カテゴリー別アーカイブ: 賢者の会

「相談力」って何だ?

第54回目の
「賢者の会」の話。
いよいよ24日の日曜と、
日にちも迫ってまいりました。
https://www.facebook.com/events/114045055937460/

今回のテーマは
大谷更生さんを講師に迎えての
「相談力」というものですが、
あまり聞き慣れない言葉だと思います。

それもそのはずで、
そもそもは更生さんが得意な
「ほう・れん・そう」のテーマから
思い切って「報告+連絡」を省き、
1つに特化してしまったもの。

理由が私がいま、
「相談の力」にとても興味をもっているから。
「困ったときは更生さん!」
というくらい、
多くの人の相談に乗ってきた人ですから、
学べることも大きいかな
……と思っていたわけです。


じつは私自身が仕事につまずいたとき、
現状を打開してきたのは、
「誰かに相談したこと」だったなあ
……とあらためて思います。

いま思い浮かべるだけでも、
3つの場面が頭をよぎります。

1つは2番目の小さな会社で
編集者をしていたときのこと、
ちょっと上層部と人の関係がギクシャクし、
当時お付き合いのあった著者先生に
相談をしたことがあったんですね。

「小さな会社は個人経営の面もあるからね。
そろそろステージを変えるときなんだよ」
……と、先生は私を諭し、
より大きな出版社に
私を紹介してくださいました。
これが私の
キャリアアップにつながっています。

2つ目は、その会社を辞めるときです。
本にはよく書いていますが、
編集の仕事で独立するつもりではあったので、
仕事をとるために
アップルシード・エージェンシー社長の
鬼塚忠さんに相談したわけです。

その際に、
「夏川さん自身が作家になってくださいよ」
と言われたことが、
私の現在を導きました。

3番目は「賢者の書店」をつくり、
それでもビジネスが思うように広まらないから、
会社の面々に相談したとき。

このとき、
いま現在「賢者の会」を一緒にやっている
デザイナーのWatanabeから、
「人がまったく来なくても構わないから、
リアルな勉強会を開催していきましょうよ」
という意見が出て、
これが「賢者の会」に
つながっているわけです。

結果、「賢者の書店」は
よりリアルなビジネスをする会社となり、
私の仕事も、さまざまな方向に広がりました。

思うに、
どんなスキルも、どんなアイデアも、
いまの流れが激しい時代、
長続きしていかないんです。
現代は1人の頭だけでビジネスをするのが、
かなり難しい時代になっています。

だからこそ積極的に
「自分の古い考え」を捨て、
他人の意見を仰ぐ必要がある。

「相談力」はまさに、
いまの時代に最も必要な、
「進化」や「革新」のための
能力なんですね。

まあ現在は私も、現況を突破するため
新しい相談を求めているとき
……なのかもしれません。
なのでぜひぜひ
今回は皆さんとともに勉強したいと
思っています!

下は今日のブログで出てきた人が、
けっこう含まれている
鬼塚さんをゲストに迎えた
「賢者の会」のときのものです。

第54回・賢者の会、テーマは「相談力」です!

9月24日の日曜日、
「第54回・賢者の会」を開催します!
場所は53回と同じく広尾。
14時30分からになります。
https://www.facebook.com/events/114045055937460/

今回のゲスト講師は、
賢者の会ではお馴染み。
すでにいろんなテーマで講義していただいています。
問題解決コンサルタント、
大谷更生さんですね!
http://otani-kosei.com/

 

つい先般、
33歳に隠された秘密』で
朝のワイドショーにフリップ出演もされた
更生さん。
でも、今回はまったく別テーマ。

「相談力」というものです。

じつはビジネス書でも、
あまり類書のないテーマ。
でも、じつはものすごく重要なスキルです。

というのも、

仕事に生き詰まった。
どうしていいかわからない。
あるいは何か新しいことを始めたいんだけど、
具体的な方法が見えていない……。
そんなとき一番確実な方法って、
一体何だと思いますか?

