月別アーカイブ: 2018年3月

『最高の疲労回復法』を紹介します!

編集のお手伝いをした

こちらの本を紹介します!

最高の疲労回復法

(杉岡充爾著、大和書房)という本。

本体1400円で本日発売ですね。

著者の杉岡先生は、循環器系のお医者さんであり、

「疲労」の専門家。

クリニックを開業する前は、約20年間、

救急医療士として活躍してきた方です。

観た患者さんは、7万人にも及ぶそうですね。

 ★

本書はそんな、お医者さんの立場から教える

「体の疲れ」を取り除く方法です。

 ★

そう、「疲れ」……。

これってじつは、現代人を悩ます

一番の「病気」じゃないかと私は思います。

というのも、「疲れ」が原因で私たちの体には、

いろんな悪症状が起こります。

疲労死の原因となる心臓発作を筆頭に、

免疫力の低下、うつ、肥満、肌の荒れ、老化……などなど。

 ★

えっ、「そんなに?」と思うでしょうが、

結局、蓄積される疲れを生み出しているのは、

「ホルモンの枯渇」なんです。

だからひどく疲れている人は、

いくら休んでも疲労回復できないですよね?

 ★

でも、原因がわかれば、対策は打てるんです。

本書は、「食べ物」「運動」「メンタルケア」

「入浴」「睡眠」「静電気の除去」「意識改革」

……と、あらゆる側面からの「疲れをとる方法」を紹介。

下はその一部です!

・冷たい水が、温かい肌を作る

・コラーゲンを肌にいきわたらせるのは「亜鉛」

・いつもの風呂が栄養浴になる入浴剤

・疲れをためない運動量がわかる「黄金の方程式」

・水を疲労回復薬に変える「活性炭」

・脳疲労に効く最高のバター「グラスフェッドギー」

・「抗酸化野菜のヒーロー」発芽野菜を摂る

・肉を食べるなら「鶏むね肉」が最強

・疲労回復力を高める「週末プチ断食」

・チョコレートは純度が高くないと疲れがたまる

・エナジードリンクは副腎を消耗させる悪魔の飲み物

 ★

とにかく豊富な情報量ですから、何か1つは実践できるはず。

疲れていない人というのは、いまの時代、少ないでしょうから、

現代人必読の本かもしれないですね。

何より、私たちが「疲れをとるためにしていること」は、

じつは周りまわって

疲労を蓄積させる原因になっていることも多いんです。

これでスタミナ回復!……なんて、とんでもない話。

これはかなり、注意しなければいけません。

とくにドリンク剤などに頼っている方は、

手遅れになる前に本書を読んでほしいですね。

再開!酒井晃士さんの読書会

4月1日は、

『のび太でも売れます。』の

酒井晃士さんを招いて

「僕が本から学んだこと」というテーマで

59回目の『賢者の会』を開催します。

https://m.facebook.com/events/164189594208759

 ★

それに先だって……ですが、六本木ヒルズにて、

酒井さんが主宰する「読書会」が

久々に行なわれました!

6人くらいの小規模な会ですが、

「行動の源になる本」というテーマで、

なかなか濃密な本についての懇談会ができました。

まあ、楽しいですよね。本について語り合うのは。

題材になった本は、

写真にずらりと並べてみました。

『宝くじで1億円当たった人の末路』(鈴木信行、日経BP)

『絶対達成する人になる方法』(横山信弘、角川書店)

『啓発録』(橋本左内、致知出版社)

『◯△□で描く色鉛筆カフェ』(漆間順子、日貿出版社)

『運命の人とつながる方法』(植西聡、文響社)

『カエルを食べてしまえ!』(ブライアン・トレーシー、ダイヤモンド社)

『血か?、死か?、無か?』(森博嗣、講談社)

ビジネス、古典、美術、推理小説……と。

かなりバラエティに飛んでいますね。

『啓発録』を紹介したのは、もちろん私。

大河ドラマ『西郷どん』で、

左内さんが活躍していることもありますが、

それ以前に、強烈な行動欲を自分に与えた本。

「ぜひやりたい!」と版元に提案させていただき、

現代語訳しながら、

「何かやらなきゃ」という思いに強烈にかられ、

「古典学研究所」なるものを

取りあえず肩書きだけつくった……(苦笑)

なんていう経緯です。

昨年は福井県のお墓にもお参りしてきましたが、

まさに私には、「行動の源になる本」になっているんですね。

 ★

いずれにしろ「読書会」は、単に本を教えられるのでなく、

読んだそれぞれの方の熱い思いを感じられる

刺激的な場になります。

体験してみたい方は、

ぜひぜひ4月1日の「賢者の会」を

のぞいてみてくださいね!

第59回・賢者の会〜ゲスト講師は酒井晃士さんです!

第59回目の「賢者の会」。

  ★

今回は景気よく、4月1日(日)の新年度突入日。

といってウソじゃないですよ。

場所は浜松町駅の近く、

「神明いきいきプラザ」にて、14時30分からになります。

詳細はこちら↓

https://www.facebook.com/events/164189594208759/

 ★

今回のゲスト講師は、1年ぶりの復帰ですね。

お待たせしましたが、やっと「あの方」が帰ってきました。

酒井晃士さんです!!

