企画力より、営業力より、まず「雑談力」

いよいよこちら発売になりました!
10月30日に「賢者の会」で
ゲスト講師をお願いしている
櫻井弘先生の新刊です!

そもそも、何を話せばいいか
わからない人のための雑談術

という本。
SBクリエイティブさんから、
本体1512円での発売です。

71h5f0r44sl

「雑談」というと、皆さん、
どんなものと
思っているでしょうか?

じつは人と関わる仕事では、
どんな能力よりも重要なんじゃないか
……という気が私はしています。

実際、本の企画なんかでもそうなんです。
一生懸命に企画書をつくっても、
通らないことなどいくらでもある。

でも、勉強会などで編集者さんとお会いし、
雑談して、盛り上がって、
「そういえばこんなことを考えているんですよ」
という話になり、
「面白いから、それに本にしようよ」
……なんて流れになることは、
いくらでもあるわけです。

営業でモノが売れるという場合も、
そういうことは多いですよね。
普段の人間関係だって、
雑談力で決まっている部分は多いんです。

そもそも雑談の上手い人って、
社交的な性格だったり、
知識の豊富さだったりと、
本人の特性によるものと思われています。

でも、講師を続けて30年、
櫻井先生は「そうではない、
ノウハウを知っているかどうかの、
差で決まっている」……と言います。

たとえば簡単な話、
初対面の相手にみなさんはどんな話題で
切り出すでしょう。

「じつは私、こういう仕事をしていて、
こういう目的でここに来たんですよ」

……なんていうのは[BAD]。
相手に興味がなければかすらないし、
場合によっては
「営業されるな」なんて、
距離を置かれるかもしれません。

「今日、ここに来るまでの電車で、
面白い人を見たんですよ」
「へえ、どんな……?」

こんな話題からのほうが、
雑談が流れよく進み、
「本当に自分が言いたいこと」に
つながることは案外とあるんです。
これが[GOOD]なんですね。

本書はこんなふうに
[BAD]と[GOOD]で、
わかりやすく雑談ノウハウを解説しています。
ですからかなり実践的で、
使える本になるでしょうね。
ぜひ、手に取ってみてください!

さらに30日の「賢者の会」は、
まさにこの本の「雑談ノウハウ」を
先生から直接、教えていただきます。
これは本当に楽しみです!
https://www.facebook.com/events/164425807343059/

45kenja