月別アーカイブ: 2015年6月

28日の賢者の会、夏川よりの「著者になるススメ」

2-0531-1いよいよ28日の日曜日は
「第29回・賢者の会」
ということになりました。
14時30分から
浜松町の「神明プラザ」ですね
(会費2000円)

FBページは→こちら(公開用)
招待用ページは→こちら

告知しているように、
今回は著者の発掘をしている
プロの出版プロデューサーがゲスト。

夏川も仕事でお世話になっている、
株式会社スターダイバー」の
米津香保里社長に
講師をお願いします。

講談社や集英社を筆頭に、
多くの出版社に著書を送り出している方
……ですから、
「本を出したい」という方はもちろん、
出版に興味のある方、
業界で仕事をしている方、
本が好きという方……。
あらゆる方に、
業界を裏方で支える立場からの
興味深い話を
聞かせていただけると思いますよ!

そして30分くらいのミニ講座。
せっかくですから夏川も
「編集」や「出版」に関わる話を
させていただこうと思っています!!

まあ、出版不況がかなり
ヤバいぞ!
……なんて言われている最近ですが、
それでも夏川は、なんとか3部門で
お仕事をいただいてはいるわけです。

1 作家として自ら執筆
2 翻訳者として主に古典の翻訳
3 編集者&ライターとして編集協力

本当にありがたい話
……今のところは(笑)
写真で今回は並べてみました!

もちろん
「賢者の書店」の代表者として、
電子書籍や冊子類の制作決定もしております。

その多くは商業出版ですが
(パンフレット冊子を除き)、
これらの仕事が
一体どのようなアイデアで生まれるのか?
そしてどのように進められるのか?
興味ある方もいらっしゃるでしょう。

ということで、
今回は題して夏川発の
「著者になりましょうプロジェクト」
の提案!

「いつか出版したい」という方のみならず、
ブログやメルマガ、
SNSの発信をしている方。
セミナーやコミュニティで
自己発信をしている方などなど。
自分の仕事の立場から
多くの方に役立つような話ができたらな
……と考えています。
楽しみにしてください!

今回は参加者にも本を書いている方や、
あるいはライターの方などが
多くいらっしゃる予定。
楽しい会になればいいですね!

写真は前回の会の懇親会です!!

「第29回・賢者の会」〜今回は出版のプロをお招きします!

0709-18「第29回・賢者の会」の案内。

日程は6月28日の日曜日。
場所は浜松町(大門)にあります。
「プラザ神明」ですね。
FBページはこちら。

https://www.facebook.com/events/1641601012745105/

夏川につながりのある方は
招待状を送信しますが、
それ以外でも
info@kenjabook.jp
で受付けさせていただきます!

で、今回は非常に貴重かも。
というのも、夏川が仕事で
大変お世話になっている方。

「出版界の裏方」で
ふだんは仕事をしている方です。
出版プロデューサーであり、
株式会社スターダイバーの社長、
米津香保里さん
をゲスト講師に迎え、
「本を出す」「コンテンツをつくる」
……といったことについての
話をお聞きする予定です!

なんせ米津さん、
私もクラアントでもあることから、
いろいろ書きにくいのですが(苦笑)。
非常にキレイな方、でも相当にスゴい方。

私もたびたび文章でご指導を受けますし……、
お世話になっている版元の編集者を、
何人か育てた方だったりもする。
昨年は
「一生使える文章力養成講座」の
最終プレゼンにもいらしていただき、
素晴らしい批評をいただきました!

実績はこちら、
http://astore.amazon.co.jp/stardiver-22/
講談社や集英社をはじめ
数多くの版元さんに
数多くの著者を送り出しています。

ただ、何より素晴らしいのは、
「1冊の本から未来を創る」
ということを仕事の理念とし、
著者のプロモーションをしたり、
書店さんとコラボをしたり……と、
幅広い活動をなさっていること。

基本、自費出版をせず、
あくまで
「読者に読まれる本」
を世に多く創造する……ということで、
最近は「著者志望の方」に向けた
セミナーなども、
出版社やライターさんと組んで
プロデュースされています。

基本、「出版」というものは、
書き手、つくり手、読み手が
みんな成長する形で成り立つもの。

では、自分が「本」を通して
これからどのように発展していくか?

