カテゴリー別アーカイブ: 読書日記

誰でもできる「コミュニティづくりの教科書」

本日は4月30日に開催する
第50回・賢者の会」のゲスト講師、
中村薫さんの本。

人見知りで出不精のOLが
コミュニティの女王になった理由

(大和書房)
ですね。


「コミュニティづくり」についての
入門書。
なかなかいままで
なかった本かもしれませんね。

そういわれても、
「自分には関係ない」と
思うかもしれません。
でも、本書のソデを見ると。
「こんなあなたは
コミュニティを主催すべき!」と、
次のように書いてあります。

・自分が何が向いているのか
わからない人
・このままの会社で働けるか不安な人
・いろんなことに挑戦してみたい人
・もっと商品を売りたい人
・新しいアイデアがほしい人

多くの人が、
たぶん当てはまるんじゃないかな
……と思います。

いまの世の中で、
仕事を発展しようと思ったとき
最も大切なものって
「機会」だと思います。

どうしてかといえば、
この「仕事を発展」というのが、
本当のところ誰にも予想できないんです。
なぜなら「仕事」って結局、
相手ありきで成立するもの。
AさんとBさんが出会い、
「こういうことができたらね」
なんて、
ざっくばらんなコミュニケーションと
双方のやる気が重ならないと、
うまく成立しません。

ところがこうした会話は、
「自分が相談される人」にならないと
なかなか起こらないんです。
会社ではもちろん、
セミナーや交流会でも、
お客さんの1人では、そんな会話にならない。
あらかじめアイデアを持参するしかありません。
これはむしろ難問なんです。

ところが、
自分が輪の中心になってしまえば、
こういう話の持ちかけられ……が、
頻繁に起こるようになります。

それは難しいように見えて、
決してそうではない。

実際、中村薫さんは、
いまでも「コミュニケーションが苦手」と
公言していますし。
別に自分が何かを教えるのでなく、
最初は好きなハンバーグを
食べる集まりを開催していっただけ。
みんなを楽しめるような、
特別の「おもてなし術」があったわけでも
ありません。

でも、真摯に1人ひとりと向き合うことで
いろんな情報が集まり、
いろんな方向に
ビジネスが発展していったんですね。
本書を読めばよくわかります。

この厳しいビジネス環境に、
個人の力は小さいからこそ
本当は「皆の力を借りること」が
一番大切になる。
本書は「どんなふうに踏み出せばいいか」の
参考になると思いますよ!

あと30日の「賢者の会」も
興味ある方はぜひ、
中村さんのお話を聞いてみてくださいね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目からウロコ!なぜユダヤ人がビジネスに強いのか?

夏川が編集協力させていただいた本の紹介です!

ユダヤから学んだモノの売り方
という本。
秀和システムさんから、
本体1300円で4月8日発売です。

著者は立川光昭さん、という方。
マーケティングの専門家であり、
PR業界では「行列請負人」として
知る人ぞ知る人。

中古バイクで年商5億の
企業をつくったり、
サッカーチームの運営に関与したり、
広告業界で活躍したりと、
さまざまな分野で成功を収めます。

そして現在は、
「レジェンド電力」という電力会社を創設。
各企業が苦戦する電力の小売販売の中、
年商が50億に迫ろうという
数少ない成功企業になっているんです。

なぜ、そんな成功を成し遂げられたのか?

じつは立川さん、
20歳くらいで始めたビジネスを
まるごとユダヤ系の商社に買い取られました。
そこで、この会社で働き、
ユダヤ式のマーケティング術を
みっちり叩き込まれたとのこと。

ユダヤ人……といえば、
いろんな分野に成功者を輩出している
異色の民族です。

その中でことマーケティングといえば、
フェイスブックに、スターバックスに、
グーグルに、GAPに……と
やはり成功している企業は、
ものすごく多いわけです。
理論家としてはピーター・ドラッガーなども
そうですね。

その秘訣はといえば、
なるほど、確かに日本人の考え方とは、
まったく異なります!

