶のチョコレートも美味しかったです(^^)

9-0516-2

9:00から12:00までは自由時間ですので、
落合楼を出て、自然散策をしてきました!

9-0516-3

湯道周辺の案内図を頼りに向かいました。

9-0516-4

出会い橋・男橋
どうやらこの橋には伝説!?があるそうです。
詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1633

 

9-0516-5

橋から見えた景色。

もうすぐこちらでホタル祭りが開催されます。
昨年は6月の平日にこちらでホタルを見たのですが、
多くの人でにぎわっていました。
たくさんのホタルがとても幻想的でキレイでした(^^)

9-0516-6

橋から見えた、たつた川床料理。
新緑と清流を見ながら、食事できるのはいいですね。

9-0516-7

♡のモニュメント。

9-0516-8

出会い橋・女橋。

 

9-0516-9

結構歩きましたが、気持ちがよかったです。
歩くと頭の回転もよくなっていいですね。

自然散策後、後藤さんは再びラウンジで執筆に専念。

9-0516-10

ラウンジのすぐ隣にはお土産ショップがあります。
う〜〜ん(> <)目移りしてしまうかわいさ♡

9-0516-12

保刈さんは勉強部屋で
ノートパソコンを開いて執筆。

9-0516-11

ここでも執筆できます①

誰も使ってなくてもったいない!
少しの時間だけ、座っちゃいました(笑)

9-0516-13

ここでも執筆できます②

「落合楼・村上」は執筆できる、ひとりになれるスペースが
たくさんあって好きです(^^)

9-0516-14

いよいよ作家なりきり合宿ももうすぐ終わります。
みなさんの結果はいかに?

9-0516-15

もうすぐこの看板ともお別れで、
少しさみしい気もしますねぇ。

作家なりきり合宿8:落合楼で過ごす至福の朝の時間

朝起きた後、
またもや温泉に入ってきました!

これで3度目の温泉です。

落合楼は天狗の湯とモダンの湯があり、
朝と夜で男女が入れ替わるので、
貸し切り風呂を含めれば、3つの温泉を楽しめるんです!

温泉後には、無料で使えるマッサージチェアで
マッサージしてもらいながらウトウト。

目の前はきれいな新緑を楽しめて、
とても至福のひとときでした。

朝風呂はダルくなるので、
ふだんは控えるようにしているのですが、
落合楼の温泉は朝入ってもダルくならないどころか、
調子が良くなるんです!

8-0516-2

温泉後、8:00から朝食をいただきました。

8-0516-1

とても豪華な朝食!
朝からおかずが盛りだくさんです。

8-0516-3

あつあつの湯豆腐が美味しいです。
朝からごはんがすすみ、おかわりしちゃいました!!

 

8-1516-4

ひものも身が厚くて美味しかったです!

8-0516-5

参加者のみなさんは、朝から温泉に入った人もいれば、
落合楼の中を散策、落合楼を出て浄蓮の滝までランニングする方も
いたりと朝から充実した時間を過ごされたそうです。

昨夜の懇親会の終わりは、2:00頃だったそうですが、
みなさんタフですよね。

 

みなさん、楽しむことにとてもどん欲です!

朝食食べて、
今日1日頑張れちゃいそうなくらいのエネルギーをいただきました。

さぁ、9:00から研修です。

合宿のラストスパート、頑張りましょう!

作家なりきり合宿7:ラウンジで大人の懇親会

懐石料理を食べた後は、軽く温泉に入ってきました。
なぜ、軽くしたかというと、23:30から貸し切り露天風呂の予約を入れたからです。
前回は、時間がなくて貸し切り露天風呂に入れませんでしたが、
今回は入るぞ〜!

