月別アーカイブ: 2015年8月

8月29日『誰にでも役立つ「武士道」入門』

8月29日に開催する、
「第31回・賢者の会」と
「第14回武士道を会得する会」
の合同企画、
『誰にでも役立つ「武士道」入門』の
話を少しさせていただきます。
イベントページはこちらですね。
https://www.facebook.com/events/1617369181878773/

そもそもビジネス作家をやっている私が、
なぜに『武士道』を翻訳し、
今回、

61Y28LfhzzL仕事ができる人の「日本史」入門

という日本史の本まで出版することに
なったのか?

答えは簡単で、
日本人は本来、長い歴史を通じて
「できる人」の見本像をちゃんと
思想のなかにつくってきました。
これが「武士」なんです。

 

その点で現代人は、
欧米由来のリーダーシップや
コミュニケーションの
即席なハウツーには、すぐ飛びつくけど、
自国の伝統的な仕事論は、
すっかり忘れている。
それもどうかな……と思います。

そもそも武士とはなんぞや?
戦国武将や時代劇の武士を
まず想像するでしょうが、
発端は写真なんです。

DSC_1330

こちら国立歴史民俗博物館にある、
最も初期の武士の姿。

あんまり強そうじゃないんですが(苦笑)、
弥生時代の武士ですね。

このころの日本は戦乱の時代。
大陸から稲作が伝わり、
小さな村々ができていきますが、
同時に争奪戦も起こるようになる。
そこで村を守るために、
リーダーは戦士となって立ち上がった……。

でも、ただ武装するだけでは、
彼らは大成しませんでした。

なんせこの微弱な装備です。
あんまり力で村を支配しようとしたら、
当然、反発をくらいます。
おまけに近隣にはライバルもひしめいている、
離反が続けば、それこそお隣の村に
制覇されてしまうでしょう。

だから力を持ったものは、
それに相応しい理念と態度でもって、
共同体の人びとの信頼される必要があった。
これが「武士道」になっていくんですね。

中国国家式に、
宗教的な権威で国をまとめようとした
奈良、平安の時代はあまりうまくいかず。
日本は基本的に
1500年以上先の江戸時代まで、
「地域の武士リーダーが、その地を守る」
という武士体制が続いていきました。

この点では日本史はヨーロッパの歴史と
似ているんです。
西洋には、「ノブレス・オブリージュ」
(=高貴な者に伴う義務)
という理念がありますが、
彼らは剣をネクタイの象徴に代え、
現在も世界のビジネスを牽引しています。

日本も同じように、
江戸時代まで武士の理屈が
「できる人」の理論であったんです。
そしてこの理論を引きずってきた
「元武士」によって
明治の近代化も実現しました。

ただ、現代になって
こうした仕事に対する価値観は、
かなり忘れられつつありますよね。
いろいろな理由はあるのでしょうが、
そちらは本を読んでいただくとして(笑)

もう一度
「私たちが長い歴史を通じて培ってきたもの」
を再生しようと。
今回もそんな試みを、
超入門バージョンで考えてみたいと思います!

気まぐれの参加、大歓迎ですので、
気楽に申し込んでくださいませ(笑)

申し込みはFBページのほか、
info@kenjabook.jp でも受付けます。

「第31回・賢者の会(第14回ブシエド/特別編)」のお知らせ

8月の「賢者の会」のお知らせ。
ようやく詳細が決まりました!
https://www.facebook.com/events/1617369181878773/

今回は8月29日、14時30分から
麻布十番(あるいは赤羽橋)の
「飯倉いきいきプラザ」にて。

何よりその前、25日に、
私の久々の書き下ろし新刊が
発売になります。

61Y28LfhzzL

仕事ができる人の「日本史」入門
―ビジネスに生かす!
先人たちの発想と問題解決術

(きずな出版、1728円)
ですね。

まあ、久しぶりの大作ですし、
日本史の入門書でありながら
ビジネスの自己啓発を意識し、
一方で開催している
「武士道を会得する会」
にも関連する本。

 

ということで、今回はブシエドとからめた、

『誰にでも役立つ「武士道」入門』

というテーマ。

つまり、
日本人は歴史の中で、
「武士道」という、究極的な
「仕事哲学」をつくってきた……と。
それを現代の私たちが知らないのも何だから、
過去の有名な人物を参考に、
生かしてしまいましょう!
……そんな内容ですね。

決して難しい話をするつもりはありません。
「歴史嫌い」という方でもわかるように、
入門的な本書をさらに噛み下し、
夏の終わりに、本書が読みたくなるような
講義を考えてみます(笑)

ご期待くださいませ!

さらにいつもの「賢者の会」のように
ゲスト講師も招きます!

また詳細は紹介させていただきますが、
会のほうにも何度も
足を運んでいただいています。

Passion Ageing Inc」の
佐藤達也さん。
それより
「キハ(氣波)さん」の
通称で知られています。

キハさんは現在、
「バイオレゾナンス・セラピー」
という
新しい健康系事業をなさっていますが、
鉄道マニアでもあり、
ずっと介護の仕事をしてきた方
……でもあります。

一体どのようにして、
そんな新しいビジネスにたどりついたのか?
『鉄道マニアが、
いかに健康ビジネスを立ち上げたか?』
という感じでですが、
「自分の好きな仕事をしたい!」
と考える方に
役立つ内容になるのではないかと思います!

つまり今回は
「武士道と鉄道の賢者の会」
ということですね。
夏の終わりに、年度後半に向けて、
いい“きっかけ”を
お届けできるといいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同人誌制作の打ち合せをしました!

DSC_1733

写真、なんとなくお洒落な感じの空間での
打ち合せ風景ですが、
こちらは新宿の
カフェハイチ」という場所。

以前にじつは
「賢者の会」の会場としても
使用させていただいたことがあります。
ハイチの美味しいコーヒーと、
シェフのフレンチが楽しめる
レストランです!

そして、
このレストランに協力しているのが、
その昔、ここで講師もお願いした
阿久津賢哉さん……ですが、
『玉ノ井思潮』という同人誌の
編集長も務めていらっしゃいます。

そしてこの同人誌、
昨年から「賢者の書店」で
制作をさせていただいています。
本日はその打ち合せで
エディターのWatanabeも参加し、
初校ゲラの戻し作業を行ないました!

こういう出版社的な仕事、
私たちもちゃんとやっているんですよ(笑)

こと制作作業に関しては、
このような同人誌のほうが、
一般的な単行本より大変だったりします。

何より「著者が多い」、
ということがありますよね。
たくさんの著者にゲラのコピーを送付して、
それぞれに見てもらう。

それぞれが独自の要望を言うこともあるし、
なかにはなかなか
期限を守ってくれない人もいる……で、
阿久津さんのような統括者には
かなりストレスがかかったりするわけです。

さらに分量は多いし、
レイアウトは普通の本より複雑だし、
写真や図表がたくさん入るうえ、
今回はカラーページも挿入されたりする。
これらをデザインするWatanabeのほうにも、
かなり負担がかかります。

負担のかかる同士がこうやって対面し、
できるだけ負担のからない編集をしようと
話し合う。
私は脇でコーヒーを飲みながら、
「頑張れー」と言っている……。
いや、ちゃんと校正作業もしていますよ(笑)

とにかく「賢者の書店」の小冊子事業は、
こんな苦労を乗り越えて
実現しているわけです。

もし「本やパンフレットを出したい」とか
「同人誌をつくりたい」という方がいれば、
相談くださいませ!
詳しくはこちら。
http://kenjabook.jp/pg106.html#3

初校が戻ったあとは
一気に制作も進むものですが、
今回も見本が楽しみですね!