読書日記:のび太でも売れます。

「エディターMaikoの読書日記」

今回ご紹介するのは、
タイトル:『のび太でも売れます。』
著者:酒井晃士さん 発行:水王舎

いつも「賢者の会」や
「武士道を会得する会」でお世話になっている
酒井晃士さんの初の著作ですね。

写真

本書は、

「会社に行きたくないと毎朝悩んでいる」
「ダメな自分に本当にうんざりしている」
「周囲にできる人が多くてへこみっぱなし」

と、思い悩んでいる人や

一生懸命頑張っても商品が売れなくて悩む
営業マンや販売員の方に特にオススメです。

ひょっとしたら、仕事に対しての考え方や姿勢を
のび太君流でやってみたほうが成功するのかもしれません。

のび太君の特徴として、
「売りたい」気持ちを少し横に置き、お客様の問題を考えることから始める。
目の前にいるお客様を大切にする。寄り添う。誠実に対応する。
完璧にやらなくてもいい、頑張りすぎない、できない自分を認めてあげる
などなど。

ガツガツいかずに、本当にお客様のことを考え、自分自身も無理をしない。
なので、ゆるーく成果を出し続けることができるとか。

そして、
話の長いお客様に本題を切り出す攻略法やお客様の「できない」に根幹するアプローチ、
自分を上手に売り込む方法、うなずき方のコツ、仕事スイッチの入れ方、気分転換の仕方など
使えるノウハウ満載です。

いつも本を読んで大事だと思うところは、
付箋を貼るのですが、付箋だらけに。

私は、明らかにのび太君タイプだなぁと思いました(笑)

本書を読むと、私みたいな人でも営業の仕事できるのかな?と、ふわっと背中を押されます。
これからの時代、のび太君みたいな方法でコツコツとやり続ける人が成功するのでは?
と思ってしまいますね。

私は営業の仕事ではありませんが、デザインの仕事でお客様がどんなデザインを望んでいるのか、お話することはありますので、本書で大事だと思ったところは活用していきたいです。

文体もやわらかいので、本当に読みやすく、元気が出る本ですので、
興味のある方は手にとってみてくださいね。