懇親会は昼間に新聞取材を受けたラウンジ。
夜になると、大人な雰囲気でこれまたステキです♪
こんなに広くてすてきなラウンジを貸し切らせていただきました。

7-0516-1

お酒やおつまみをつまみながら、語り合いました。

7-0516-2

真面目な話しからくだけた話しまでできて面白かったです!
後藤さんの話し、面白過ぎ(≧∇≦)

爆笑している大井さん。

7-0516-3

保刈さんは本の執筆について考えている様。
作家なりきりタイムの時にヴォイスレコーダーで録音してたとのこと。
こういう方法を使うのは、後で再確認できていいですね。

 

7-0516-4

鈴木さんも本の執筆に専念していました。
みなさん、ラウンジではそれぞれがしたいことを
自由にやっています。

7-0516-5 

執筆しながらも途中で会話にまじってきたりと、
リラックスした雰囲気。

7-0516-6

最後はみんなで歓談しました。
これぞ、大人の懇親会(笑)!

7-0516-7 

私と後藤さんは、
貸し切り風呂の予約をしたため、みなさんよりも早く
そのままおやすみさせていただきました。

ふー、いい湯でした。
温泉に向かう道もすてきなんですよ。
写真を撮っておけばよかったな。

 

7-0516-8

ふかふかのお布団でおやすみなさい。

5月25日は「賢者の会」を開催します

「第16回・賢者の会」を
5月25日の日曜日。14時30分より、
虎ノ門「トラとぴあ」にて
開催します!
(会費2000円)

フェイスブックはこちら
それ以外は、
info@kenjabook.jp にて受付します!

今回講師は、酒井晃士さん。

すでに私のブログには、
何度も登場しています。

「一生使える文章力養成講座」
の一期生であり、
「武士道を会得する会」の発起人。

ただ私と出会う以前から、
朝活動や読書会など、
数々の活動を続けてきました。ひと回り以上年齢が上の方から
「師匠」と呼ばれるほどなんですね。

その酒井さん、
本職は誰もが知っている
携帯電話の会社の営業マネジャーです。

そしてお世辞抜きに、
実績も非常に出しています!
セミナーや読書で学んだことを、
実際の仕事にメキメキと生かし、
自分を着実に成長しているんですね。

次は酒井さんが現在、書いている本より。
(ちなみに出版社は決まってませんよ)

「営業は、
自分に与えられているノルマを考えつつ、
でもやっぱり綺麗ごとではなく、
お客さまへの貢献を強く想って行動しています。こんな想いを強く持った
いわゆる『売れる』営業マンたちは、
とっても魅力的な人たちですし、
彼らのお客さまは
『売りつけられている』なんて
微塵とも感じていません。
『彼らと一緒に居たい、働きたい』
と思っています。

お客さまの夢や目標に向かって一緒に進み、
そっと背中を押しながら応援し、
時にはお客さまのNOをYESに変えたりする。
そう、営業というお仕事が、
人に良い影響を与えることのできる
キラキラ輝いた魅力的なものだと気づいたのです」

心にうったえる文章だな
……というのは、酒井さんの師匠、
和田裕美さんの影響ですかね。
「売る」ことの楽しさが伝わってきます。

今回は酒井さんの営業術を
お聞きするとともに、勉強会などで自分自身をも売り、
人脈をつくるとともに、
オリジナリティを磨いてきた方法を
たっぷり聞けたらな……と思っています。

意外にも本格的に講師をするのは初めて
……とのことですが、
間違いなく、
これからメジャーになっていくだろう方。
どうぞ楽しみにしてください!

なお当日の午前中は、3回目の「武士道を会得する会」も
同じ場所で行ないます。両方をのぞきたい!……という方は、
どちらかを半額に割り引かせていただきます!!

0419-9

作家なりきり合宿6:初夏の懐石料理を楽しむ

「作家なりきり合宿」の楽しみである、
豪華な懐石料理!

味もですが、見た目も楽しめるのが懐石料理のよいところ。

前回は秋でしたが、今回は初夏!

どんなお料理が出てくるのか、すごくワクワクしましたo(^0^)o

一品ずつご紹介させていただきます!

