カテゴリー別アーカイブ: 読書日記

感染症への正しい知識

いよいよ発売された新しい本です。

私も編集のお手伝いをさせていただきました。

元WHO専門委員の感染症予防BOOK

という本。

三笠書房から本体1400円で発売します。

288ページとかなりボリュームのある本ですね。

 ☆

著者は、「賢者の会」にもいらしていただいたことがあります。

現役のお医者さんでもある左門新先生です。

先生はハーバード大の医学部門や

バーミンガム大学で公衆衛生や疫学を学び、

あのWHOで感染症対策にも携わっていた専門家なんですね。

 ☆

とにかくもう1年以上、私たちは感染症のお陰で

相当に痛い目に遭っているのですが、

その理由には、

「知識不足だったこと」も多くあります。

 ☆

いまだ誤解されている、検査のことであったり、

「三密」のような感染症対策のこと。

誤解がリスクを高めるだけでなく、

心理的な人と人との軋轢を生んでいます。

本書はそうした間違われている感染症対策の

正しい世界的常識を明らかに、

いまだ世界で脅威とされている、さまざまな感染症を紹介。

その数は80以上で、データブックとしても

かなりスゴい本になっていますね。

 ☆

このコロナがなくても、

日本はオリンピックを契機にようやく風疹や子宮頸がんなど

国際標準の予防接種を少しだけ受け入れ、

また「ハサップ」という食品からの感染症リスク対策も

ようやく始まる段階です。

じつはかなりこの分野、遅れているんですね。

それではやはりこの先、

大切な人々を守れないのではないか。

世界史をさかのぼれば、地震や火山噴火や気候変動以上に、

「感染症の流行」は文明を崩壊させるファクターとして

猛威を振るってきたわけです。

私たちはもう少し、これに対抗する知識を学ぶべきかもしれません。

二度とコロナのようなことは、御免こうむりたいですものね。

 ☆

この際、本書は一家に1冊置いておいても

いいんじゃなかろうか。

少なくともワイドショーにおどらされないためにも、

本書は必要かもしれません!

夏川の振り返り8〜『見えない壁』

過去の本の振り返り、8冊目の本は

『見えない壁』というものです。

いまはなくなっている

「Nanaブックス」という出版社から出ている本。

じつは重版がかかるヒットにもなりました。

本書のテーマは、タイトル通り。

「壁を突破する」というものです。

「仕事ができる人にならなければいけない」

「自分らしさを見つけなければならない」

「もっと強くならなければならない」

「人に好かれなければならない」

「コミュニケーションが上手くならなければいけない」

「目標をしっかり作らないといけない」

「がんばらなければいけない」……という、

「固定観念」を打ち壊そうという本。

よくこれらを「固定観念」と言い切ったな、と。

当時の私もえらく挑戦的だったものです。

 ☆

ただ、いまでもこれらに縛られているばっかりに、

「結果が出せない」とか、

「自分らしさが失われる」とか、

「仕事が面白くない」という

根本的な悩みを抱いている方は案外と多いでしょう。

決して古くなっているテーマではありませんね。

 ☆

「仕事が面白くない」と言いましたが、

じつはこの「7つの壁を突破する」というテーマ。

1年前くらいに出ている『仕事を面白くしたいときに読む本』

と同じものです。

同じ構成から出発したものですが、

前者は「仕事を面白くする」という

目的のほうに焦点を当てて企画変更したのに対し、

こちらは当初の「仕事の壁を突破する」というテーマで

そのまま当初の企画どおりで新しい本を執筆したわけです。

当然ながら事例はすべて変更し、

両者はまったく違う本になっていますが、

売上がどうだったかといえば、出版的にはこちらが成功でした。

 ☆

「うまくいく人の考え方は、どこが違うのか?」

などというオビ文句もありますが、

「こうすれば売れる」という前例なんて無視して、

当初の方針からブレずに突っ切ったほうがいい……。

出版では何度も経験していますが、

じつは最初の発想が、

いちばん正しい発想だったということはよくありますね。

夏川の振り返り7〜『なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?』

過去の本の振り返りを定期的に行なっていますが、

私の7冊目の本は、現在でも代表作になっているものです。

『なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?』

という本。

出版社はSB(ソフトバンク)クリエイティブさん。

のちに文庫化されただけでなく。

PHPさんからムック化でも発売されました。

あわせて一体、どれだけの部数を稼いだのだろう?

