「安心」に投資しておく

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

自分で使うために購入したのは、

初めてかもしれません。

こちら、オリンパスの「ボイスレコーダー」ですね。

この分野で、一番人気になっていました。

編集の業務で取材をする際、

当然ながら録音を行ないます。

私にとっては長年、ごく普通の仕事でしたが、

数年前まで「テープレコーダー」を使っていました。

 

理由は「回っていない」と、

本当に録音できているかが不安だから(笑)

「撮れてなかった」なんてことがあると、致命的ですからね。

実際、そんなことも昔はありましたし。

ただ、「テープレコーダー」だとデータが残りません。

すべて文字起こしがパソコンで行なわれる現在、

カセットテープなんて、

どこの業者さんも扱ってくれない……。

 

でも私の仕事の場合、

たいてい文字起こしの手配は、

出版社さんに任せてしまうわけです。

自分が録音するのは、バックアップと確認のため。

それならテープでも全然、問題ありませんでした。

 

しかし、愛用のテープレコーダーが壊れると、

もはや新しいものはなかなか売ってない……。

そこでボイスレコーダーが必要になるのですが、

かなり高性能のものが、たいていはスマホに搭載されています。

 

スマホの問題はデータの抽出が面倒なことですが、

確認のためであればその必要はない。

なのでここ最近はずっと、

録音にスマホを使っていたんですね。

ところが大きく変わったのは、コロナ禍において。

取材をリモートによって

遠隔で行なうことが多くなりました。

 

じつは「ZOOM」には録音機能もあり、

パソコンでも録音はできます。

ただ、案外とこれ、トラブルが起こりやすいんですね。

 

この2年くらい、

「撮れていなかった」ということが、

いろんなプロジェクトで、しばしば起こっています。

使い慣れないし、フリーソフトだし、

仕方ないのかもしれません……。

 

そこでバックアップデータの必要性が

かなり増してしまっている。

それなら自分で用意するのが一番だな……と。

今さらですが、自前のボイスレコーダーを購入しました!

 

さすが最新の機器です。

「録音しているよ」という表示をつねに表示しておけるし、

USBですぐデータを取り出せる。

これは結構便利ですね。

 

やっぱり新しい機器を購入すると、

いろいろ使ってみたくなるもの。

作家やライターには、まずアイデアを吹き込んで、

それを土台に執筆する人もいます。

ちょっとそういうスタイルも試してみようか……。

 

うまく活用して、仕事の幅も広がられたらですね。

 

[効率無視の仕事術]