6-0516-1

まずは一品目。
緑色のもみじがあったり、その下のお皿は池でも表現しているのでしょうか?
何かこの前菜に物語を感じました。

【前菜】
天城軍鶏バルサミコ煮
干大根生ハム巻
菖蒲紫芋
牛蒡猪ベーコン博多
天豆塩蒸し
稚鮎
ゆで野菜塩麹和之
小芋絹担ぎ
絹さやフォアグラ
太刀魚寿司し
ホタルイカ蓮麩重ね

6-0516-2

二品目。

【吸物】
枝豆の摺り流し
玉子豆腐
蓴才 独活
さくらんぼ

6-0516-3

さっぱりとしたお味で美味しかったです。
器の魚も粋ですね。

6-0516-4

三品目。

【お造り】
本日のお造り
あしらい一式

お魚が新鮮でとても美味しかったです!
ひと噛みひと噛み味わっていただきました。

6-0516-5

今まで見たこともない、
キラキラのお醤油!

「どうしてこんなにキラキラなの〜?」

と疑問に思っていたら、
お皿の底がキラキラしているようです。

お刺身をお醤油につけるたびに
キラキラしているので、
うっとり♪

6-0516-6

四品目。

【焚合わせ】

巻海老鉋冬瓜
ズイキ 小茄子
舞茸 白髪葱

6-0516-7

こちらはサービスでつけてくださいました、
小魚のフライ。美味しかったです!

6-0516-8

五品目。

【鍋物】

野菜しゃぶしゃぶと
和豚もち豚
二色ポン酢

6-0516-9

野菜をキラキラのお鍋にいれると、
より野菜がキラキラと輝いていて、
視覚でも楽しめました。

新鮮な野菜なので、生で食べても美味しかったです!

6-0516-10

キレイな豚肉。こちらも美味しい〜(^^)

6-0516-11

六品目。

【お凌
黒米うどん
 貝割卸し

6-0516-12

七品目。

【焼物】

相並と
筍の木の芽焼き
坂出金時
ミニ人参 はじかみ

6-0516-13

八品目。

【食事】
生姜卸飯
赤出汁
香の物
水菓子

6-0516-14

6-0516-15

6-0516-16

ふーーーーー♡

たくさんの美味しいお料理をいただけて、
胃袋も目も満たされました(^-^)

キレイな盛りつけ方や器も勉強になりましたね。

6-0516-17

そして、写真もたくさん撮らせていただきました。

↑こちらは、保刈さんの新兵器、一瞬で360度撮影できるカメラ
でお料理の写真を注目している様子。

落合楼と書いてある器を3つ並べたら、
どんなふうに撮影できるのか、実験してみたんです!

なかなか良い写真が撮れました。

さぁ!
お腹いっぱいになりましたが、まだまだ続きます!

ちょっと休憩してからラウンジに集合して、
懇親会です。

 

続きは次の記事で。

作家なりきり合宿5〜足湯のある宿泊部屋

作家なりきりタイム中の合間をぬって、
宿泊部屋へチェックインしました。
広々としていて、キレイなお部屋です。

5-0516-1

椅子に座って、川や新緑を堪能することができます!

5-0516-2

窓を開けると、

なななんと!

川と新緑を見ながら足湯ができます!

このすばらしいロケーションを見ながらの足湯、
とても贅沢です!

5-0516-3

お化粧台。

5-0516-4

クローゼット。

5-0516-5

洗面台。

5-0516-6 

なんと!温泉が出る、お風呂。

万が一、大浴場の時間が過ぎてしまっても、
お部屋で温泉が楽しめますね。

5-0516-7 

ちなみに男性の宿泊部屋は、
前回、女性グループが宿泊したお部屋です。

 

http://www.kenjabook.com/2013/12/05/作家なりきり合宿6〜本日取材されたことをみん/

夏川は羨ましいくらいVIPなお部屋を1人で宿泊。

YouTubeでお部屋の様子を見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=6icS9nqAq_0&index=5&list=UUgHK8QohePkrjq-PSWvM1xg

5-0516-8

一緒の宿泊部屋である後藤さん。
チェックインを済まし、少し休憩してから、
ラウンジで執筆に集中していました。

 