輝かしい実績でした。

 ☆

ただ、本の内容は、じつは誤解されていることも

多くあります。

当時から「ムダなのでは?」と

思われていた残業時間にメスを入れ、

時間管理のノウハウを新しく説いた本。

……と、いうわけではありません。

働き方革命は、まだ世で叫ばれる前でしたが、

当時、大きくイメージ転換されつつあった

「仕事ができる人」の考え方を

特徴的に示唆した本だったわけです。

 ☆

・なぜ仕事ができる人は残業をしないのか?

・なぜ仕事ができる人は、

 上司の言うことを話半分にしか聞かないのか?

・なぜ、仕事ができる人は

 メールの返信が早いのか?

・なぜ仕事ができる人は異性に優しいのか?

・なぜ仕事ができる人は

 交通費請求をマメにするのか?

・なぜ仕事ができる人は案外と悪口を言うのか?

・なぜ仕事ができる人は。スパッと会社を辞めるのか?

それぞれ明確な理由があったし、確かにあれから10年、

そんな人が役員に出世したり、

新しく会社を立ち上げたりしてきた。

「自分らしさ」を主体に仕事をする人の、

特性のようなものがここにはあったわけです、

 ☆

ただ、その後、東日本大震災があり、

空前の不景気があり、またSNS時代に、

コロナと続いている……。

「仕事ができる人」の傾向的な特徴は、

これから大きく変わるでしょう。

 ☆

今ならば、どんなことがあげられるだろう?

情報に強いことはもちろん、

自らが魅力的な発信者であるべきでしょう。

この変化の激しい時代についていくには、

興味の幅が広くなくてはいけない。

世界を知り、行政の思考を読むことは

このコロナの時代に生き抜く1つの条件にもなっています。

さらに健康管理ができることに加え、

アナログな読書だって必要不可欠な要素になりそう……。

 ☆

なるほど、コロナが明けてから、

私のようなビジネス書作家がまずやるべき仕事は、

「新しい仕事ができる人の条件」を

きちんと確立することかもしれませんね。

2020年、今年もありがとうございました!

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

今年最後のブログになります。

例年、大晦日にはその年にかかわった書籍を

ずらっと並べる……のですが、

今年はしょうがないようところもあります。

年の始めに出た大嶋啓介さんの

『世界一ワクワクするリーダーの教科書』

(きずな出版)などは非常に売れたのですが、

それ以降はすっかりコロナの波で

日本経済とともに私の仕事も止まったような状態でした。

新規企画が動かない状態で、

やらせていただいた仕事は、

過去の本のリメイクが多くなりましたね。

 ★

ただ、そんな中でもありがたかったのは、

古典の本に重版がかかっていたこと。

 ★

マキャベリの『君主論』

新渡戸稲造さんの『武士道』

岡倉天心さんの『茶の本』

世阿弥の『風姿花伝』

 ★

過去の賢者たちのお陰で、

私も何とか

食いつないでいる状態であります(苦笑)

 ★

こうして考えると、

あらためて読書の大切さを認識したのが、

このコロナの1年だったかもしれません。

大変な状況はまだ続いていますが、

人類は何度も、

ピンチをチャンスに変えてきた。

でも、その経験の蓄積を

本を読まなくなっている私たちは

生かせていないんだろうなという気がします。

 ★

2021年はその反省を踏まえ、

読書の大切さをあらためて認識し、

まず自分自身がたくさん読むことを

心がけよう……と、

年末に決心した次第です。

 ★

とにかく皆さま、

本当に今年はお疲れさまでした。

この1年を乗り越えようとしている

私たちです。

来年は素晴らしい年になるに決まっています。

 ★

また多くの方に明るく再会できるよう、

心より祈っています。

幸せな2021年をつくりましょう。

会えない中でも、夏川や

賢者のビジネス研究所を支援いただき、

本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

チョコレート展にWatanabeが出展しています!

