第20回賢者の会・なりたい自分をイメージしストーリーにしてみよう

三田で第20回賢者の会を開催しました。

0923-1

ゲスト講師はキャリア・ブレーン取締役であり、飲食のコンサルタント
としても活躍する白根敦子さん。

『ネ・コーチング』という著書も出版しています。

0923-2

白根さんは夏川と共に、大脳生理学者であり、
自己啓発の大家だった佐藤富雄先生に学んだ仲だそうです。

今、巷では復刻版の『夢をかなえる口ぐせの心理学』がヒットし、
「口ぐせ理論」が復活しつつあるとか。

そこで今回、佐藤先生の、脳の理論を使った「なりたい自分になる方法」
を先生に近かった白根さんに改めて教えていただくことになりました。

0923-3

たくさんのパワーポイントを使っての講義。
口ぐせ理論やRAS(自動目的達成装置)、
日々の生活の中でウォーキングを取り入れると脳が快になることや
未来日記を書くと目標達成しやすくなるなど、
たくさんのことを教えていだだきました。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1761

0923-4

佐藤先生の本は7,8冊は読んだと思います。
中でも、『愛されてお金持ちになる魔法のカラダ』は好きでした。
最近、読んでないので、また開いてみようと思います。

この↑本のイラストの女性のように、
キラキラ輝いていて、運の良い女性の秘訣は、

☆脳は成功スイッチON!
☆内側からにじみ出るオーラ
☆ハリのある肌と心
☆ツンと上向きのバスト
☆キュッとくびれたウエスト
☆キュッとあがったヒップ
☆適度に筋肉のついた健康的なふくらはぎ
☆しまった足首

だと思いました。

↑こうなったら、理想ですよね(^-^)
イラストの女性に憧れてしまいました(笑)

なりたい自分をイメージすると、脳はワクワクしてきますね(^-^)

それをゴールにすると、欲しい情報が脳に入ってきやすくなるそうです。

そして、文章としてストーリー化すると(未来日記)

より効果的だとか。

0923-6

最後に白根さん作の

百歳の『燗ばば』という未来日記を読んでいただきました。
とても粋な未来日記で「男前」だなぁと思いました。
人前で未来日記を声に出して読み上げると、
RAS(自動目的達成装置)に記憶されるので、目標達成しやすくなりますね。

「なりたい自分」だったら、脳はワクワクしているので、
文章はスラスラ書けてしまいそうだなと思いました。

小さなことでも成功するイメージをすることは大切だと思います。

興味のある方はやってみてください。

0923-5

後半は夏川の講義。

白根さんから「なりたい自分」の理論を教えていただいたので、
それをどう文章化するかをレクチャー。

夢を叶える文章術〜「未来小説」の書き方

1 なぜ書くことで夢が叶うのか

2 「未来小説」の構成

3 3章を書く前に……

4 「夢が叶った自分」を書く

5 「これまでの自分」を書く

6 いちばん大事な部分「夢を叶えるまで」

書くことも大事ですが、
なりたい自分に近づくために、
旅行をしたり、ワンランク上のお店へ行って、
脳を刺激することも大事のようです。

0923-7

今回は白根さんが講師ということで、
佐藤先生のもとで学ばれた方が数名いらしてくださいました。

2、3年ぶりの再会で嬉しかったです。

講義内容をマインドマップ化している方がいたのですが、
「本を書くイメージがまとまった!」そうです。
効果的に脳が刺激されたのでしょうか?!よかったです(^-^)

白根さん、参加者の皆様、ありがとうございました!