作家なりきりタイムで本の方向性が大分まとまったようです。

心地よい音楽を聴きながら、川を見ながらの執筆は
インスピレーションが湧きそうですよね。

作家なりきり合宿4〜「読書室で作家なりきりタイム」

館内見学終了後は、

1時間ほど進捗会でしたが、
あまりにも盛り上がって、1時間半を余裕で超えてしまいました(笑)

4-0516-1

すぐに帰られるのかと思っていたら、
最後まで興味津々で質問してくださいました、
毎日新聞の石川記者。

今回の取材は「石川さんでよかったよね〜」

と皆一同。

新聞に写真と記事を大きく掲載してくださいました。

http://mainichi.jp/feature/news/20140520ddlk22040187000c.html

左側は賢者の書店ブログでお馴染み、
問題解決コンサルタントの大谷更生さん。

作家なりきり合宿のコーディネートをしてくださいました。

4-0516-2

今回も落合楼のほうでは、作家なりきり合宿のために、
すてきな題字を書いてくださいました。

ありがとうございます。

こちらの題字を持って読書室に向かいました。

4-0516-3

さぁ、いよいよ「作家なりきりタイム」開始です!

「作家なりきりタイム」とは、参加者の方が
作家になりきり、講師の夏川が編集者になり、
作家の先生と編集の夏川の個別指導タイム。

詳しくはこちら→https://www.youtube.com/watch?v=asUnhC1qbY8&feature=youtu.be

こちらの読書室は、数々の文豪が、実際に利用したと言われる場所。
井上靖の原稿も飾ってありました!

今回の「作家なりきり合宿」のために、貸していただき、
本当にありがたいかぎりです。

4-1

井上靖が書いた原稿。

4-0516-8

トップバッターは、後藤さん。
参加者の皆様、全員、後藤さんと同じように
看板の前で撮影させていただきました。

4-0516-4

「作家なりきりタイム」スタート!

4-0516-5

お次ぎは、保刈さん。

4-0516-6

ラストは、鈴木さん。

4-0516-7 

約40分の作家なりきりタイム。

時間になる度に、「もう時間ですよ〜!」のお知らせをしに
読書室に伺う私。

ドアを開けると、みなさん、「えっ!もう〜?早いね〜!」と、
あっという間のようでした。

けれども、この40分間はとても濃密の時間のようで
大分本の方向性が定まってきたようです。

4-0516-9 

みなさん、「作家なりきり」というより、

本物の作家さんのようでビックリしました!

 

「作家なりきりタイム」は終了しましたが、
これから豪華な夕食、温泉、懇親会もありますので、
まだまだこれからが楽しみですよ〜!

作家なりきり合宿3〜落合楼の館内見学ツアー

ラウンジで新聞取材後、

「落合楼・村上」の社長、村上昇男様に館内を案内していただきました。

村上社長が持っている、「落合楼・村上」の写真集は、
前回の合宿時に購入しました(^-^)v

3-0516-1

下見見学を含めて、今回で館内見学は3回目の私。

 

復習になったり、また新たな発見を見つけたりで、
何回聞いても見ても楽しいですよ。

写真の撮りどころも満載なので、
もっと撮影力もアップしたいと思います。

前回の見学ツアー→http://www.kenjabook.com/2013/12/04/作家なりきり合宿2〜落合楼の館内見学/

下見時の見学ツアー→http://www.kenjabook.com/2013/10/08/作家なりきり合宿:伊豆の落合楼へ下見見学ーそ/

3-0516-2

 

すごく立派な通し柱。
ご利益があるのかなぁと思い、ついさわってみたくなります。

 

3-0516-3

オシャレな障子。

3-0516-4

最近では、こちらで結婚式を挙げる方もいたり、
外国人グループ6名がこの大広間を貸し切り、
和太鼓を聞く!という粋なことをしたとか。

 

なんとも贅沢!

3-0516-5

立体的に見える、松の木!
「どうなっているんだろう?」と近づいたら、
「松の絵」でした。

近づいても立体的に見える。

これはすごい!