「boji-hair-gallery」というギャラリーで開催されている

「チョコレート展」というイラスト展を観に行きました!

 ☆

この展示には、

賢者のビジネス研究所でデザインも担当しているWatanabeが、

今回、作品を出店しています。

多くのアーティストの作品を集めた本格的な美術展ですから、

なかなかの出世かも!

作家が本を出す機会に恵まれるのに等しいくらいのことなのかな。

作品はやはり「RAAKO」ですが、

テーマはバレンタインに合わせたチョコレートを扱ったもの。

まあ、展示中ということで作品はアップしませんが、

「楽しいマンディアン作り」というタイトル部分だけ(笑)

下の画像は先日の「賢者サロン」で公開したもの。

今回の作品の「額」の部分に使用したそうです。

ほかにも大勢のアーティストが、思い思いの解釈で

「チョコレート」をテーマにした作品を展示していました。

漫画タッチのものから、グラフィックやPOPアートに近いもの、

それに本格的な「絵画」に近いものまで。

小規模な展示ではありますが、なかなか見応えはあります。

 ☆

場所は渋谷と恵比寿の中間くらい。

明治通り沿いで、

国学院大学や渋谷氷川神社の近くになります。

http://boji-hair-gallery.com/

美容院の傍ら、画廊を経営しているところのようですね。

 ☆

期間は14日のバレンタインまで。

14:00〜19:00だそうです。

7日と12日は休みなので、ご注意ください。

いまは同時に「パン展」も開催しているので、

合わせて鑑賞するといいかもしれませんね。

お時間のある方は。

気まぐれに訪ねてみてはどうでしょう!

リーダーに必要な、たった1つのこと

こちらの本の紹介です!

世界一ワクワクするリーダーの教科書

きずな出版さんから、1月18日に発売。

発売後すぐ、アマゾンでは総合100位以内に入っています。

 ☆

著者は居酒屋の「てっぺん」を創業したことで知られる

大嶋啓介さん。

現在は日本全国で講演をするかたわら、

有名な高校野球部のメンタルコーチなども引き受けています。

なので本書のオビを見れば、

阪神タイガースの矢野監督なども推薦されているからスゴい。

 ☆

そんな大嶋さん、

リーダーに必要なことは

たった1つでいいんだ……とおっしゃっています。

それが表題の「ワクワクしている」こと。

つまりリーダー自身が、その仕事を、チームの未来を、

あるいは人生を、楽しんでいなければしょうがない。

逆にいえば、細かなマネジメント論やスキルよりも、

ワクワクする心持ちをつくることが大切だ、ということです。

そんな破天荒なリーダー論が、いままであったでしょうか?

 ☆

けれども高校野球のチームに行けば、

大嶋さんは、すぐに感じるそうです。

勝てない……なんて苦しんでいるチームは、

だいたい監督が不機嫌なことが多い。

「みんなやる気がない!」とか、

「言ったこともできないのか!」なんて言いながら、

イライラして、怒ってばかりいる。

その不機嫌がチームに伝染していくから、

いつまでも結果が出てこない……。

会社組織も同じですよね。

 ☆

逆にリーダーが、あらゆることを楽しめるようになれば、

チームはまたたく間に変わっていきます。

でも、部下が結果を出していないのに、

ワクワクすることなんてできるのか?

やる気のない連中ばかり、

言うことを聞かない連中ばかり、

あるいはリーダーに逆らう連中ばかり……。

それでもワクワクすることなんてできるのか?

