日別アーカイブ: 2021/10/04

とにかく日本人は皆、この方に感謝しましょう

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

「無理はできる間にしかできない。

2021年のシーズンを機に、できる限り無理をしながら

翔平にしか描けない時代を築いていってほしい」

 

こちら今年のエンゼルスでの

シーズンを終えた大谷翔平選手に、

イチローさんが贈った言葉。

 

皆が心躍されてきた大谷さんの今年の戦いが、

ついに幕を閉じました。

本当にお疲れさまでした、ですね。

 

最終的には投手として10勝に届かず、

ベーブルースに並ばなかった。

ホームラン王も最後まで競りましたが、

ライバルには勝てませんでした。

MVPはわかりませんが、

正直、そんなことはどうでもいいのかもしれません。

 

このコロナ禍で皆が元気を失っていた

2021年のこれまで。

この方の活躍に、

どれだけ日本人がワクワクし、

どれだけ希望や勇気を与えられ、

どれだけ励まされてきたか。

 

間違いなく全日本人MVPに値しますよね。

本当に私たちは感謝しなければいけない。

まあ、本人は楽しんでやってきただけ、

かもしれませんが……。

 

ただ、イチローさんはこんなことも言っています。

 

「比較対象がないこと自体が

誰も経験したことがない境地に挑んでいる

すごみであり、

その物差しを自らつくらなくてはならない

宿命でもある」

 

結局のところ、大谷さんの確立したスタイルは、

「記録」とか「成績」では

評価することのできないものです。

 

でも、野球に限らずですが、

世の中は人を「記録」や「成績」で判断するわけです。

だからそれを超えた「自分流」を貫くには、

評価されなかったり、

一般評価がつねにパフォーマンスを下回るストレスに

耐え続けなければならない。

 

そのうえで、

「これができているから自分は満足だ」という

ブレない自己肯定感を確立していなければならない。

 

とても大変なのですが、

そうなったときにはじめて

私たちは、「ありのままの自分」に

最髙の評価をくだせるようになるのかもしれません。

 

まだまだ大谷さんから学ぶべきことは多そうですね。

 

どうしても私たち、

ホームラン王とかを期待しますが、

それ自体がお門違いなのかも。

とにかくゆっくり体を休め、

次のシーズンに備えてほしいものです。

 

画像はアメリカで話題になっているという、

「大谷投手と赤ちゃん」の投稿。

こんなふうに世界の人が、

「こんな人になってほしい」と夢をたくされた日本人が

かつてどれくらいいたのだろうか?

[Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?]