ハザードマップが教える身近な危険地帯!?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

熱海で大きな土砂崩れがあってから、

とかく「ハザードマップ」については

よく聞くようになりました。

 

このハザードマップも、じつは

「洪水」「内水」「高潮」「津波」「土砂災害」

「火山」「地震」「宅地」……などと

種類があってややこしいのですが、

「浸水ハザードマップ」なるものが

昨日に区から送られてきました。

「洪水」と「内水」を合わせたものだろうか?

ちょうど台風も来ているし気になります。

 

東京の港区で「水害」なんて、

ありえないと思うかもしれません。

 

でも、マップを一目見ればわかるように、

中心にざっくりと、

2メートル以上の浸水が想定される

危険ラインが通っています。

 

これは歴史的にも増水を頻繁に起こしている、

「古川」の流域と、

その水を貯えている芝公園の付近ですね。

かつては台風が来ると、

麻布十番の付近ではしょっちょう

浸水被害が出ていました。

 

ただ、最近は貯水施設がかなり整備され、

大雨が降った日も、

水があふれることはなくなっています。

だから

「3メートルを超える水害の可能性があるエリア」は

地図を見てもほとんどない。

 

そもそも自分の家は川から離れているし、

何も心配することはないように見える。

安心、安心……と思いきや、

すぐ近くに1か所、

「3メートルを超す水害があるかも?」

と記される、小さな場所があるではないか!

一体ここはどこか?

 

おそらくは「八芳園」の庭にある池、ですね。

 

いわずと知れた結婚式場の

風光明媚で知られる庭園ですが、

あの池ってそんなに危険なのか?

 

まあ、水をたたえている池自体が、

最初から浸水しているようなもの。

さほど気にすることはないのでしょう。

 

ただ調べると、かつては

大久保彦左衛門が居を構えた場所で、

近くを流れていた川から水を引き、

それをせき止める形で池を造っているらしい。

 

ということは、付近は周囲よりも

少し谷間になっているわけです。

仮に水があふれたとすれば、

隣のシェラトン都ホテルや覚林寺にまで

浸水が広がっていくと、地図から読み取れます。

 

すると、どれも安心そうな施設ですが、

大雨のときは回避したほうがいいかも……。

そんなことを言うと怒られそうですが、

ハザードマップには小さな可能性も記されてはいる、

ということですね。

 

家の周囲にどんな危険があるのか、

一度見てみるといいかもしれません。

 

[効率無視の仕事術]