同人誌制作の打ち合せをしました!

DSC_1733

写真、なんとなくお洒落な感じの空間での
打ち合せ風景ですが、
こちらは新宿の
カフェハイチ」という場所。

以前にじつは
「賢者の会」の会場としても
使用させていただいたことがあります。
ハイチの美味しいコーヒーと、
シェフのフレンチが楽しめる
レストランです!

そして、
このレストランに協力しているのが、
その昔、ここで講師もお願いした
阿久津賢哉さん……ですが、
『玉ノ井思潮』という同人誌の
編集長も務めていらっしゃいます。

そしてこの同人誌、
昨年から「賢者の書店」で
制作をさせていただいています。
本日はその打ち合せで
エディターのWatanabeも参加し、
初校ゲラの戻し作業を行ないました!

こういう出版社的な仕事、
私たちもちゃんとやっているんですよ(笑)

こと制作作業に関しては、
このような同人誌のほうが、
一般的な単行本より大変だったりします。

何より「著者が多い」、
ということがありますよね。
たくさんの著者にゲラのコピーを送付して、
それぞれに見てもらう。

それぞれが独自の要望を言うこともあるし、
なかにはなかなか
期限を守ってくれない人もいる……で、
阿久津さんのような統括者には
かなりストレスがかかったりするわけです。

さらに分量は多いし、
レイアウトは普通の本より複雑だし、
写真や図表がたくさん入るうえ、
今回はカラーページも挿入されたりする。
これらをデザインするWatanabeのほうにも、
かなり負担がかかります。

負担のかかる同士がこうやって対面し、
できるだけ負担のからない編集をしようと
話し合う。
私は脇でコーヒーを飲みながら、
「頑張れー」と言っている……。
いや、ちゃんと校正作業もしていますよ(笑)

とにかく「賢者の書店」の小冊子事業は、
こんな苦労を乗り越えて
実現しているわけです。

もし「本やパンフレットを出したい」とか
「同人誌をつくりたい」という方がいれば、
相談くださいませ!
詳しくはこちら。
http://kenjabook.jp/pg106.html#3

初校が戻ったあとは
一気に制作も進むものですが、
今回も見本が楽しみですね!