・「足し算」でなく「かけ算」で考える
・第一に「お客さんありき」で考える
・ドライで合理的に考える
・とにかく非効率でも、考える、考える、考える
……と、
これはかなり常識を打ち破ってくれます

立川さんはこの会社で修行をしたあと、
独立して、
「ユダヤ流+日本人の感性」で
新しいマーケティングノウハウを確立します。

そのやり方で、
飲食、美容、スポーツ、教育、芸能……と、
あらゆる分野でマーケティングに
成功しているんですね。

本書はPRや営業、店主の方はもちろん
「自分を売り出したい」という
多くの本にとって入門書となり、
実際に結果も出す本になると思います!

話が上手くなりたいなら、素直に「勉強の仕方」を学ぶべき!

いよいよ21日、発売になります。
今日はこの本の紹介!

ルネッサンス・アイズの取締役副社長、
加藤恵美さんの
一流のプロ講師が
実践している話し方

ですね。
51Z4fhNDgvL
あさ出版さんから、
本体1400円で発売になります!

すでに今週の土曜日、
「賢者の会」では、ゲスト講師として
本書をテーマにした講義もしてくださる
予定になっています!
https://www.facebook.com/events/263622730743490/

本書は数ある「話し方入門」の本とは、
一線を画しています。
それは著者自身が
コミュニケーションの講師ではないし、
人前で話している人ではないこと。

そういう人たちをプロデュースするのを
仕事をしているということですね。
つまり
「話すことで稼ぐ人を作り出している人」
であるわけなんです。

その数、16年間で800名と言いますから、
すごいものです。
おそらく日本でいちばん、
プロの講演を聞いている方かもしれません。
会社のホームページを見れば、
いかにすごい人たちが
この会社の登録講師に名を連ねているかは、
わかると思います。

それだけで、
たとえばセミナー講師など、
話すことでビジネスをしようという方は、
必見の書……と言えるかもしれませんね。

加藤さんによれば、
いま講演でものすごくたくさんの人を
集めている方も、
最初から話が上手かったわけではない
……そうなんです。

ただ、
人一倍「伝えたい」という思いは強かった。
あとはひたすら、勉強したんですね。
ですから誰でも、
上手に話せるようになることは
可能だ……ということです。

一番の勉強法は
「一流の人の話し方」を真似てみることです。
その点、本書では加藤さんが、
たくさんの講師から学んだことを
豊富に紹介し、
本人たちもあまり明かしていない
コツの数々を紹介くださっています。

話す前の準備から、組み立て方、
つかみや、現場での臨機応変た対応、
また資料づくりまで……。
これらノウハウは、
コミュニケーションが必要なあらゆる仕事にも
応用できるものだと思います!

ぜひぜひ書店などで手に取ってみてくださいね!

さらに加藤さんの話が聞きたい方は、
ぜひ25日。
今回、会場にじつはたくさん
本当の「話のプロ」がいらっしゃるかも。
いい出会いになるかもしれませんよ。

0226-13

人前で話す人は注目!「第49回・賢者の会」のお知らせ

「第49回・賢者の会」
のお知らせです。
3月25日の、今回は土曜日!

https://www.facebook.com/events/263622730743490/

麻布十番と六本木ヒルズの間にある
「麻布いきいきプラザ」
というのが会場になります。
14時30からの開催ですね。

で、今回の講師は、
3月21日に初の本が
いよいよ出版される方!