「誰かに相談をする」
……ということですよね。

相談することによって、
自分でも気づかないことに気づいたり、
そこから何か新しいことが
始まったりというのは、よくあります。

考えてみれば、
新プロジェクトが動き出したり、
あるいは新しい本の企画が始まるのも、
「相談から」というのは、
私の過去を振り返ってみても多かったです。

でも、一体誰に相談すればいいのか?
どんなふうに相談すればいいのか?
案外と「相談」って、
難しいことでもあるんです。

問題解決コンサルタントの更生さんは、
いままで数多くの方から相談を受け、
方向性をうながしたり、
新しい仕事をつくってきた方です。

なので今回のテーマには
ものすごく役に立つものになるでしょう。

なんとなく仕事が伸び悩んでいる方、
何らかのモヤモヤを抱えている方、
秋に新しいことを始めたい方、
どんな仕事にも役立つ
今回のテーマです。

ぜひふるって、ご参加ください!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

33歳に隠された秘密〜電子書籍から生まれたチャンス

「賢者の会」でいつもお世話になっている
問題解決コンサルタント、
大谷更生さんが、
TBSの朝の番組に、
フリップのコメントで登場したそうです!

内容は、
今井絵里子さんや、上原多香子さん、
さらには小倉優子さんや、
STAP細胞の小保方さんなど、
何かと世間を騒がす
「1983年生まれの女性」
に焦点を当てたもの。

今年34歳になる世代
……ということですね。

大谷更生さんが
コメントを求められたのは、
なんと「賢者の書店」の
電子書籍を読んでくださったから。

それが
『33歳に隠された秘密』
http://kenjabook.jp/pg97.html
というものですが、
5年前に私たちが
メルマガで配信していた内容をもとに
制作させていただきました。


テレビ局の目にとまったのは、
本当に光栄。
というかビックリしました!

あらためて本書を見ると、
非常に面白いんです。

「33歳」という年齢で
転機を向かえた88人の女性のエピソードを紹介しているのですが、

 

サッチャーさんは政治の世界に転進し、
クレオパトラは
ローマ将軍・アントニウスの子を生み。
楊貴妃は一族を唐の要職につけ始め、
キュリー夫人は教授職を辞退し、研究に専念。
宮部みゆきさんは『火車』が賞をとり、
与謝野晶子さんは初の詩を投稿、
オノヨーコさんは、
ジョン・レノンと出会いました。

成功も、あるいは悲劇も、
33歳のきっかけから。

本によると33は、
それは「厄年である」というだけでなく、
地域や宗教を超えて様々な意味をもった、
運命的な数字だそうです。

◆仏教……聖数
観音菩薩はあらゆる人を救うため、
33 種類に姿を変える
◆キリスト教……完成の数
イエス・キリストは33 歳のとき、
十字架にかかって昇天して神になった

そんな具合ですね。

まあ「転機」ですから、
今お騒げしている人も
ひょっとしたこれを機に大きな飛躍が
起こるのかもしれません。

たった399円ですので、
興味のある方はぜひ、
PDF版をダウンロードください!

なお9月の賢者の会には、
大谷更生さんが登場する予定ですよ。
そちらも楽しみにしてくださいね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「デザインの仕事」の可能性

賢者のビジネス研究所」の
デザイン関連の仕事の話。

デザイナーWatanabeの実績ですが、
ベンチャー企業さんの依頼でつくった
リクルートブース用の
「横断幕」と「椅子カバー」ですね。


Watanabeのサイトでも紹介されています。
横断幕(タペストリー)→http://jyoseiryoku.com/?p=1221
椅子カバー→http://jyoseiryoku.com/?p=1224

下は、印刷屋さんのフォーマットに従ったもの。
最終的なデザインは少し違います。
じつは私も、
下のほうの小さなキャッチコピーだけ
考えていたりします。


これが実際に印刷されると、
長テーブル1個分のブースの上に
目一杯、垂れ下がるくらいの
大きなものになるんですね。

それだけの大きなもののデザインは、
出版業界の仕事をしているだけでは、
あまり関与することもありません。
なんだか非常に新鮮でした。

リクルート用の品ですから、
ただ「目立てばいい」ということでは
ありません。
会社のイメージを一目で伝え、
その会社が欲している人の心に
うまくひっかかるようなデザインを
考える必要があります。

