皆で「リハビリ」する秋か

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

神社の境内の、階段下から見上げた秋の空。

何やら急に寒くなりましたね。

 

考えてみれば、もう10月も半ばを過ぎています。

夏の延長のようだったいままでが

むしろおかしかったのですが、

着るものには少し困ってしまいます。

皆さんも風邪などひかぬよう注意くださいませ。

 

夏の急激な後退に合わせたのか、

東京のコロナ感染者も30人程度になり、

なんだかこちらも、いつまにか

皆が置いていかれたようになっています。

 

いや、嬉しいのですが、

どう対処していいかも少し困りますよね。

喜ぶとまた、ぬか喜びみたいで、

気が抜けない気もしますし。

 

ただ、研修旅行の業務などはもう始まっているようで、

GOTOトラベル再開も含め、

コロナ後のイベントは

すでにいろんなところで始まっているようです。

セミナー業なども、だんだんと動き出すでしょうね。

 

ただ、では皆がこぞって参加するかといえば、

まだまだ不安はあるのでしょう。

 

考えてみれば、こちらの神社も

今ごろはお祭りのはずだったのでは?

秋にもたくさんあったはずですが、

昨年からずっと、私たちはあまりにも

「例年行事」を犠牲にしつくしました。

 

いろんなイベントを「やらない」ことが、

いまや当たり前になってしまったかのように。

この感じが変わらない限り、

経済も完全に元通りにはならない気がします。

私たちにはもう少し、

リハビリ期間のようなものが必要ですね。

 

ただ、こうした神社で

チラホラ見るようになったのは、

「マスクを外している人たち」です。

 

そもそも野外で1・5〜2メートル距離を置いた状態で、

マスクをつけていなければならない道理は

いままでもなかったのですが、

人の目があるから、どうもそれがしにくかった。

 

とくに日本人は同調圧力が強いから、

一時はギスギスしていましたものね。

 

ところがこうした広い場所では、

自ら戒めを解く人がだんだんと出てくる。

室内ではマスクをするのでしょうが、

それでも「表に出る」ことへのブロックは

かなり取り払われていくでしょう。

 

こういう人が普通になって、

はじめて「元の生活」は戻ってくるのかなと思います。

それまでは少し、手探り期間がまだ

続きそうではありますね。

 

[コロナ後の未来へ]