月別アーカイブ: 2015年4月

4月29日「第27回・賢者の会」を開催します

0709-184月29日(水)の「昭和の日」。

三田いきいきプラザにて、

27回目の賢者会を開催させていただきます。

詳しくは→https://www.facebook.com/events/841723802559763/

info@kenjabook.jpでも、受付けさせていただきます。

 

今回のゲストは、

「お片づけプレゼンター」として

大活躍している

カール友波さんです。

 

私が講師をした教室に、

カールさんは参加くださったのですが、

最後は

「もう一人で悩まない!!

家族みんながやる気になる

お方づけの本」

という企画をプレゼンしてくださいました。

 

自分だけでなく、

「人に整理整頓のスキルを習得させる」

ということについて、

カールさんは卓越したスキルを

持っていらっしゃるわけです。

 

その後、カールさんは、

草加市に「お片づけのお店」を

オープンし、

「整理収納アドバイザー2級認定講座」

などを指導。

 

さらにはビジネスパーソン向けに、

「パソコンHD内の整理術」

なども教えているんですね。

 

今回のテーマは、

「仕事がサクサク片づく実践・整理術」

というもの。

 

「セミナーに参加して

『あー勉強になった』では終わらない。

【実践】がキモの講座」

……とのことですから、

非常に役立つ内容になると思います。

ぜひご期待ください!

 

カールさんに言わせると

整理のコツは

「知る・やる・つづける」

という流れをつくること。

 

新シーズンに、仕事の快適な環境をつくるため。

ぜひそのノウハウを活用ください!

「恐妻家の掟・日めくりカレンダー」って何?

kyousai「賢者の書店」で
大谷更生さんの

全国恐妻組合連合会」の
日めくりカレンダー

 

を発売することになりました。

FBでも話題長い恐妻家歴を誇る?

大谷更生さんの新プロジェクトになります。

「妻の選択は常に正しい」
「機嫌が悪いときは話しかけない」
など、
恐妻家向け格言(笑)……が31日分、
続いていくというもの。

すでにFBでも画像が掲載されていますが、
PDF版、また新しくつくられる
小冊子版では、
少々、イラストなども変え、
よりバージョンアップしたものを
お届けできるのでは
……と考えています。

また進行具合はブログ等で報告しますので、
楽しみにしてくださいませ。

にしても、
31日分の「日めくりカレンダー」
というのは、
電子に向いた新しい発想ですよね。

松岡修造さんのものが大人気になりましたが、
日付を入れずに、
毎月繰り返して使える……。
これならスマホに入れておいてもいいし、
印刷すれば、壁に貼っておく形にも
簡単にできるわけです。

アイデア次第では、いろんなものが
できそうですよね。
賢者の書店のラインナップに
加えていっても面白いのではないか……。

まあ何かアイデアのある方は、
ぜひぜひ提案くださいませ。

「Heather Signature」の小冊子が完成しました!

11009393_956315661080074_7293168413609504283_n 11008766_956315667746740_4937755321683568568_nシルバー専門のジュエリーショップ、
シルバーベル」の
駒田陽子代表から依頼を受けて
賢者の書店で制作した小冊子。
完成しました!

こちら
「Heather Signature」という
新しいブランド。
そのブランドコンセプトと、
「Geoコレクション」という名で発売される
8種類のアイテムを紹介したもの。
28ページ、カラーの冊子になります。

Heather=ヘザー、というのは、
ヘザー・アンダーソンさん、
という
スコットランド人のアーティスト。

なんでも「マントラアート」という、
瞑想によってインスピレーションを受けて
作品をつくる独特な手法を持つ方です。

シルバー(銀)というのはそもそも
「銀の匙」で知られるように、
ヨーロッパでは神聖な金属とされるものですが、
彼女はそこに
「地・風・水・火」という
4元素のエネルギーを反映させて
作品をつくりました。

つまり「美しい」というだけでなく、
それぞれの持つエネルギーを生かせる
「パワーアイテム」となる
商品なんですね。

商品については
こちら通販サイトが→こちら

駒田さんとヘザーさんの運命的な出会い
……が生んだ商品とのことで、
日本では「シルバーベル」でしか手に入らない、
まったく新しい商品
……ということになるでしょう。

むろんシルバー925を使った
本格的な銀製品ですから。
値段もそこそこの価値あるもの。
ですから、各製品の意味や
ブランドコンセプト。
また発揮されるパワーなどを
理解してもらうことが必要です。

だから今回は、小冊子をつくることで、
その普及に努めようと、
考えられたそうなんですね。
いまは通販がメーンですが、
ショップへの紹介や
マスコミへのプレスリリースなど
いろんなことに冊子が役立つなら、
制作した私たちも嬉しいですよね!

電子書籍のノウハウで、
私たちが最近始めている
「小冊子」のビジネス。
いまはオンデマンドで
印刷が手軽……ということもあり、
可能性は広がりそうだな
……と考えています。

詳細は「賢者の書店」のほうで
受付けていますよ!