コロナ禍のパラリンピックを楽しむ工夫!

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

24日からは、東京オリンピックに続き、

パラリンピックが開始されます。

 

ただ、さすがに盛り上がってはいませんよね……。

 

賛否両論あったものの、

結果的には「やってよかった」という

評価の多いオリンピック。

 

それに対し、パラリンピックは

「やるな」とはなかなか言いにくい。

すでに無観客も決まっているし、

話題にしなければ、関心を持つ人も少ない。

 

それですっかり放置されている印象があるのですが、

いまやっている24時間テレビなどでは。

大きく取り上げたりしているのだろうか?

 

実際、パラリンピックはオリンピック以上に

「やること自体」に意味があるもの。

人が入ろうが入らなかろうが、

発信していくことが、

この世界に「障害者たちがもっと活動できる場」を

つくる動きにつながっていきます。

 

だからコロナがなければ、

ずっと今回は観に行きたいなぁ……と思っていました。

せっかく東京で開催されるのに、

個人的にはオリンピック以上に残念だったかもしれません。

そっちはどうせチケットもなく、行けないので……。

 

ところがそんなふうに思っていたら、

いつも夕飯時にNHKでニュースを観ようという時間です。

パラリンピックの「アニメ」に関する番組が、

挿入されているんですね。

 

先日はいきなり「こち亀」の両津さんが、

「ゴールボール」という種目に挑戦する内容で、

ちょっと感動してしまいました!

『アニ×パラ……あなたのヒーローは誰ですか』

が番組の正式名ですが、

じつはコロナと関係なく、

2017年に始まった企画だとのこと。

 

もとは5分枠だったそうですが、

パラリンピックの選手にインタビューを取り、

それを人気の漫画家がストーリーに落とし込んで

アニメ化する……というものです。

第1回目は、『キャプテン翼』の高橋陽一先生が、

「ブラインドサッカー」を題材に話をつくったそうです。

 

あまり知られていないパラリンピックのスポーツを

周知させるためにアニメ化した。

でも、これがコロナ禍で皆が見れなくなった現在、

「自宅で観れるエンターテイメント」として

十分にゴールデンタイムでも

放映されるようになっているわけですね。

 

皆が無視を決め込み、

光が当たらなくなったものでも、

一生懸命にそこに光を当てようとする人たちがいる。

そして光を当てる方法も、

ちゃんと存在するわけです。

 

周囲の声の高まりばかりに反応するのでなく、

もっとこうした活動に注目したい。

成否はともかく、

そんな努力をどれだけ続けられるかが、

コロナ後にもつながるのではないかと思ったりします。

 

[効率無視の仕事術]