書きたい方にとっても、
読みたい方にとっても、
つくりたい人にとっても、
今回は参考になると思いますよ。
ぜひ楽しみにしてください!

西麻布の権八で楽しい懇親会

賢者の会の後はお時間の大丈夫な方で懇親会。
場所は会場近くの権八さん。
映画「キルビル」にも登場したお店だとか。
すごく雰囲気がよかったです。

2-0531-1

私たちは17時にお店に行ったので、すぐに入れましたが、
19時くらいには満席に…。
外国人のお客さんも多かったです。

和の雰囲気のお店なのに、アップテンポな曲が重低音効かせて流れていて、
イケイケな人たちが来るお店なのかな?と思ってしまいました(笑)
地元静岡にこういうお店はなかなかないですからね。

2-0531-2

2Fのお席や個室もなかなか良かったです。
予約すれば座れるのかな〜。

2-0531-3

和太鼓もあります!
ここで和太鼓Liveとかやるのかもしれませんね。
賢者の会の懇親会はリーズナブルなチェーン店のお店で
開催することが多いのですが、たまには趣のあるお店で
やるのもいいと思いました。

2-0531-4

講師の飯田祥子さんのおかげで、
今回の賢者の会と懇親会は新しい人たちがたくさん参加してくれました。
あまりお話できなかった人もいますが、
これからもゆるくつながっていけたらいいなぁと思います。

 

懇親会で飯田さんに講義で聞けなかったことや
質問もたくさんできてよかったです。

 

私は「女性らしくありたい」ということで、
小物類はピンク系を持つことが多いのですが、
より強化していきたいと思います(笑)

2-0531-5

参加者の皆様、楽しい時間をありがとうございました。

 

なお、第29回賢者の会は6月28日(日)14:30から
神明いきいきプラザで開催します。

講師は出版プロデューサーの米津香保里さんを招いて、
講義をしていただきます。

「いつか本を出したい」と思っている方は、
役立つ情報が聞けるかもしれません。

イベントの詳細はこちら→https://www.facebook.com/events/1111921418823644/

興味のある方はお気軽にinfo@kenjabook.jpまでお知らせください。

第28回賢者の会:自分を高めるマナーを知ってファンを増やそう

西麻布で第28回賢者の会を開催しました。
参加してくださいました皆様、誠にありがとうございます。

0531-1

今回の講師はエレガントスタイル代表の飯田祥子さん。

テーマは「自分を高めるマナー講座」

ちょっとした気づかいができるかで、
「どれだけのクライアントさんができるか」
「どれだけのファンがつくか」
「どれだけの集客ができるか」などが変わってくるとのこと。

