日別アーカイブ: 2016/04/23

第38回賢者の会:後半@賢者の会の3年間

後半は、渡邉がミニセミナーを担当させていただきました。

テーマは「賢者の会の3年間」
 

0327-4

 今まで、裏方側で表に出て話すことはなかったのですが、
3月から東京進出してきたことだし、もう少しレベルアップしたいと思ったので、
数日前にミニセミナーやることを決意しました。

 しかし、人前で30分一人で話す経験はあまりないので、
話す内容を考えたり、パワーポイントで資料作成するところで苦戦し、
もう少し早く決意すればよかった……と、ちょっと後悔。

時間がなかったので、話す練習や凝ったパワーポイントもできませんでしたが、
先延ばしにするよりはいいかと思い、
過去の賢者の会のブログや写真を見て、今までのことを振り返りました。

12439092_1008347982591556_3611857303792555516_n

 

賢者の会は途中から動画撮影もしていますが、
ブログで記録してあると、勉強した内容や、その時自分はどう感じたのかを
一瞬で思い出すことができますね。

しかも、昔の私は結構真剣に書いている!!(笑)
賢者の会の記録→http://www.kenjabook.com/category/賢者の会/

最近はサボり癖が出てしまい、記事を書いてない会もあり、
本当に後悔しています。
その時、講師をやってくださった方、すみません……。

記事や写真を見ると、いろんなことをしてきたな……と思います。

参加費2000円のわりには結構著名な方にも講師をしていただきましたね。
あとは、勉強会以外にもお店でお菓子とフレンチ付きで賢者の会、
浅草や六本木に出かけたり、BARで忘年会やったりと、思い出すと感無量……。

0327-7

0327-8

0327-9

0327-10

 

今までゆるい運営ながらも頑張ったなぁと思います。
賢者の会をはじめたきっかけは、
せっかく苦労して電子書籍を制作しても、作って終わりなのが少し残念でした。

静岡に住んでいた私は、夏川が著者の方と打ち合わせをして、1回も会ったことない
著者の方もいます。

そこで、賢者の書店と著者、著者同士、著者と読者などがつながり、
定期的に会うコミュニティがあったらいいなぁと思い、発案しました。

賢者の会を3年間やり続けるうちに、
今までは、誰かの主催の会でしか会わなかった方が
個人的につながり、お仕事を一緒にしたり、デザインの仕事を依頼されたり、
遊びに行ったりするような仲に。

静岡に住んでいながらも、東京の方と接することが多くなり、
私の人脈はガラリと変わりました!

そして、東京に憧れはあっても静岡が大好きな私は静岡から出ることはないだろうと思っていたのに、東京進出するまでになっちゃったんです!

私の生き方、働き方が大きく変わろうとしているかもしれません。

0327-6

 

今回、ミニセミナーをやってみて、講師の方の大変さがわかりました。
人前で話すのが好きではなければ、苦痛ですね(笑)
講師の方は本業で忙しい中、賢者の会のために話す内容や資料を考えたりしたのかと思うと、
感謝しなければと思いました。

あと、大変だけど、人前で話すことが一番アウトプットできますね。

参加者の皆様、あたたかい雰囲気でミニセミナーを聞いていただき、
ありがとうございました。

おかげさまで、話しやすかったです。

第38回賢者の会:前半@中国史を学んで、言葉を使いこなそう

3月27日に品川で第38回賢者の会を開催しました!

お花見シーズンの中、参加してくださった皆様、
誠にありがとうございます。

写真は参加者の氣波達也さんのカメラです。
最近、一眼レフで撮影していただいているので、
とても感謝しています!

12922017_870991123010560_1723512318_o

今回は前半は夏川が講師。
4月22日に『仕事ができる人の「アジア史」入門』が刊行されたので
それに関連した講義。

といって、難しいことではありません。

「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」
「虎穴にいらずんば、虎児を得ず」
「温故知新」「明鏡止水」「四面楚歌」……。

いろいろありますよね。
これらは皆、中国の故事や名言がもととなって、
日本でも普通に使われるようになった言葉。

ときどき意味がわからなくて困ってしまうことや、
使いこなせたら、格好いいな!
……と思うことってありませんか?

0327-1

今回のテーマはこれ、
現代の日本でも使われる名言、慣用句から
背景の中国史を学び、
ポイントをつかむとともに、
実践で言葉も使えるようになってしまおう!
というものをパワーポイントを使ってレクチャー。

みなさん、興味深そうに聞いていました。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=2313

0327-3