あきらめてはいけない!!

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

「13年という年月を超えて、

最後に諦めなければ夢はかなうということを

たくさんの方々に伝えられたと思う。

次回からソフトボール競技はなくなるけれど、

また諦めることなく前に進んでいきたいです」

 

今日はオリンピック関連のネタを書かない。

……そう決めていたのですが、

書かないわけにもいかないだろう。

そんなふうに思いますよね。

 

女子ソフトボールの金メダル。

13年前と同様、

エースとして投げ切った

上野由岐子選手の言葉です。

降板後、再びのリリーフ登板だったんですね。

決勝戦は13年を象徴するような

試合になりました。

にしても13年前のことはよく覚えています。

なぜなら出版不況が少し始まり、

ビジネス書に勢いがなくなっていたときです。

彼女たちは有名な

西田文夫先生の指導を受けていた……ということで、

ちょっとした「メンタルケア」の

ブームを引き起こしたんです。

 

今回もそういう奇跡めいたことは、

起こるんだろうか(笑)

でも、本当に現在のコロナに苦しむ日本に、

1つの力を与えてくれている気はしますよね。

 

つまり、

「あきらめてはいけない」

ということです。

 

13年前の北京オリンピックで

金メダルをとったあと、

彼女たちは再びチャレンジできる機会を

ずっと与えられませんでした。

 

それでも「夢はかなう」と、

40を超える年齢まで、自分を磨きながら

力を維持してきた上野投手の努力が

ここにあります。

 

私たちもここ1、3年のコロナのショックで

「いまはできなくなってしまったこと」を

たくさん抱えることになりました。

 

でも、さすがに13年はないですよね。

あと少しの辛抱です。

それまでは一生懸命に自分を磨きつつ、

自暴自棄にならずに

「いま、できること」に徹していきたい。

 

この賛否両論あったオリンピック開催の流れのなか、

誰よりも我慢を続け、いまも厳しい制限の中で

自己を抑制しながら

目の前のパフォーマンスに集中をしている

多くのアスリートたち。

 

そのひたむきな努力を

オリンピックが開催された現在だから、

私たちは見ることができています。

 

その姿から、学ぶべきことをちゃんと、

重要なことを学んでいきたいですね。

 

[Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?]