かつては今よりずっと先進的だった!? 日本人とIT

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

 

10月23日は、「電信電話記念日」だとのこと。

この日に東京〜横浜間で、日本初の

「電信線架設工事」が始まったんですね。

 

その「電信線」は、

およそ30キロの距離に電柱593本を立てて、

東京駅の「通話所」と

横浜駅の「通話所」を結ぶというもの。

12月には最初の公衆電話が誕生しました。

 

交換手を介してですが、

5分でだいたい2000円くらいの料金だったそうです。

といって各家庭に

電話があるわけでもありませんから、

電信のほうがメーンだったのでしょうね。

 

とにかくこれで日本もヨーロッパに遅れながら、

電信や電話で情報伝達できる国に進化した。

そう思いきや、意外なことに

この最初の電信線ができたのは明治が始まってすぐで、

1969年のこと。

 

モールスが電信機を発明したのは1837年で、

じつはそれほど欧米諸国に

遅れをとっているわけではないんですね。

 

これだけスピーディだったのも、

じつは日本は、江戸時代の頃からすでに

電信技術の実験を始めていたんだそうです。

 

最初は電信機が発明されて、およそ10年後。

佐久間象山が逸早く設計図を手に入れ、

松代で通信を行なっていました。

 

その後も勝海舟などが欧米から技術を仕入れ、

日本で実用化する計画を幕末から立てていたようです。

 

なぜかといえば、

やはり通信技術の重要性を

大いに把握していたんでしょう。

 

情報通信に時間を要している国では、

強国に適うわけがない。

だからすぐにでも欧米に追いつかねばならないと

幕末の賢者たちは考えていた。

 

いまのようなデジタル化には思いが及ばないとしても、

電信や電話の技術が発達した未来において、

どんな国が優位に立っているかを

ちゃんと想像できていたわけですね。

 

それから150年くらいの歳月が流れ、

文明化した日本は

すっかりITの分野では後進国にも負けるような

国になってしまったのですが、

一体どうしちゃんだろうか(苦笑)?

 

幕末のことを考えれば、

スタートが遅れたわけでもないし、

日本人気質の問題でもないということは

知っておかなければですね。

 

[仕事ができる人の歴史入門]