チャンスがやってくる丑の年

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

2021年、あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

画像は今年、私が出している年賀状。

今年もイラストレーターのWatanabeが

描いたものを使用することにしました。

牛の年ですね。

 ☆

牛というのは、日本では長くその肉を食べたりせず、

牛車をひいてもらったり、

農作物を運搬するために使われた動物です。

だから神聖視もされたのですが、

「牛に引かれて善光寺参り」

なんていう言葉がありますよね。

長野県の善光寺ですが、その意味って知っているでしょうか?

 ☆

あるとき1人の強欲なおばあさんが、洗濯物を干していました。

すると1頭の牛がそれを引っかけ、

そのまま逃げていってしまったんです。

慌てておばあさんは、牛を追いかけます。

 ☆

追いかけて、追いかけて、

結局、牛がたどりついたのは、善光寺でした。

そこで、ふと牛を見ると、

たれているよだれが、文字のように見えます。

「仏の道に、あなたを導きました」

 ☆

それを機に、おばあさんは己を改め

仏教に帰依することになった……という話ですね。

 ☆

そこからこの言葉は、

「ひょんなことからチャンスは舞い込んでくる」

「だから積極的に、思いついたことに対して行動していこう」

という意味で使われるようになりました。

 ☆

おそらく2021年は、

コロナのダメージから回復するため、

激動の年になっていくでしょう。

あらゆる業界、あらゆる仕事で、

新しい変化が生まれてくると思います。

 ☆

だからこそ、情報に敏感になり、

いろんなことを試行錯誤しながら

チャンスをつかめる年にしていきたい。

皆さま、新しい1年をがんばっていきましょう!