日別アーカイブ: 2013/12/28

一生使える文章力養成講座:プレゼン大会②

前記事に引き続き、

プレゼンターの方とタイトルをご紹介させていただきます。

フライングキッズという、学習塾を経営され、
勉強+子どもたちに勉強大好きになる魔法(コツ)をかけています、
小畑希久子さん。

タイトル『子育ての悩みを勉強で解決!子どもが「勉強大好き!」になる魔法の処方箋』

1211-10

夢☆パートナー、ことのはソムリエ、夢すとーりー作家の
渡辺康夫さん。

タイトル『未来をつくる夢すとーりーの描き方』

1211-11

心理カウンセラー・メンタルコーチのKさん。

タイトル『人生に幸せを広げるブレない自分軸のつくり方』

1211-12

セラピスト、自己表現研究家の柴田慶美さん。

タイトル『七つの扉〜自分を変えたい人の小さな冒険』
サブタイトル〜小説が読めない人でも気軽に読める小説〜

1211-13

日選びコンシェルジュ、風水師、占術研究家の
櫻川千晶さん。

タイトル『運がよくなる「勝負日」の選び方』

1211-14

落合楼・村上で営業企画部長の大井祐子さん。

先日開催されました、作家なりきり合宿では大変お世話になりました。

タイトル『裏方力〜なぜか「あなたが現場にいるだけで安心」と言われる仕事術』

1211-15

道の駅ナビゲーター、アンガーマネジメントファシリテーターの
望月ひろみさん。

タイトル『遊ぶ・食べる・学ぶ 誰も知らない、道の駅の超ガイドブック!!』

1211-16

ワンストップコーチ、産業カウンセラーの縄田理恵子さん。

タイトル『職場のストレスを解決する、潜在意識の活用法』

1211-18

プレゼンターのみなさま、お疲れさまでした。
どの本も読んでみたいものばかりで、
いつか本になることが楽しみです。

 

最後にコメンテーターとオブザーバーの方に総評を
していただきました。
初対面でもみなさんの熱心さは伝わったようです。
その勢いで本文を書き上げることはもちろんのこと、
本屋さんに出向いて、売れる本の研究をしたり、
自分の企画を人にアピールする力をつけたほうがいいとアドバイスしてくださいました。

そう言ってくださったのは、
やはり本の出版となると、そう簡単にはうまくいかないからだと思います。

1211-19

紙の出版はハードルが高いとしても、
賢者の書店では、電子書籍制作でみなさんを全面支援したいと思っています。

今までは講師夏川と受講生という関係でした。

これからは、みなさんが著者の先生、こちらが編集者・制作者として、
末永く関わっていけたらと思います。

これからもよろしくお願いします。

一生使える文章力養成講座:プレゼン大会①

銀座で第6回一生使える文章力養成講座を開催しました!

いよいよ講座は最後。

今回は、受講生のみなさんが勉強した成果の集大成を発表する場として、
自分が書く本の企画書を発表していただきました。

1211-1

今回は特別に某大手出版社で編集のお仕事をされています、
田中孝行さんをゲストコメンテーターとして、お招きしました。

 1211-2

他にオブザーバー参加として、賢者の書店の副社長であり、
経営コンサルタントのお仕事をしている、藤原毅芳さん。

大手書店に25年勤務経験のキャリアがあり、
キャンプ場の経営に協力しています、大田昌仁さん。

みなさん、呼びかけに応じて、
喜んでゲスト参加してくださいました。
ありがとうございます!

1211-3

司会進行は、講座の事務局をしてくださり、
問題解決コンサルタントの大谷更生さん。

1211-4

プレゼンの順番は、企画書を早く出された方から
プレゼンをしていただくことにしました。時間は5分。

企画書シートの内容は、
☆企画主旨
☆目次
☆著者プロフィール

トップバッターは、大手通信会社勤務の酒井晃士さん。

タイトル『日本一ゆるい営業本「ゆるい営業術」』
サブタイトル〜人見知りな理系男子が「売れる営業」に変わった!〜

1211-5

リハーサルなしのせいか、
ちょっと緊張した雰囲気の会場内でしたが、
酒井さんのプレゼンで場が和やかな雰囲気になりました。

プレゼン終了後に、何度も修正した企画書を提出してくださり、
1章と2章の本文を執筆することを決めた、酒井さん。

本を出版する目標に向けて、着実に進められています。

1211-6

プレゼンが終わった後は、コメンテーターの夏川と
田中さんより、一言感想を言ってもらいます。

1211-7

一言感想は、カードに書いていただき、
その場で受講生の方に手渡し。

1211-8

カードの現物↓↓

1211-9

他の受講生の方にも、↑の流れでプレゼンしていただきました。

コメンテーターの方の感想により、
タイトルや内容を練り直す人もいるようでした。

次の記事では、残りの方のプレゼン様子とタイトル(プレゼン時)を紹介
させていただきます。