一流のプロ講師が実践している
話し方
』(あさ出版)
の著者になります。
加藤恵美さんがゲスト講師。

51Z4fhNDgvL

なんだ今回は、話し方の入門か
……と思うでしょうが、
ちょっと本書は違います。

じつは私は加藤恵美さんとは
副社長を務める会社
ルネッサンス・アイズ
松尾一也社長ともども
古くからお世話になっている方。

この会社には私も
講師登録させていただいているのですが、
プロの研修講師を
プロデュースしている会社。
そうたくさんの「話すプロ」を
さまざまな会社に紹介している会社
……なんですね。

だからこそ、
この会社にずっと携わってきた
恵美さんは、
人一倍「講師の話」を聞いています。

その数800人以上……ということですが、
もちろん皆さんご存じの方が
大勢います。
本を書いている人だけでなく、
文化人に、アスリートに、芸能人に、
科学者に……と。
誰がいるかは、
ホームページを見てくださいませ。

そんな方が
「プロ講師がやっている話し方」を
教えてくれる。
もちろん職場や営業でも使えますが、
「セミナーを自分でやっている」とか、
「これから話す可能性がある」
……という方にとっては、
今回は「必見」かもしれません!

さらに今回は本書を担当した、
あさ出版の星野美紀さんにも
お話を聞く予定。

本の出版とあいまって
非常にタイムリーな会になりましたので、
ぜひお時間ある方は、
申し込みくださいませ!

0818-10

どっちのタイプも幸せになることが決まっている!

発売された新刊の紹介です。

心屋仁之助の
それもすべて、神さまのはからい。

(王様文庫 本体720円)
という本。

ベストセラーを連発している、
超人気の心理カウンセラー
心屋先生の本ですね。

なんでも「『前者・後者』論」
というのが反響を呼んでいるそうです。

前者は「空気を読む人」、
後者は「天然の人」……という感じですかね。

世の中の人は、
この2タイプに分けられ、
摩擦も多いのですが、
じつは助け合う関係によって
成り立っているそうです。

なるほど、なんとなく
「そうなのかも」と思ってしまう……。

で、まさに助け合うことによって、
みんな「幸せになること」は
決まっているとのこと。
2人ともスゴいし、
最終的に人生はうまくいくんです。
だから、ジタバタしなくていい……。

まあ、そんな本ですね。
あとは読めばわかる。
気楽に御利益のように読んでくださいませ(笑)

何より「おはからい」なのは、
付録に入っている
「それでいいにゃ」の詩集ワッペンです!

20170201030012jpg

これ、私の友人の
合田陽一社長が経営する
株式会社ジー・トライ」さんで
つくったもの。

前年にもらった
「開運招き猫ワッペン」を
私が手帳に貼っていたら、
三笠書房の編集者さんが
「それ、いいね!」と
すごく気に入ってくれたんですね。

でも、紹介からとんとん拍子。
オマケを加えたかった本書に、
この特別な刺繍ワッペンが
付録として付くことになりました。

なぜ「猫なのか」は、深い理由があった。
それも本書を最後まで読めばわかります。
まさに
「それでいいにゃ」であり、
「すべて神さまのはからい」
なんです(笑)

なんだかそれだけで、
世の中ハッピーになるように
できているんだな……と。
いろんなことに気づく本ですね!

これはすごい!「自分への質問」であらゆる問題が解決する

編集のお手伝いをした本が、
発売になりました!
すでにかなり話題なっているようですね。

510WiLYej0L人生の悩みが消える自問力
という本。
ダイヤモンド社から、
本体1400円で発売です!

著者はコーチとして活躍する、
堀江信宏さん。

私は最初にお会いしたとき
ビックリしたんです。
「悪性リンパ腫」、
つまり「血液のガン」を克服し、
仕事を再開したばかり
……だったんですね。

リハビリなどを繰り返し、
コーチとして奇跡的な復活を果たした堀江さん。
その秘訣も、本書のテーマ
「自問力」にあるんです。

まず人は何かあるたびに、
必ず無意識下で自分に対し、
質問を投げかけているとのこと。
これが1日に、3万回から5万回
……というんですね。

で、この質問の次第によって、
その先の自分の方向性が決まってくる。

たとえば、簡単な話、
やったこともない仕事を誰かに頼まれた。
そのとき心の中で、
どう質問するかは人によって異なります。

Aパターン
「難しい仕事だな、自分にできるかな?」
Bパターン
「難しい仕事だな、
どうすれば自分にできるだろう?」

ちょっとの違い。でも答えはどうなるか?