『のび太でも売れます。』という本を書き、

私と長く、いろんなプロジェクトを動かしてきました。

本職は、誰でもが知っている

日本一大きい携帯電話会社のトップ営業マン。

あの和田裕美さんに学び、

法人営業で、3度の社長賞という営業のエキスパートです。

 ★

そのかたわらで、「読書会」を一貫して主催し、

雑誌などで紹介されたこともあります。

私との縁もそれがきっかけで、

「一生使える文章講座」や、「武士道を会得する会」など、

一緒に運営してきました。

ただ、お仕事の関係でずっと忙しく、

異動などもあり、

なかなかコミュニティ活動に参加することが

ずっとできなかったんです。

でも、再び読書会も再開するということで、

今回は本からの学びや、

いままでどのように、それを生かしてきたのか。

また、数年の間にずっと考えてきたことなど、

いろんなことをお話ししてくださる予定です!

 ★

なんせ数年前は、

皆を講義でシビレさせた酒井さんですからね。

本当に久々、ちゃんと人前でプレゼンする姿を見るだけでも、

とても貴重な時間かもしれませんよ。

 ★

今回はテーマが「本」ということで、

著者の方、編集者の方、集まっていただければ、

宣伝の機会もつくります!

私も春に発売予定の本を紹介します!!

まあ、お花見のシーズンです。

浜松町といえば、近くには浜離宮もあれば、芝離宮もある。

ついでに花見もいいかもしれません。

一緒に楽しい時間を過ごそうという方、大歓迎ですよ。

下はWatanabeが描いたイラスト。読書会のシンボルでもあります!

「オリジナルキャラ」のグッズです!

こちらコアラのマスキングテープ。

詳細はこちら、
「女性力.com」のブログにあります。
http://jyoseiryoku.com/?p=1441

賢者のビジネス研究所、
デザイナー&イラストレーターのWatanabeが、
イラストのプロモーションに使っているキャラ
「RAAKO」。
それを使ったグッズ……というわけですね。

意外と凝っていて、
オリジナルの原画はなんと「日本画」です。
「雪肌麻紙」に墨で下書きし、
「水干し絵の具」や「岩絵の具」で
彩色をしているとか。

詳しくはこちらのブログにありますが、
なかなか奥深いものがありますよ。
http://jyoseiryoku.com/?p=1419

最近はオンデマンド印刷で、
こんなふうにさまざまなグッズを
つくってくれるようです。

今回は「RAAKOのマスキングテープ」を売る
というよりは、販促用の見本。

お客さんが描いたイラストや、
Watanabeのほうで要望の
デザインやイラストをつくり、
それをマスキングテープにするところまで
請け負います……ということ。

すでにお話もいくらかきているとか。
気になる方はぜひ、
ブログのほうからお問い合わせくださいませ。

じつはこの「RAAKO」というキャラ、
「賢者の書店」では、
初期のころから電子書籍に
使われています。

だから10年くらいの歴史を持っている
……のですが、
今回、Watanabeがイラストを本格的に
商売にすることにして、
だんだんと表に出る機会も多くなった。

まあ、賢者のビジネス研究所関係のことでも、
これから出てくる機会は多くなる
……と思いますので、
何とぞよろしくお願いします。

「作品をもっと見てみたい!」
という方は、
インスタグラムで「RAAKO」を
検索してみてください!

POP制作の仕事に挑戦しました!

賢者のビジネス研究所の
デザイナー&イラストレーター、
Watanabeのほうの仕事になります、写真。

「Green Dining」さんの依頼で、
日本橋コレドで開催された
食関連のセミナーに使う
POPを制作させていただいたそうです。

POPは少し大きめですが、
懇親会出す料理を説明したもの。
すべて創業100年企業の「名物」。

かなりアレンジもされていますね。
豆腐をディップにしたり、
今半のすき焼きをコロッケにしたり
……と、なかなか凝っています。


こちらの画像は3点ですが、
つくったのは8点。
すべてWatanabeのブログで紹介されています。
http://jyoseiryoku.com/

・鳥忠の玉子焼
・双葉の豆腐
・今半のすき焼きコロッケ
・神茂のおでん
・金鮒佐のケールの佃煮
・にんべんの鰹角煮マン
・にんべんの中華風炒め
・にんべんのタコのカルパッチョ

どれも美味しそうですねえ。
ブログのほうでは料理もちゃんと、
紹介されていますよ!

このイラストは全部、
オリジナルで描いたもの。

昨年からイラスト修行を始めている
Watanabeですが、
ついに「仕事」としても、
こうして作品を使われるようになりました。

なかなか手法も凝っていて、
「油」を描くために、
水彩の色に塩をまぜてはじかせたり。

「焦げ目」を出すのに、
油絵の筆で水彩を塗ったり……と、
いろんな工夫をしています。
その辺りはぜひ、
「女性力.com」のブログで確認くださいね。

いずれにしろ、
イラストの仕事もようやく始動した
……ということになります。

いろんな要望にも応えるそうですので、
何かあれば、ぜひ相談くださいませ。
イラストが入ると、
仕事のバリエーションは広がりますよね。

私もできるだけ協力していきますよ!