カテゴリー別アーカイブ: 賢者の会

「第63回・賢者の会」のお知らせ

4月13日の土曜日、

「第63回・賢者の会」を開催します!

https://www.facebook.com/events/1815411738603567

今回は通常「賢者の会」と同様、14時30分〜16時50分の時間。

場所は品川駅のそば、「高輪いきいきプラザ」。

 ☆

今回は、私がガチで行ないます。

「夏川の本の書き方講座」

重い腰をあげなきゃという感じですね。

 ☆

いままで37冊。執筆ということであれば、

おそらくその15倍以上は「本を書く」

という仕事をしてきた私です。

たぶん語れることはたくさんあるのだろう。

でも、どう伝えようか?

 ☆

ともかく今回は、

「自分がどのように本を書いているか」

をネタばらしのように紹介し、

集まった人にもサンプルを書けるようにしたい

……とは思っています。

 ☆

だいたいビジネス書を考えれば、本文のページは180ページくらい。

6章とすれば、1章30ページ。

章内にそれぞれ10項目と考えれば、1項目は3ページ。

1ページは400字詰め原稿用紙1.5枚くらいですので。

だいたい4.5枚くらいの小文章を60項目用意すれば、

1冊の本ができる……、

そう考えると、意外に簡単とは思いませんかね?

 ☆

忙しいなかでも、1日4.5枚をがんばれば、

だいたい2か月で本は書けてしまうわけです。

あとは「いかに大テーマを分割するか」

というマクロな問題と、

「いかに1項目を読ませるか」というミクロの問題です。

この辺まで述べていくとブログはキリなく続きますが、

まずはその辺を整理して13日に紹介するようにしていきましょう。

 ☆

売れる売れないを別にすれば、

本を書くこと自体は決して難しくありません。

出版まではそれなりに大変ですが、

世に提示する手段であれば、いくらでもある。

なので、もっと積極的に、皆さんが書き方を知っても

いいような気がします。

ぜひ楽しみにしてください!

2019年、今年もよろしくお願いします!

いよいよ2019年です。
今年も何とぞよろしくおねがいします!

今日は近くの神社に
初詣に出かけたくらいで、
久しぶりに静かに始まった1年でした。

家もおせちのようなものを
あらためてつくっていないので、
正月らしさはそんなにありません。

そのぶん、ゆっくり読書でもしてから
仕事を再開させようかな
……と思っています。
たまにはこういう年もいいですね。

ただ、今年はイノシシの年。


画像は年賀状に使ったものでなく、
イラストレーターWatanabeが、
つくったもの。
お菓子でつくったアルチンボルド風の
イノシシですね。
https://freedreammugen.wixsite.com/mysite

イノシシといえば、
猪突猛進という言葉が象徴です。
とにかくわき目もふらずに
真っすぐ突き進む……。

これ、本当はいい意味で使う言葉では
ないみたいなんですね。
周りの人の空気を読まずに、
ぐいぐい突っ走る様を表すらしい。

ただ人生のなかで
周りのことを気にせず、
強引に突き進む時期というのは、
どこかで必要なのかもしれません。

私も今年は少し、
チャレンジングに、あまり結果を考えず、
行動優先でいろんなことを
やっていきたいですね。

そんなことを考えたら、
今年は講演の仕事が
まず入ってきそうな感じですよ(笑)

じつは本当のところ
イノシシは結構、柔軟に方向転換できるとか。
そんなふうに軌道修正しながら
スピードを落とさずに、
仕事を広げていきたいですね。

そんなこんなで2019年です。
今年は元号も変わりますが、
考えていることは変わりません。
時代の変化に合わせて、
皆で邁進していきましょう!

みんなのいい年になるよう、
今年もよろしくお願いします!

2018年、本当にお世話になりました!

