久々の「らがん」生活

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

本日、病院にて再び

白内障の手術後の目を見てもらい、

経過は順調とのこと。

保護メガネを外すこともできました。

 

ずっと辛かったのは、

「濡らしてはいけない」とのことで、

この暑い中でシャワーやお風呂が

厳禁だったんですね。

やっと人前に顔を出せるようになった次第です。

 

ただ、あまり考えていなかったのは、

手術後、いままでのメガネが

使えなくなってしまうということ。

 

そりゃあ瞳の奥に人工のレンズを入れるのですから、

視力も変わりますよね。

「新しいメガネをつくるまで、

外を歩くのに前のメガネが使えないか?」

と先生に聞けば、

「度の合わないメガネは、

視力が落ちてしまうのでやめてほしい」

とのことでした。

 

でも「なんか不安だな?」と思っていると、

「今日、ここに来るときはどうでしたか?」と。

 

本日は朝に、夕立のような雨が降っていました。

少し暗かったのですが、20分くらいの道のりを

保護メガネをかけた状態で

家から歩いて病院に来ています。

 

確かに度の弱い保護メガネでも、大丈夫だったけど。

ん……?

「この保護メガネって、度は入ってないんですか?」

 

ただでさえ視力が弱い上に、

右目が白内障になってからは、外を裸眼で歩くなど、

自分にはなかなか難しい状態でした。

 

それが手術後の保護メガネをかけた状態で

ごく普通に見えて歩けているから、

視力が矯正されているものと誤解していたんですね。

それくらい手術によって、目はよくなっていたわけです。

 

それでも帰りは不安だったのですが、

考えてみれば、検査のために瞳孔を開いたあと。

しばらくすると、裸眼でもだいぶ

普通に生活できるようになりました。

 

実質、視力は0.2くらいとのことなので、

新しいメガネを、これから作らなければいけません。

車にも乗れませんし。

 

とはいえ、せっかくだから

裸眼でできる限りは、生活してみたい。

30代くらいまではそうしていたし。

 

これから夏川は、

メガネなしで登場する機会が

ひょっとしたら増えるかもしれませんね!

[公私混同の時間]