日本沈没はあるか? 海底火山の謎

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

こちらの画像は、2013年に

小笠原諸島の海底火山噴火によって

できた西ノ島付近の新しい島。

その後、どんどん削られているそうですが、

当時、「こんなことがあるんだなぁ」と

驚いた記憶があります。

 

今、またビックリすることが起こっている。

8月に起きた、やはり小笠原諸島の火山噴火で、

大量に発生した軽石が、

沖縄に流れ着いて被害を出しているとのこと。

本州にもやってくると言いますから、怖いですよね。

 

海底火山……調べると日本の周囲には、

たくさんの火山があって、

ときどき噴火しているとのこと。

その多くは知らないところで起こり、

確認もできていないとか。

 

気づいたら軽石が大量とか、

島ができているとか、

ごく普通にありえるそうですね。

 

最近そういえば、「日本沈没」が

ドラマで復活しています。

 

あれ、確か深海船が

地殻変動の痕跡を発見するところで

始まっていたと思うのですが、

子供のころに見て、トラウマになった記憶があります。

 

こうした海底の火山噴火なんて、

大きな変動の前兆ではないのか?

大地震は起こらないか?

日本が沈没したりはしないか?

ちょっと心配になります。

 

東日本大震災などが起こるずっと前に、

『日本沈没』を書いた小松左京さん。

まだあまり周知されてなかった、

大陸の「プレート」論を掲げたことは

なかなかすごいかったようです。

 

ただ、科学的に日本は、

現在少しずつ「隆起」しているんだそうです。

だから沈没するよりも、

「日本がでかくなったぞ」というほうが

ありえるんですが、

それじゃ小説として面白くないということで

「沈没」にしたとのこと。

 

いずれにしろ長い時間をかけて、

どんな大陸も島も、

その形を変えていっています。

 

まだまだ地球では、

自分たちが知らないことが

いくらでも起こりえるということは

知っておいたほうがいいいですね。

 

[効率無視の仕事術]