Aの人
「いや、できるわけないよ。
だってその仕事は未経験だし」

Bの人
「自分にはやり方がわからないな。
でも、◯◯さんなら、できるな!
あの人にやり方を教わってみよう!!」

Bの人がチャンスをつかむ一方で、
Aの人は新しい仕事を実現する。
こんなことが何回も
無意識で繰り返されているとすれば、
世の中に「うまくいく人」と
「うまくいかない人」の差が出るのは
当然ですよね。

でも、無意識下の質問を変えられるのか?
これが「変えられる」んですね。

本書で紹介するのは、
自分で自分に質問することによって
思考パターンを変えていく手法。
その基本は5つの質問によって可能になります。

そして、堀江さんはまさに、
ガンになった自分に自問することによって
新しい人生を切り開いたんですね。

「僕は一体、これから
どうなることを望んでいるのだろう?」
「がんというギフト(贈り物)は
僕にとって、どんな意味があるのだろう?」
「そのために、いま自分がすべきことは何だろう?」

あらゆる自問の結果、生まれたのが今回の本。
堀江さんが皆に教えたかったことが
まさに凝縮されています。

誰しもが心を悩ますあらゆる問題を、
明確に解決するヒントがここにある!
ぜひ手にとってみてくださいね!!

こちらはプロデューサーの渡辺さんと一緒に
堀江さんとお会いしたときの写真です!

15036713_1376393799060748_597387894869593774_n

好評発売、夏川訳『スマイルズの自助論』です!

夏川の翻訳古典の新刊です。

今度こそ読み通せる名著
スマイルズの「自助論」

1512円で好評発売中です!

71szsbk9aql321ページという大著。
それでも残念ながら「全訳」ではありません。
日本人にわかりにくい部分は省略し、
読みやすく翻訳するとともに、
原書の構成はほぼ踏襲。

スマイルズさんの伝えたかったエッセンスを、
今風の言い方で馴染みやすい本にするよう
気を遣って日本語にしました。

有名な出だしは、こんな形になります。

「天は自らの努力で救われようとする者を、必ず助けてくれる」
よく知られたこのイギリスの格言は、
おそらく何十万、何百万もの人間が実際に経験し、
感じてきたことから導き出された教訓なのでしょう。

自らの努力で、自らを救う……。
それこそが、本書でこれから述べていく
「自助」なのです。

全体の構成は、このようになります。

第1章 「自助」とは何か?
第2章 産業界のリーダーたちの栄光
第3章 「最高の陶器」に生涯をかけた人たち
第4章 努力と忍耐によって偉業を達成した人たち
第5章 真実を見抜いてチャンスをつかんだ人たち
第6章 才能を努力によって磨く芸術家たち
第7章 彼らはいかにして、その地位を手に入れたのか?
第8章 「やる気」と「勇気」を奮い立たせる法
第9章 仕事を成功に導くためにやるべきこと
第10章 金に振り回されるな、金を支配せよ
第11章 自分を鍛え続ける人たち
第12章 最高の「模範」を見つけるには
第13章 品格ある人間になるために私たちがやるべきこと

意外に感じられるのは、
「発明家」をとりあげた2章のあとに、
「陶芸家」を紹介していることかもしれません。
どうしてかといえば、
この産業が世界の経済を1段階引き上げた
「産業革命」の担い手の1つになったからです。

本書は簡単に言ってしまえば、
「努力によって成功した人の事例集」。
その点で本書は「実用書」であり
「啓発書」なのですが、
じつは理想はもっと高いところにある。

つまり「努力を学ぶこと」で、
「世の中はもっと素晴らしいものになる」と、
スマイルズさんは本気で確信していたわけです。

それは第1章に象徴されます。

「土を耕す人、鉱山を採掘する人、
発明する人に発見する人、
製造者に機械工に、技術者、詩人、
哲学者、政治家などなど……。
さまざまな階層の働き手による忍耐強い努力が、
1つの世代から次の世代へ向けて積み重なり、
より高いステージへと国を発展させてきました」