 ☆

これが「できる」んですね。

本書の中で大嶋さんは、

さまざまな実例を紹介するとともに、

たくさんのワークも挿入しています。

リーダーの方はもちろん、

これから自分が主体となって仕事をしていきたい

と考える人は

ぜひ一読されるといいでしょう。

たとえ困難を迎えていたとしても、

仕事をしている「いま」が楽しくなります!

2019年、今年もお世話になりました!!

2019年もあとわずか。

令和元年も、もうまもなく終わってしまいますね。

今年も皆さんのお陰で、素晴らしい仕事に関わることができました。

編集のお手伝いをした本を並べてみましたが、

馬英華さんの『奇跡 強運 幸せのヒント』

松原正樹さんの『感情を荒いながす禅の言葉』

伊藤勇司さんの『部屋を整えるとお金がやってくる!』

鈴木勘太朗さんの『誰も君のことなんて気にしていない。』

中根一さんの『めぐり美容』

森泰造さんの『最高の上司は、何も教えない。』

井上裕之先生の『マルチプル超勉強法』

平松類先生の『親を寝たきり・要介護にしないたった6つのこと』

そのほか冊子関係、ネット関係など、

さまざまな仕事をさせていただいた2019年になりました。

 ☆

来年はより素晴らしい本の企画編集ができるよう

一層の努力をするとともに、新しい分野の仕事にも

どんどんチャレンジをしていきたいですね。

皆さまの御指導・御鞭撻、なにとぞ宜しくお願い致します。

 ☆

やはり情けないのは、

編集の仕事ばかりで、

作家としての執筆が今年はなかったこと。

出版不況で、売れていない身分、

悪条件は多々あるでしょうが、通る通らないは別として、

来年は何よりたくさん企画書をつくっていこう。

そのために、「いまの本が読まれない時代でも、

読んでもらえる本」を一生懸命に模索していこう……。

そんなふうに思っています。

皆様の応援が少しでもいただけたらありがたいです。

 ☆

来年は2020年であり、東京オリンピックの年。

干支も最初に戻って子の出発点になります。

そんな年に生まれ変わった気持ちで、精進していくつもりです。

来年も何とぞよろしくお願いします。

では皆様、よいお年をお迎えください!

馬さんが教えてくれる「誰でも幸せになれる」方法

こちら『奇跡 強運 幸せのヒント
(文芸社、本体800円)という本。

著者は「賢者の会」に参加くださっている方には、
お馴染みかもしれません。
中国人の女性経営者、
馬英華さん、です。

馬さんは以前、日経新聞社から
『逃げ切る力』という本を出されています。
まだ女性差別もあった中国から
日本に留学生として訪れ、

環境に負けず、
国際弁護士となり、
「東京エレベーター」という会社を立ち上げた。

そのかたわら、旦那さんを失ったあと、
女手1人で息子さんを育てている
母親でもあります。

その壮絶な人生は勉強会で講義をしていただいたとき、
皆が涙しました。
でも、馬さん、自信をもって
「自分は誰より運に恵まれ幸せだ」と
確信していらっしゃいます。

何があっても不幸なんかじゃない。
人に恵まれ、機会に恵まれ、
仕事にも恵まれ、
たくさんの人を幸せにする機会にも恵まれた。

本書はそんな馬さんの、
幸せ哲学を述べたようなもの。
心をものすごくあたたかくしてくれる、
優しい本ですね。

何より経営者でありながら、
馬さんは「見えない力」について語ります。

それは確実に存在し、私たちはただ自分と、
自分を幸福にしてくれる力の存在を
信じていればいい。

そうすれば「うまくいかないこと」は、
必ず「うまくいくようになる」し、
奇跡だって、運だって、確実についてくるんです。

本書ではたくさんの
「奇跡」が紹介されていますが、
すべてはちゃんと自分の心につながっている。

「些細な夢の実現」に気づける人が、
「大きな夢」を叶えることもできるんですね。

奇跡を起こすのも、運気を上げるのも、
幸せになるのも、決して難しいことじゃありません。
すべて自分の力で実現できること。

簡単な本ですので、ぜひ手に取って見てみてください。
なんせ表紙からして、
運気が上がりそうです!