2018年もまもなく終わろうとしています。

今年、最後のブログになりました。

 ☆

毎年、最後の恒例にしていますが、

今年1年に執筆をした私の本と、

編集のお手伝いをした本の代表的なもの。

リニューアルの

「すぐやる!」で、人生はうまくいく(きずな出版)が

1月1日発行だったんですね。

 ☆

何より今年は久しぶりになるビジネス書の新作書き下ろし

君はこの言葉を知っているか?……Word of wisdom

(主婦の友社)を

出せたのが大きかったと思います。

売れる、売れないということよりも、

思う存分、私が世の中に紹介したいことを

書きたい放題に書くことができました。

いまどき古典からの知識など、

ビジネス最先端にいる人々には響かないのかもしれません。

それでも本質が重要になる時代は必ずやってくる

……そう信じて、

自分の活動を続けていきたいですね。

 ☆

数だけみると出版不況にともない

仕事の件数は残念ながら減ってはいます。

ただ、井上裕之先生の

『「変われない自分」を一瞬で変える本』

伊藤勇司先生の

『「いいこと」が次々起こる片づけの法則』

杉岡充爾先生の

『最高の疲労回復法』……などなど、

重版を重ねている本にかかわれたことは

本当にありがたく思います。

 ☆

著書さん、編集者さん、エージェントさん、

プロデューサーさん、デザイナーさん……と

素晴らしいチームに恵まれて仕事ができている私は

今年もやはり幸せ者でした。

来年も頑張りますので、皆様、何とぞ宜しくお願いします!

 ☆

「賢者の会」「賢者のサロン」「賢者の書店」も

引き続き拡大できるよう力を注いでいきますね!

では、皆様、よい2019年をお迎えください!!

「賢者のサロン」が始まります!

長らくお休みしている「賢者の会」ですが、

来年から本格的に開始する予定です。

 ☆

それに先だって、

今月から「賢者のサロン」を開始させていただきます!

場所は大崎プライムタワーのスターバックス。

12月19日の予定で、

夕方にそこに行けば、私がいますよ……というアバウトな交流会です(笑)

詳しくはこちら!

https://www.facebook.com/events/2026442767647404/

 ☆

これから始まる賢者の会、もっと皆に参加していただき

「いろいろなプロジェクトが起こる場」にしたいと考えています。

 ☆

私たちが講師を連れてきて、話してもらう。

それもいいし、やはり再開はするつもりですが、

世の中にはそんなセミナーが山ほどある。

私たちはもっと能動的に、まさに皆が「賢者」となり、

自分がやりたいことをちゃんとしたビジネスとして

広げられる可能性をもった場をつくりたい……。

 ☆

といって、「じゃあ何をするのか?」といえば、

選択肢の幅も広がり過ぎます。

ならば、「皆で意見を交わし合える場を別に設けよう」と、

サロン型の会をオープンしよう……というわけですね。

 ☆

誰も来なくても、私はそこで仕事をしていればいい。

毎月そんなふうに部室のような形で開催するつもりです。

長くお付き合いのある方はご存じの通り、

すでに同じ場所で、2016年にはWatanabeが主催する

自由に過ごすカフェ会がありました。

そこでも実際にセミナー講師が決まったり、

書籍の企画が動き出したり、デザイン関連の仕事が生まれたり

……ということがありました。

今回はその延長になります。

 ☆

かつて大学の部室に、「学年ノート」というのがありました。

何のことはない、思っていることや意見のようなものを

部室に来た人がそこに書き残していくものですが、

すれ違いで顔を合わせていなくて

「アイツこういうことを考えているんだ」と、

読むのが楽しみになったものです。

なんかそんな形で、アウトプットのノートを残し、

それを私のブログや他のメディアで反映できたならとも考えています。

 ☆

とにかくやってみなければ始まらない。

興味のある方はぜひ、いまから時間を開けておいてくださいね。

別に5分顔を出すだけでもいい。

そこから何かが始まったら、素晴らしいと思います!

キャラクター、LINEスタンプ制作のススメ!

大谷更生さんの

「恐妻家の掟」ですがを普及させりために、

LINE上で使える「スタンプ」をつくることになりました!