興味深い内容でしたので、とても楽しみでした。

0531-2

マナー講座って聞くと、言葉遣いやお辞儀の仕方など、
礼儀正しいことを勉強するのかなと思っていたのですが、
飯田さんの講義はそうではありませんでした。

「心の在り方」からマナーを学べるんです。
マナーとは、「その人の考え方や思考」
最終選択=「心の在り方」

たとえば、友だちから食事に誘われ行く場合、

◎友だちと会いたくて食事へ行くのか
◎食事するお店が行きたい場所だったからか
◎ビジネスの話しをしたいから友だちと食事をするのか

理由はどれも間違っていなく、
自分がどうしたいのか、なぜそうするのか、
「心の在り方」で自分の振る舞い方が自然と出てしまうそうなんです。

この話しを聞いて面白いなぁと思いました。

心の底から思っていることは表面や仕草に出るので、
嘘はつけないのだなぁ…。

その人らしさが出て面白いと。

0531-3

見た目やファッションも相手にどういう印象を持たれたいかで
変えるといいそうです。

たとえば、
「はなやかな印象をもたれたい」
「女性らしい印象を与えたい」
という思いがあれば、
花柄の洋服を見つけてみるのはどうでしょう

花柄の洋服だけでなく、花柄のバインダーやノートを持って、
歩けばかなりのブランディングになりそうですね。

特に講師の仕事をしている人はそこを意識するといいとおもいました。

あとは、集まる場所や来ている人たちの年代によって、
ウケるファッションも違うのでそこも考えるといいとのこと。

0531-5

↑こちらは、初対面の方と無言のまま5秒間見つめ合うワーク。
その後、相手にどういう印象を持ったかをフィードバックします。

人は初対面の方に対して無意識に

この人は自分のことをわかってくれるのか、わかってくれないか
好きか、嫌いか
オープンな人生か、クローズドな人生か
ハッピーそうか、不幸そうか……など

瞬時に判断するそうです。

0531-6

物を購入する場合、
どうせなら自分のことをわかってくれそうで、
オープンでハッピーな人生を歩んでいて、
好印象な方がいいですよね。

当たり前だと思っていたことを
再確認できる実践的なワークでした。

やはり普段の心の在り方は大切なんですね。
0531-4

飯田さんの講義は堅苦しさ0!
はつらつとした講義はなんだか元気が出ました。

楽しんでマナーを学べたので、あっという間の1時間!

飯田さん、ステキな講義をありがとうございました。

0531-7

後半は賢者の会や一生使える文章力養成講座などで
お世話になっている問題解決コンサルタントの大谷更生さん
「なぜ『恐妻家の掟』を作ったのか?」
というテーマで講義をしていただきました。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=2012
0531-8

恐妻家の掟は賢者の書店から(電子書籍)も購入できますが、
大谷更生さんから直接小冊子を購入することもできます。

電子書籍→http://kenjabook.jp/pg135.html
小冊子→http://www.reservestock.jp/stores/article/1068/3891

0531-9

『恐妻家の掟』は結婚式の引き出物としても
活用されたそうです。
表紙は夫婦の写真に差し替え↓↓
面白いアイデアですよね。

制作した側としては多くの方に手に取って見てもらえることは
とても嬉しく思います。

『恐妻家の掟』をとおして、
全国に明るく楽しい家庭が増えたらいいなぁと思いました。

0531-10

最後に更生さんより、
こんなすてきなアドバイスをいただきました↓↓

0531-11

「自分にとって当たり前」でも、
人にとってそうでないものは何か。
人に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

自分が当たり前だと思っていることでも、
ひょっとしたら、
「恐妻家の掟」のように小冊子にすれば、
講演や勉強会ができるのかもしれません。

更生さん、わかりやすい講義をありがとうございました。

マナーとは何か?〜第28回「賢者の会」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA西麻布にて、
第28回になる「賢者の会」。
エレガントスタイル代表・
飯田祥子さんをお招きし、
「自分を高めるマナー講座」を
行ないました。

集まっていただいた皆さま、
本当にありがとうございました!

そもそもが「賢者の会」、
一般の仕事の枠から飛び出して、
自分が好きな仕事を自由にやっていきたい
……と考えている方が多く集まっています。
フリーだろうが、独立してようが、
サラリーマンだろうが……ですね。
だから「マナーの話」なんていうと、
堅苦しく感じる人もいるかもしれません。

でも、堅苦しいルールは、
本当は「エチケット」の話。
マナーというのはむしろ
「心のあり方」
に関わる部分が大きいんです。

たとえば名刺交換。
このとき名刺入れをタテに見せるか?
あるいはヨコに見せるか?
エチケットとしては、
守るように言われていることがあります。

でも、その名刺入れの中に、
前に交換した人のものが、
そのまま入っていないか?
名刺以外のものが入っていないか?
こうした「心のあり方」が
「出会った人をどれだけ大切にしているか」
の意識をつくっていくんです。

それは人目にはふれないかもしれない。
でも、こうした
「見えないマナー」への配慮は、
人間関係や仕事の発展を
確実に変えていきます。

本日、名刺すら忘れてしまった私は、
大反省していました……(苦笑)

本日はマナーを語るのみでなく、
現在に至るまでの
怒濤のような人生を語っていただいた
飯田さん。

18歳で上京し、働き始めるものの、
いくつもの人間関係の壁にぶつかり、
苦労してきた。
でも、「心のあり方」によって、
仕事を新しく進化させてきたんです。

広島へ、また東京に戻り。
現在は講師として、
企業研修やウェディングの分野で
引っ張りだこ。
「マナーの力」、
決してあなどってはいけませんよ!!

今日は集まったおよそ20人の皆さんに
マインドチェンジを起こすような、
素晴らしい講義でした。
またこういう場を用意していきたいですね