地震とマトリーショカ

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

今日は少しビックリしました。

10時40分だそうですが、

東京では震度5強になる地震。

 

2011年以来、10年ぶりのことのようですね。

実際、頭の中にはあの震災のことがよぎっていました。

短い時間で済んで、本当によかったと思います。

 

今回、じつは私は、仕事場のソファで

ウトウトしていました。

突然の揺れで目が覚め、

本棚の上にあったミニカーやら小物やらが

どんどん下に落ちてきます。

 

それより、これが平常で

一体どこにあったのだろう?

なぜかマトリーショカ人形が落ちてきて、

床で分解し、子供たちが

散乱してしまっていました。

誰かにもらったものと思うのですが、

どこに置かれていたのだろう?

ちょっと謎です。

 

本棚の本なども落ち、

1時くらいまでかけて元に戻していましたが、

他にも気づかないところで

何かが倒れたりしているかもしれません。

明日の日中にまた確認しましょう。

 

東京都内の電車は動き出したようですが、

水が漏れたり、倒壊があったりと、

いくらかの被害が出ているようです。

 

でも、「東京直下型」などと言われながら、

東日本大震災のときから今日まで、

この「規模の地震がなかった」というのは、

むしろ奇跡ですよね。

 

棚からモノが落ちた、

あるいは、積み上げていたものが崩れた。

つまり、この程度の規模で不具合が生じる部分は、

「この状態じゃマズいぞ」という

警告でもあるわけです。

 

今回、規模が小さかったのをラッキーととらえ、

より大きな規模の地震が起こったときも大丈夫なよう、

対策を練らなければいけません。

 

そんな考え方で、明日の明るいときにでも

部屋や家の周囲を確認することを

おススメします!

 

[公私混同の時間]