 ☆

そのキャラは、

イラストレーターのWatanabeが

自分のサイトで売り出しているRAAKOというキャラ。

いわば「恐妻家の掟」と「RAAKO」の

コラボプロジェクトになったわけです。

記事はこちらにも→

 ☆

スタンプは合計8個。

LINEスタンプは→こちら

あるいはスタンプのところで、

「恐妻家の掟」と検索すれば出てきますね。

8個で120円ですが、

ダウンロードすれば自由にLINE上のメールで使用できます。

 ☆

LINEでも、あるいはFacebookでも、

スタンプというのは、使う人も多いですよね。

普通は無料のものをダウンロードして使用するのですが、

ここに自分のキャラや自分のブランドを載せて

オリジナルにするということを考えたことがあるでしょうか?

 ☆

たとえば「恐妻家の掟」であれば、

メールのやりとりをするたびに、

「大谷更生さん=全国恐妻組合の人」

なんていうイメージが伝達されることになる。

案外とその広告効果って、大きいですよね。

 ☆

郵便物を送る封筒をオリジナルにしたり、

オリジナルの包装紙をつくったり……と、昔から

「些細なものでブランドづくりをする」

ことは行なわれています。

 ☆

でも、日常でやりとりされ、

しかもずっとデータ上で残る「スタンプ」って、

案外とこれから

ブランドづくりに活用できるのではないだろうか?

 ☆

そう思った方、イラストレーターのWatanabeが、

たぶん相談に乗ってくれると思うので。

問い合わせいただくといいかもですね。

 ☆

私もつくるかも!

「キャラ」はこれから、

重要な時代になっていく気がします!

ちなみにWatanabeのサイトは、こちら。

http://www.jyoseiryoku.com

作品サイトは、こちらです!

https://freedreammugen.wixsite.com/mysite

「第61回・賢者の会」〜『君はこの言葉を知っているか?』

「第61回・賢者の会」。

日にちは6月30日、

14時30分から。中央区の新川区民館。

申し込みはこちらです!

https://www.facebook.com/events/150763865788982/

 ★

今回は私の新刊が発売されたばかり。

『君はこの言葉を知っているか?』

サブタイトルに

「あの経営者たちを支えた名言」。

そしてイメージワードは、

「Words of wisdom(賢者の言葉)」です。

https://amzn.to/2sMPMZ7

そこで今回は私がメーン講師……でなく、この素晴らしい本をつくってくれた

編集者さんをお招きしたいと思います。

 ★

おそらくは誰もが知っているだろう

メーンは女性ものを手がける老舗の出版社。

「主婦の友社」で長く単行本を編集をしてきた

三宅川修慶さん。

じつは本をつくっていただいたのは、

これが2冊目なんですね。

1冊目は10年前にさかのぼります。

『人を出し抜く残業しない術』という本。

長い付き合いになります。

歴史ある出版社で

異色の自己啓発書編集者として

数多くのヒット作を出してきた名編集者。

最近の業界の変化に合わせ、

さまざまな活動もされているようです。

今回は本書についての発刊意図や制作のアイデアを聞くととともに、

望んでいる本の企画や著者についての考え方も

お聞きしてみたいですね。

 ★

これから本を出したい方、また本が大好きな方。

必見の会になりますよ!

もちろん夏川も新刊について、

話せることは何でもお話しするつもりです!

楽しみにしてください!!

『君はこの言葉を知っているか?』好評発売中です!

私の37冊目になる本が発売されました。

君はこの言葉を知っているか?

(主婦の友社、1296円)

一体どんな本なのか?

サブタイトルの

「あの名経営者たちを支えた名言」が示すように、

①ビジネスの成功者たちが、先人のどんな言葉を、どんなふうに継承したのか?

②その先人は、どんな思いで、その言葉を次代に託したのか?

③私たちはその2人から、さらに何を学ぶべきなのか?

