自由を守る「PEN」の力

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

手前ミソ……で、

手元にあったペンを並べて見ましたが、

11月26日は

「日本ペンクラブ」が誕生した日なんですね。

 

日本ペンクラブ。

編集者をやっていたときから、

その名前はよく聞きました。

知人に会員になっている方も多いと思います。

 

そういえば今年から、

初の女性会長ということで、

作家の桐野夏生さんが就任していましたね。

 

でも「日本」というくらいだから、

当然、世界を代表する本体があります。

 

これはじつは、ちょうど100年前。

1921年に結成されたNGOで、略称がPEN。

 

その目的は

「世界中の作家が連携して、戦争を止める」

ということだったんですね。

折しも第一世界大戦のあとの

まだ世界が混乱した時期です。

バーナード・ショー、ジョセフ・コンラッド、

H・G・ウェルズ、ジョン・ゴールズワージー

……といった英国中心の、

そうそうたる作家さんが発起人となりました。

 

この「戦争を防ぐ」というのが重要で、

そもそも日本の支部が結成されたのも、

軍部独裁が始まり、

日本が世界から孤立して戦争への道を歩み出したから。

 

文筆業の立場から何とかしてほしいと、

本部の要請で1335年に結成されているんですね。

残念ながら戦争は防げませんでしたが。

 

ちなみに「PEN」は、

単に「ペン」ではありません。

 

P……Poet(詩人)、Playwrights(劇作家)

E……Esaayists(広く文筆家、ライター、記者)、

Editors(編集者)

N……Novelists(小説家)

と、結構、間口は広いんです。

 

基本は本や分筆に関わる人が

世界で連携をとって、

政治的な動きに対抗しようということでしょう。

 

そういえば今年のノーベル平和賞も

ロシアとフィリピンのジャーナリストに

与えられました。

 

私自身もそうなんですが、

文章を書く人や本の制作に携わる人がもっと認められ、

願わくは日本人がもっと

本を読む文化を取り戻せるように。

 

PENとの関わりがなくても、

出版人としては、やはりそういう世の中を

目指したいものですね。

 

[効率無視の仕事術]