「何人の相談者が来た」ということでなく、
実際にどれくらい
その会社さんが望むような志望者は来たか
……で成否は判断される。
そう考えると、なかなか深いですよね。

それでも値段的には、
個数にもよりますが、
名刺をデザインするくらいの値段。
ならばデザイナーに頼んで
会社のブランドやイメージを強く打ち出す
……というのは、
費用対効果の高い投資かもしれません。

のぼり印刷」のサイトを見ると、
「のぼり」「旗」「うちわ」
「たすき」「ポスター」と、
さまざまなアイテムがあります。

なるほど、どれも使い方次第で、
さまざまな用途に
効果を発揮するものでしょう。

「賢者のビジネス研究所」としても、
希望があれば
デザイン業務の一環として、
こうしたグッズの制作協力を
させていただけたらと思います。
夏川もキャッチとか考えますよ(笑う)

興味のある方は
気軽に連絡くださいね!

30日「賢者の会」ミニセミナーは「編集者の企画術」

7月30日の日曜日は、
53回目の「賢者の会」。
すでに告知しているように
テーマは
「誰でもできるPDCA」ということで、
『図解でわかる! 回せるPDCA』
という本を上梓した、
経営コンサルタントの
藤原毅芳さんがゲスト講師。

申し込みと詳細は、
こちらのイベントページで
受け付けています!
https://www.facebook.com/events/130084497581895/

そしてメーン講義のあとのお約束。
30分で開催しているミニセミナーですが、
今回の
図解でわかる! 回せるPDCA』は、
秀和システムさんから発売されています。

直接担当ではありませんが、
「秀和システムさん」といえば、
私とは古い付き合いの方。
かつて別の出版社で
夏川の
『成功しちゃう「人脈」は
じつは公私混同ばかり』
を企画した
Tさんも編集者として活躍しています。
実際、藤原さんの本に負けず、
私がお手伝いさせていただいた本も含め、
ここ最近でも数々のヒットを
出しているんですね。

Tさんは、
次の「賢者の会」に
いらしていただけるとのこと。
なので今回は、
「ヒットがどのようにして生まれたのか
という背景を、
私がインタビューする形で
お聞きすることができたらと思っています。
題して
「編集者の企画術」のようなものですね。

取り上げる予定の本は、
次の3冊!

坂本玖美子さん著
頑張らなくとも一日3200万円
売れました

信長さん著
成功は気にしない人だけが手に入れる

立川光昭さん著
ユダヤから学んだモノの売り方

いずれも素晴らしい内容で、
話題になった本。
私も編集のお手伝いをした
『ユダヤから学んだモノの売り方』は、
つい最近、
重版の見本が届いたばかりですね。

編集者さんは、
世の中をどんなふうに見て、
どんな企画を「売れる」と考え、
本にしようと画策するのか?
その辺がわかったら、
「自分も出版したい」と考える人は、
参考になるでしょう。

実際に本を出版した藤原さんと、
本を企画する側の編集者さん、
そんな2本立てになりますので、
興味ある方は
気軽にのぞいてみてください!

「第53回・賢者の会」のお知らせ

7月の「賢者の会」の告知です。
53回目になりますね。
7月30日の日曜日で14時30分から。

場所は久々になります。
「広尾ありすいきいきプラザ」
有栖川宮記念公園のすぐわきにある
非常に美しい場所ですね。

申し込みと詳細は、
こちらのイベントページへ。
https://www.facebook.com/events/130084497581895/

今回のゲスト講師は、
「賢者のビジネス研究所」の
副社長ということで、
長く私のビジネスパートナーをして
いただいています。

経営コンサルタント、
fjコンサルタンツ」の
藤原毅芳がゲスト講師です。

じつは藤原氏、
10年ぶりの新刊が発売されました!