15の話で、それらをまとめています。

 ★

たとえば、インド独立の父、ガンジーの言葉。

「己を変えることができれば、世界も変わる」

支配者だったイギリス人に差別され、

また国内にさまざな対立を抱えていたインド。

そんななかでガンジーは、自らに厳しい規律を要求し、

異なる考えのすべての人々を認められる人間になろうと模索を続けました。

 ★

その言葉を大学の頃から手帳に書きこみ、ずっと目に見えるにしていたのは、

Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏です。

彼はその思いを継承し、大学起業家の軽いノリを乗り越え、

仲間たちとのあらゆる対立を振り払い、この会社を永続できる世界的企業にする決意をしていきました。

自分を変えることで、世界を変えようとした……ということですね。

 ★

「ときには20世紀の混沌としたアジアで語られた賢者の言葉が、

21世紀の若手IT起業家を動かし、彼を世界的な大富豪にまで押し上げました。

ときには紀元前の中国で語られた賢者の言葉が、ベンチャー企業の経営戦略として使われ、その会社を世界ナンバーワンに飛躍させました。

昭和の名経営者も、日本におけるビジネスの創始者も、世界的な投資家も、やはり賢者の言葉によって動かされてきました」

……序文よりです。

 ★

稲森和夫(京セラ)……西郷隆盛

豊田佐吉(トヨタ)……サミュエル・スマイルズ

孫正義(ソフトバンク)……坂本龍馬

渋沢栄一(明治期の実業家)……君子

柳井正(ユニクロ創業者)……ピーター・ドラッカー

などなど。

本書に登場するのは15組の「時空を超えた子弟」たち。

「時間を越え、空間を越え、この世の中はそうして、

過去の言葉を継承しながら発展してきたのです。

 ★

本書で紹介する言葉は、単に知識として知ってほしい類いのものではありません。

勇気や希望、また癒しや赦しを与える言葉もあれば、ときにはあなたに覚悟をうながし、厳しい選択を迫る言葉もある。

しかし本書を読む誰にでも、世界的な成功者と同様、賢者の言葉を引き継ぎ、自分の人生に生かしていく機会は与えられているのです」

これが本書の目的にほかなりません。

ぜひぜひ手に取ってみてください!

 ★

なお30日には、この本の編集者さんをお招きして、

「賢者の会」を行ないますよ!

https://www.facebook.com/events/150763865788982/

「第60回・賢者の会」のお知らせ〜「天才のつくり方」教えます

60回目になる「賢者の会」の
内容が決まりましたので。
お知らせいたします!

日にちは5月26日の土曜。
場所は品川で、
14時30分からの予定です。

今回はなんと
『「天才のつくり方」教えます』
という、すごいテーマ。

世田谷区で「フライングキッズ」という
学習塾を主宰している
小畑希久子先生が、
初登場です!
http://www.flying-kids.net/


なんせこの塾がすごいんです。
とくに「お嬢様学校」として知られる
有名中学に、
何人もの子どもを合格させています。
その中には芸能人のお子さんもいたり……。

どうしてこれが可能かといえば、
何より「勉強を好きにさせる」ということ。

いかにやる気を出せるようにするか。
いかに成功体験を踏ませるか。
まるで魔法のように、
手応えや喜びを感じさせていくんですね。

小畑さんはそれを
「神が降りたように、
必要なことがわかるようになっていく勉強法」
と言っています。

小畑さんはそれを、
大人向きにもアレンジして、
さまざまな場で
セミナーを行なっています。

「部下をほめて育てていく」
ということもあれば、
「個人の勉強術」にももちろん役立つ。

具体的なテクニックとしては、
「記憶術」などもあります。
私が教わったときは、
1か月くらい徳川15代の将軍名が
全員言えたんですけどねえ〜。
もう何年も前だったから(苦笑)

今回もアレンジを加え、
いろんな勉強が必要な方に向けて
講義を行なってくださる予定です。
ぜひ楽しみにしてください!

なお、今回のミニセミナーでは、
教え子の1人といえるのでしょう。
現役の高校生であり、
今年、AO入試に挑戦する女性が、
自身がテーマにしている
「介護」の問題について発表してくれます。

何より「賢者の会」初です。
高校生の講義。
いままで参加された中で
間違いなくいちばん若い方になるでしょうが、
どんな話が聞けるのか、
ぜひ楽しみにしてください!