3-0516-6 

ある部屋の床の間の障子。
富士山の下に帆船もあって、とても粋。

 

富士山の横にあるのは網。
魚の網、クモの網は福をすくいとるとか、
……という意味があるみたいですね。
縁起物、だということだそうです!

こちらの障子は、紙ではなく、
ガラスでした。

3-0516-7

鉄でできた瓦。
この建物の下が読書室です。
これからこの読書室で「作家なりきりタイム」を
開催します。

3-0516-8

最後に2日間貸していただく、
勉強部屋を案内していただきました。

小障子に木で組まれている精巧な意匠。
「クモ」と「巣」が粋ですね。

クモの目にはガラスが使用されており、まるで生きているみたい。
表から見るのもいいのですが、裏から見ると、実際にクモがいるように見えます。

 

80年も前に、こんな粋なデザインを考えるって、すごいですよねぇ。

3-0516-9

こちらのYouTubeでも館内見学をご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=JiYg9NGx9CQ&list=UUgHK8QohePkrjq-PSWvM1xg&index=7

 

村上社長、お忙しい中、丁寧に教えていただき、
ありがとうございました。

作家なりきり合宿2〜ラウンジで新聞取材を受ける

作家なりきり合宿開催の宿は、
数々の文豪たちに愛された、
伊豆の老舗旅館「落合楼・村上」。

落合楼に着いてから、営業企画部長の大井祐子さんから
梅ジュースをいただき、ラウンジでひとやすみ。

着いて早々、ラウンジからの景色にみなさんうっとり。

2-0516-1

テーブルの上には、何やらボイスレコーダーらしきものが?!

いや、レンズがあるから違う!

 

なんと、こちらは360度の景色を一瞬で撮影してしまう、
ハイテクカメラ!

RECOH  THETAだそうです。

このカメラに私を含め、みなさん興味津々!

2-0516-2

ちなみに撮影されるとこんな感じ。↓↓
おもしろ〜〜い!

そして、このカメラほしい〜〜!

こちらで動いている様子を見ることができます↓↓
https://theta360.com/s/FSw2-0516-3

カメラの持ち主は、「一生使える文章力養成講座」の2期生で
システムエンジニアの保刈豊さん。
(写真を拝借させていただきました)

他にも保刈さんは見たこともない、
新兵器をたくさん持っているんです!

まるでドラえもんのように
次から次へと新兵器が出てくるんですよ。

その度に、「それはどんなことができるんですか?」
と、質問攻めでした(笑)

2-0516-4

ラウンジではただ休憩しているだけじゃないんです。

私たちがちょっと休憩してから、
毎日新聞の石川記者が「作家なりきり合宿」について
取材してくださいました。

このような機会は、大井さんがプレスリリースを配信し、
対応してくれたおかげです。

2-0516-8

システム系の会社に勤務している、鈴木則昭さん。
アジアを中心に海外出張が多く、ご多忙の中、
合宿に参加してくださいました。

2-0516-5

身振り手振りを大きく使って、私たちの話を真剣に聞いて
くださいました、石川記者。

お仕事としてよりも個人的に興味を持ってくださったようで
嬉しかったです。

おかげさまで取材中は肩の力を抜いてお話することができました。

2-0516-6

今回、新聞のメインを飾った、
「一生使える文章力養成講座」2期生の後藤妙子さん。

 

カラーとファッションコーディネートのお仕事をされています。

5/20付けの毎日新聞静岡版に掲載されました!
http://mainichi.jp/feature/news/20140520ddlk22040187000c.html

2-0516-7

夜はこちらのおしゃれなラウンジで懇親会。

 

前回はプレゼン大会直前に作家なりきり合宿を開催したせいか、
飲み食いおしゃべりしているよりも、
執筆に集中しているようでした。

http://www.kenjabook.com/2013/12/05/作家なりきり合宿8〜ラウンジで未来応援タイム/

今回はどんな時間になるか、楽しみですね!