毎日をラクにしてくれる「禅」の考え方

ステキな本の紹介です!

松原正樹さんの

感情を洗いながす禅の言葉

三笠書房「知的生きかた文庫」にて、

 ☆

24日より発売。本体640円になります!

「松原」という姓に、「禅」というテーマ。

 ☆

それで思い出す方もいるかもしれません。

70年代に、お坊さんでありながら、

ベストラー啓発家として一大ブームを起こした松原泰道さん。

正樹さんは、そのお孫さんに当たる方……なんですね。

現在は千葉県の「佛母寺」の住職であるとともに、

コーネル大学東アジア研究所の宗教学博士として、

ニューヨークで禅を教えています。

「心をラクにする思考法」として、アメリカでも禅が

大人気になっているんですね。

 ☆

どうして禅がそんなに世界の人に必要とされているのか?

それだけ現代の生活は、いろんなストレスがある

……ということなのでしょう。

 ☆

私たちの心は、コップの中でかき回された

泥水にようなものだ……と、正樹さんは言います。

慌ただしい日常、複雑な人間関係の問題、

大量の情報に目まぐるしく変わる環境、

先の見えない仕事からのストレス……。

「私たちの心をかき回すもの」は、

かつて以上に増えているんです。

そんななかで禅的な思考は、

コップをしばらく放置し、水をキレイに澄んだ状態にする

「ゆとり」を私たちにつくってくれる。

これが現代の生活には、

ゼッタイに欠かせないことになっているんですね。

 ☆

本書は決して仏教の難しい概念を説明するものではありません。

ただ、「こんなときはこう考えてみよう」

という禅的な解釈の仕方を示唆してくれるだけ。

でも読み終えたとき。

ものすごく「これでいいんだな」と心がホッとすることを

誰もが感じると思います。

それが今、みんなに足りないことなんじゃないかな……。

 ☆

「いつも忙しくて、落ち着ける時間がない」

「なんだかモヤモヤした不安がある」

「小さなことにこだわってしまう」

そんな人はぜひぜひ手に取ってみてください。

とても役立つ本になると思いますよ!

RAAKOのラインスタンプができました!

イラストレーターのWatanabeが

描いているキャラクター、

コアラの「RAAKO」がラインスタンプになりました!

こちらから120円でダウンロードできます!

https://store.line.me/stickershop/product/8471656/ja

密かに少しずつ

インスタで紹介していましたから、

私も出来上がりを楽しみにしていました。

食べ物+RAAKOキャラの

全部で16種類の「絵文字」です。

「お疲れさま」「お休みなさい」「おはよう!」

「OK!」「ありがとう」「ごめんね」「いっしょ」

「はい!」「のりのり」「飲みに行こう!」

「よろしく」「了解しました!」「!!」

……などなど。

どんなふうに表現しているかは、

こちらのブログでも一部紹介しているので、

気に入ったらぜひ、ダウンロードしてくださいね。

http://jyoseiryoku.com/?p=2332

いまならオリジナル性もあって、自慢げに使えるかも。

メジャーになる前に、ぜひどうぞです(笑)

ともあれ、「絵文字」というのは、

じつは日本で生まれ、

世界中で使われるようになった

デジタルコミュニケーションの手段だそうです。

礼儀を重んじる国民性の私たちは、

どうも「言いっぱなし」の挨拶に不安を感じてしまう。

ある意味で、気にしすぎ……なのですが、

そんなちょっとヘタレな傾向が、

見事に生み出した感情表現でないかと私は思っています。

また、オリジナルをつくることで

自分自身のブランドを強化することにもなりますからね。

どうしても繰り返し使うことになりますから、

それだけでジャブのように、自分を印象づけますよ。

個人で仕事をしている方は、営業用につくってみるのも

1つの方法ではないでしょうか。

ともあれ「RAAKOキャラ」のコンテンツも、

これからもっと充実させ、

ビジネスにしていけたらいいな……。

そんなふうに個人的には願っています!