はじめてのダイソン

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

かなり前から家の掃除機の調子が悪く、

なかなか埃を吸い取ってくれません。

 

国産の某メーカーの掃除機、

サイクロン型ですが、

そういえば父親が生きていた頃から、

「これ全然ダメだよ」なんて不満を言っていました。

 

確かに掃除機が吸い込まないのって、

気分が悪いですよね。

 

それで意を決し、

数日前にジャパネットで注文したのは、

こちらの商品。

ダイソンの「V10」という

デジタルモーター搭載の

コードレススティッククリーナー。

4万円しましたが、

はじめて日本の電機メーカーを見限っての

ダイソン製品となります。

 

まあ、使ってみて思ったのは、

「生きているとき、

父親に使わせてあげたかったな……」と、

しみじみ(笑)

 

さぞ、感動しただろうなと思うくらい、

これ別モノですよね。

音も違うし、吸い込む量もまったく違う。

おまけに転がすようなタイプでないから、

「お掃除をしている」というより、

「作業をしている」感覚です。

 

6畳の部屋をざっとかけるだけで、

すでの満杯に近くの埃が溜まっていました。

これが今は、スタンダートなんだろうな……。

 

90年代に

「サイクロン型掃除機」を生み出した

「ダイソン」という会社。

気づけばすでに

日本でもかなりのシェアを確保しています。

 

ダイソン自体も、

当初はイギリスの会社でしたが、

いまやシンガポールに拠点を置く

多国籍企業です。

 

何でもここで働く技術者は

「デザインエンジニア」として、

日々、研究と改善をモットーに

技術開発に取り組んでいるのだそうですが、

日本に足りなくなっている姿勢が

あるのではないか。

 

これだけ感動させれる商品を手に取ると、

そんなふうにも思いますね。

 

[効率無視の仕事術]