「そして現在を生きる私たちは、
この先人たちがつくりあげた貴重な財産を、
ごく当然のように引き継いでいます」

「この財産は私たちの手によって再び開拓され、
加工され、単に修繕をするだけでなく、
よりよいものに改良されて
次の世代へ継承されなければならないのです」

さあ、この本をどう読むか?
まさに世界史が生んだ
必読の本と思う本だからこそ、
わかりやすく訳した本書は、
ぜひ手に取って考えていただきたいな
……と、訳者の私は、
皆さんに問いかけたいですね。

読書日記:「とことん調べる人だけが夢を実現できる」

「エディターMaikoの読書日記」

今回、ご紹介する本は、

タイトル:「とことん調べる人だけが夢を実現できる」
著者:方喰正彰さん
発行:サンクチュアリ出版

15220017_1053918934717777_6010778581464169359_n

自分の興味のあるテーマについては、
ずっとネットで検索していても飽きないし、
進んで人に聞くし、その分野の本を読んだり、
イベントなどに行って、積極的に情報収集&行動に移しています。

仕事をしていると、
自分の興味のないテーマを調べざるをえない時もあります。
興味のないテーマだと、調べるだけで労力を使ってしまいますが、
本書を読んでいると、調べることの面白さを教えてくれます。

調べる習慣がつくと、知識が増えるので、どんどん楽しくなります。

本書を読んで大事だと思ったことは、

◉情報収集自体が「目的」になるのではなく、
 情報は遠慮なく使い倒すためにあるということ。

◉「情報」は「情報」を持つ人に更に集まってくるということ」
 自分で調べた情報はためこまずに、ブログに書いて発信したり、
 人に教えてあげたりすることで、更に新しい情報を得るということです。

◉人に会う前から「情報収集」はスタートしている
 過去の経験にありますが、ビジネスの件などで何も調べずに人に聞くと、
 それなりの情報しか入ってこないと思います。
 事前に自分で調べられるところまで調べてきた場合は、
 ポイントを絞って丁寧に教えてくださり、後日、メールでもフォローしてもらえたりします。

私は賢者の会で講師をやってくれる方で本を出している場合は、
事前にいつも必ず本を読ませてもらいます。

事前に本を読んでいれば、講師さんの考え方がなんとなくわかり、
疑問に思ったことを直接質問できるからです。

これは自分が主催する会だけでなく、
私が他の会や、イベントに参加するときも言えると思います。

「調べる習慣」がある人のほうが自分の夢を実現しやすく、
豊かな人生を歩めそうだと思いますので、
ぜひ、興味のある方は本書を手に取ってみてください。

なお、明日の賢者の会では方喰さんに
「好きなことを好きな仲間と、好きなように仕事にする方法」
というテーマで講義していただきます!

興味のある方はお気軽にご連絡ください。

イベントの詳細はこちら→https://www.facebook.com/events/1259482087406609/

興味をもったらまず調べてみよう!

11月27日の
第46回・賢者の会」で
ゲスト講師にお招きする
方喰正彰さんの著書。

とことん調べる人だけが夢を実現できる
(サンクチュアリ出版)

今年の5月に出たばかりの本ですね。
(本体1300円)
81gjvyaqzfl
ビジネス書には珍しく
カラーページから始まっています。
その冒頭のメッセージが
素晴らしいんですね。

「夢を実現できる人と、実現できない人の
違いって、なんだろう?」
「才能? 努力? お金?
人脈? センス? 運? どれも大事だ」
「でも、いちばん大事なのは、『情報』だ」