再開!酒井晃士さんの読書会

4月1日は、

『のび太でも売れます。』の

酒井晃士さんを招いて

「僕が本から学んだこと」というテーマで

59回目の『賢者の会』を開催します。

https://m.facebook.com/events/164189594208759

 ★

それに先だって……ですが、六本木ヒルズにて、

酒井さんが主宰する「読書会」が

久々に行なわれました!

6人くらいの小規模な会ですが、

「行動の源になる本」というテーマで、

なかなか濃密な本についての懇談会ができました。

まあ、楽しいですよね。本について語り合うのは。

題材になった本は、

写真にずらりと並べてみました。

『宝くじで1億円当たった人の末路』(鈴木信行、日経BP)

『絶対達成する人になる方法』(横山信弘、角川書店)

『啓発録』(橋本左内、致知出版社)

『◯△□で描く色鉛筆カフェ』(漆間順子、日貿出版社)

『運命の人とつながる方法』(植西聡、文響社)

『カエルを食べてしまえ!』(ブライアン・トレーシー、ダイヤモンド社)

『血か?、死か?、無か?』(森博嗣、講談社)

ビジネス、古典、美術、推理小説……と。

かなりバラエティに飛んでいますね。

『啓発録』を紹介したのは、もちろん私。

大河ドラマ『西郷どん』で、

左内さんが活躍していることもありますが、

それ以前に、強烈な行動欲を自分に与えた本。

「ぜひやりたい!」と版元に提案させていただき、

現代語訳しながら、

「何かやらなきゃ」という思いに強烈にかられ、

「古典学研究所」なるものを

取りあえず肩書きだけつくった……(苦笑)

なんていう経緯です。

昨年は福井県のお墓にもお参りしてきましたが、

まさに私には、「行動の源になる本」になっているんですね。

 ★

いずれにしろ「読書会」は、単に本を教えられるのでなく、

読んだそれぞれの方の熱い思いを感じられる

刺激的な場になります。

体験してみたい方は、

ぜひぜひ4月1日の「賢者の会」を

のぞいてみてくださいね!

「オリジナルキャラ」のグッズです!

こちらコアラのマスキングテープ。

詳細はこちら、
「女性力.com」のブログにあります。
http://jyoseiryoku.com/?p=1441

賢者のビジネス研究所、
デザイナー&イラストレーターのWatanabeが、
イラストのプロモーションに使っているキャラ
「RAAKO」。
それを使ったグッズ……というわけですね。

意外と凝っていて、
オリジナルの原画はなんと「日本画」です。
「雪肌麻紙」に墨で下書きし、
「水干し絵の具」や「岩絵の具」で
彩色をしているとか。

詳しくはこちらのブログにありますが、
なかなか奥深いものがありますよ。
http://jyoseiryoku.com/?p=1419

最近はオンデマンド印刷で、
こんなふうにさまざまなグッズを
つくってくれるようです。

今回は「RAAKOのマスキングテープ」を売る
というよりは、販促用の見本。

お客さんが描いたイラストや、
Watanabeのほうで要望の
デザインやイラストをつくり、
それをマスキングテープにするところまで
請け負います……ということ。

すでにお話もいくらかきているとか。
気になる方はぜひ、
ブログのほうからお問い合わせくださいませ。

じつはこの「RAAKO」というキャラ、
「賢者の書店」では、
初期のころから電子書籍に
使われています。

だから10年くらいの歴史を持っている
……のですが、
今回、Watanabeがイラストを本格的に
商売にすることにして、
だんだんと表に出る機会も多くなった。

まあ、賢者のビジネス研究所関係のことでも、
これから出てくる機会は多くなる
……と思いますので、
何とぞよろしくお願いします。

「作品をもっと見てみたい!」
という方は、
インスタグラムで「RAAKO」を
検索してみてください!