図解でわかる! 回せるPDCA
(秀和システム、1296円)
というもの。

いま、再び脚光を浴びているPDCAですね。

「P=プラン(計画)」「D=ドゥ(実行)」
「C =チェック(評価)」「A=アクション(改善)」

そもそも50代に日本に来て
品質管理を指導したデミングなどが
提唱した理論ですが、
いま見直されているのは、
ようやく現在になって個人レベルで
「生産性を高めなきゃ」という
ニーズが高まっているからでしょうかね。

ようするにこのPDCAは
基本の基本で、
チームマネジメントから毎日の自己管理、
個人事業の売上アップなどなど、
あらゆる仕事に活用できるものです。

大小、さまざまな企業に個人事業の人まで、
業種もほとんど網羅し、
経営者から新人まで、
あらゆるコンサルをしてきた藤原です。
このテーマは確かに得意技でしょう。

本に書いたことを合わせ、
「誰にでも活用できるPDCA」を
教えてもらいます。

まあ夏川と藤原の出会いは、
おそらく、お互いまだ20代だったころに
さかのぼるのではないでしょうか。

私は独立する前の、さらに前の会社。
とある先生の勉強会が
きっかけでした。

それから様々な人間と出会い、
さまざまな人間と疎遠になっていった
……のですが、
こうしてずっと業種を越えたことで
協力し合えるのは、
本当に素晴らしいですよね。

話は私よりずっと上手な人間ですので、
内容は確実に保証いたします!!

写真は昨年の2月に
未来予測を講義いただいたときのものです!

「賢者の会」から新しい「読書の会」が生まれます!

のび太でも売れます。』(水王舎)の
酒井晃士さん。
今回は私の
時間を使う人、時間に使われる人』と
マキャベリ「君主論」
を持っていただきました。


すでに告知している通り、
6月25日に開催する
「第52回・賢者の会」。
https://www.facebook.com/events/263032740839034/

メーンの寺田真理子さんの講義のあと、
30分のミニセミナーを担当するのは
酒井さん。
テーマはこれから始まる
新しい「読書会」についてです。

今日は東京ミッドタウンにて、
その読書会の内容と、
ミニセミナーの内容について
打ち合わせる時間を持たせていただきました。
デザイナーのWatanabeと
3人での会議になりました!

考えてみれば、
「読書」という習慣は、いまの日本では
だんだんと死語にすらなりそうに
なっています。

でも、
「時間があれば本を読みたい」
「読まなきゃ」と考えている人は多い。
そういう人に、
機会を与えることはできないか?

でも、そもそも「読書」というのは、
1人でめいめいに好きなものや
役に立つものを読むから
意味のあるもの。
それを会にして、どうしようというのか?

著者である私としては
何より本の告知ができ、
それを皆が紹介して、
「この本は面白いよ!と
評判を拡散してくれるようなことが起これば
とても嬉しい。

同じことを考える著者の方、
あるいは版元側の方は多いでしょう。

「本を読むためにつくる時間」が、
他の時間を犠牲にするものになっては
仕方がない。
また集客できる人数で、
結果が決まるような会にしたくない……。

すでにいろんな形の読書会を試し、
チャレンジを続けてきている酒井さん。
考えてみれば私との出会いも、
『武士道』を紹介していただいた
読書会からでした。

ともあれ、
できることから始めよう……と。
なんとなくのアイデアは整いました。

おそらくは誰でもが気軽に
思い思いのやり方で参加でき、
自分が好きな本を読み、
また著者にとっても宣伝効果がある
SNS時代に相応しい会になるのでは?

詳細は25日に紹介しますので、
楽しみにしてください!

6月の「賢者の会」、テーマは「読書」です!

6月の「第52回・賢者の会」の
予定が決まりましたので、
告知させていただきます!

6月25日・日曜日の
14時30分から。
場所は麻布十番にあります
「麻布いきいきプラザ」

テーマは
「可能性を広げる読書法」
ということで、
ゲスト講師に日本読書療法学会会長、
翻訳家であり、作家でもある
寺田真理子さんをお迎えします!