情報というのは、いまの時代、
「調べる」ことさえすれば、
すぐ手に入ります。
でも、案外とみんな、
この簡単な「調べる」をやらないんですね。

実際、作家業を始めてから、
私はこの「調べる」の大切さを
身にしみて感じています。

何でもいいんです。
たとえば、美味しいお菓子を食べた。
「へえ、こんなのがあるんだ?
どんな会社で出しているんだろう?」
ここで「調べる」をやってみると
じつは創業100年くらい経っている
会社だと知る。
これで「ブログのネタ」になります。

「でも、どうしてこれだけで
100年も続けられたんだろう?」
また「調べる」。
これで「アイデア」になります。

「へえ、同じような会社ってあるのかな?」
今度は広く調べてみる。
これで「企画」になったりするわけです。

だから「調べる」は、
何かを始めるためのキーワードなんですね。
本書の紹介には、こうあります。

「昔からずっとあこがれていた、あの街に住みたい。
なかなか休みがとれないけれど、海外旅行をしたい。
新卒採用では落ちたけれど、
今でも気になるあの会社に転職したい。
高価じゃなくても、
彼女が心から驚くようなプレゼントを贈りたい。
字幕を読まなくても、
ハリウッド映画を楽しめるくらいの英語を習得したい
……など、
『自分がその状態をイメージしたら、
自然とワクワクする』、
そんな夢の実現に、
必ず効果を発揮する一冊です」

ウェブに、本に、人から聞く方法に、
本書ではさまざまな
「調べ方」が紹介されていますが、
これを習慣にするだけで、
夢には確実に近づいていきます。

ぜひ広く読んでいただけらな……と思いますね。

27日の方喰さんの話も、とても楽しみですね!
https://www.facebook.com/events/1259482087406609/

14909938_1026289140814090_4665097314689990283_n

成果を出すために「がんばる」必要はない!

非常に素敵な本が発売になりました!

「賢者の会」にも参加いただきました。

坂本玖実子さんの

頑張らなくとも一日3200万円売れました。

という本ですね。

秀和システムさんから27日発売。

定価1512円になります!

51oy9mposnl

坂本さんはちょっとビックリする、経歴の方です。

  ◇

専業主婦だったのが40歳を目前に離婚し、

子ども2人を抱えながら、

未経験で化粧品の訪問販売を始める。

やがてトップセールスとなり、あの大塚家具に転職。

ちょっと最近はトラブルがありましたが、

「インテリアといえばこのお店」というくらい、

人気も高かった企業です。

  ◇

そこでパート採用だったのに、

1日3200万円という驚異的な売上を出し、

やがて独立して

営業の研修講師になっていくんですね。

  ◇

なぜ、そんなことができたのか?

「こころの営業」

……と坂本さんは言っていますが、

これが「がんばらなくとも」の真意です。

  ◇

誤解してはいけないのですが、

坂本さんはものすごく勉強されてきたし、

努力もしてきたのだと思います。

でも、それは

「苦しんでがんばった」わけではありません。

営業というのは、人を幸せにし、

世の中の役に立つ仕事。

だから「売りつける」なんていうことはせず、

「お役に立つこと」に徹したんです。

ただ、相手が喜ぶことの

専門家になろう……と。

  ◇

売れない時期、お客さんのクレーム、

仕事をしていれば、当然あります。

でもそれらは、神様がくれた

「お試し事」ととらえた。

これをクリアすれば、

あとには絶対に大きな成果が待っているんです。

そうやってすべてを

「成長の機会」にとらえていったんですね。

  ◇

本書にはメンタルを整える方法から、

本当に「お客さん」のためになり、

なおかつ自分も仕事を楽しめるハウツーにあふれています。

「売上がとれない」と苦しんでいる方、

仕事をやめたくなっている方、

営業をやっている方に限りません。

ぜひ本書を手に取ってみてください。

「なんか自分が大切なことを忘れているな」

……ということに気づくはず。

もう答えはすぐそばにあるんですよ!

  ◇

仕事をして幸せになれる1冊かなと、

私は解釈しています!