久々に訪れたアメリカンクラブ

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

 

まさか思い出の場所での

ワクチン接種になるとは思いませんでした。

こちら飯倉にあります

「東京アメリカンクラブ」です。

佐藤富雄先生と何度も打ち合せをし、

ハンバーガーやクラブハウスサンド、

それに素晴らしいワインをご馳走になった場所。

 

先生亡きあとはしばらく遠のいていましたが、

今回は港区における

コロナワクチンの接種会場の1つになっていました。

こんな形で、再び来れたのは嬉しいですね。

 

だいたい64歳以下の受付が始まったのは、

7月7日だったと思います。

その日にアクセスしたら、すぐ5日後に予約がとれました。

 

なんでも知り合いに聞くと、

最後のほうに7月の予約が空いていたのは、

ここだけだったとか。

「場所がどこだかわからない!?」

というのが大きな理由だったみたいですね(笑)

 

アメリカンクラブができたのは1920年代。

麻布台のロシア大使館を監視するように隣に立っています。

 

高倉健さんや長嶋茂雄さんなど、

利用したセレブは限りないのですが、

かつての私も、

そんな社交場が日本に存在していること自体、

知りませんでした。

 

ドクターに最初に招待されたとき、道に迷って

1時間くらい遅れたのではなかったか……。

さすがの先生、

笑ってゆるしていただきましたが、

懐かしい思い出です。

 

そんなアメリカンクラブも

リニューアルを経て、大きく変わっていました。

さすがに探索することはできなかったのですが、

次はぜひ食事で訪れたいものだ……。

 

でも変わったのは、

この辺りの風景全体でしたね。

画像は飯倉の交差点のところ。

ここにあったのは何といっても

「アストンマーチン」でしたが、

なぜか現在は「光岡自動車」になっていました。

ちょっとビックリ!

 

ボンドカーのポジションを奪った

日本の手づくり自動車工場に

敬意を表したいですね。

 

また8月に

モデルナ2回目を打ちに来れるのは

ちょっと嬉しい。

ちなみに副反応なるものは

ほぼ皆無なんじゃないだろうか……。

まったくアッサリでした(笑)

 

[公私混同の時間]