申し込みはこちらへ!
https://www.facebook.com/events/263032740839034/

写真は2013年に、
寺田さんが『日日是幸日』という
著書を出されたとき
……ではなかったかと思います。
出版パーティのあと、
大谷更生さんと
Watanabeとともに。
喫茶店での些細な二次会ですね。
懐かしいです。

寺田さんとは長い関わりです。
その理由は、寺田さんはずっと
「本」にかかわる仕事をなさっているからでしょう。
最近も『虹色のコーラス』と
認知症を乗り越えて生きる
という素晴らしい本を翻訳しています。


しかし出版する以上に、
寺田さんは自身が病気をされたときに
本を通して、
立ち直ったという経験をもっている方。
だから「読書でどんなことが可能になるか」を
真剣に考え、
皆にその効果を伝えようと、
日本読書療法学会」を
立ち上げているんですね。

その関わりで、教育や癒しなど
さまざまな分野で活躍する
作家さんとお会いする機会を得ました。
また私の『武士道』なども愛してくださり、
新渡戸稲造さんの子孫となる
歌手の方なども紹介していただいています。

私もやはり本の世界で
ずっと仕事をしてきた人間。
この業界が活性化していかないと、
本当に困ってしまう立場です。

なので「読書の力」を再考するために
寺田さんを招く「賢者の会」は、
以前からずっとやりたいと思っていました。

今回はやっと、その念願が叶ったわけですね。

なので本が好きな方はぜひ、6月の「賢者の会」にいらしていただければと思います!

なお、その前日には、
渋谷の大盛堂書店さんで、
『認知症を乗り越えて生きる』の
トークショーも。
http://www.taiseido.co.jp/sbd20170624.html


また「第52回・賢者の会」の
ミニセミナーでは、
新しい読書会を立ち上げる話もありますよ。
こちらは酒井晃士さんが登場です!

夏川の新刊発売! ミニセミナーもやります!!

夏川の新刊
時間を使う人、時間に使われる人
(きずな出版、1404円)
が発売日されました!

「10人の成功者に学ぶ人生を変える技術」
とある本書。

土台となった
『成功者に学ぶ時間術』の構成に従い、
著名人の時間術を軸にしながら、
私たちが学べるハウツーを
解きほぐしていく……
という形をとっています。

いままで小出しにしてきた10人、
初公開すると、次のようになります。

ムダな仕事をなくす……トヨタ式生産術(大野耐一)
仕事の処理量を増やす……ナポレオン
優先順位をつくる!……スティーブン・R・コヴィー
情報を使いこなす!……レオナルド・ダ・ヴィンチ
コミュニケーションロスをなくす!……チャーチル
脳の力を活用する!……ピカソ
決断を速くする!……孫正義
仕事に「流れ」をつくる!……グーグル(ラリー・ペイジ)
人にふり回されない!……イチロー
周りの人を上手に使う!……坂本龍馬

エピソードを紹介しながら、
「考え方」を抽出し、
ハウツーに落とす……。
なんとなく私の著作の
原点に返った形になりましたね。

もちろん3冊目に出した本を
リニューアルしたのですから、
当然といえば当然ですが(笑)

あれから30冊以上書いてきたいま、
当時の本を、いまの視点で書き直すのは
新鮮でした。
読みやすく、役に立つし、
少なくとも面白くまとまってはいると
思いますので、
気軽に手に取っていただけたらです!

なお5月28日の「賢者の会」。
メーンは『評価の基準』という本を出版する
國武大紀さん。
「人に正当に評価されるコツ」
という内容になります。

そのあと30分になりますが、
私も自分の新刊の読み方も
お話させていただければと思っています!
こちらも楽しみにしてください!


詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/events/1348258295243689/

第50回賢者の会・コミュニティづくりを学ぶ

銀座で第50回・賢者の会を開催しました。
G.Wにも関わらず、多くの方に集まっていただきました。
参加者の皆様、誠にありがとうございます。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=2721

細く長くコツコツと続けてきた賢者の会もついに50回目を
迎えました。
今回はメモリアルに相応しく、会社員でありながら、
ハンバーグの会やマネーの会、ライフの会など、
コミュニティ作りで成功しています、中村薫さん
講師をしていただきました。

一体、いつお休みしているんですか?(笑)と、聞きたくなるほど、
目まぐるしくご活躍されています。

最近、薫さんは、『人見知りで出不精のOLがコミュニティの女王になった理由』
という本を出版されました。

Facebook上では、いろんな方々が薫さんの本を読んだ感想や
書店での平積みされている写真などがアップされ、
お祭りのように盛り上がっています。

本の出版が決まったきっかけも、
コミュニティに参加されていたライターさんが出版社に企画書を
通してくれたからだとか。

今日の講義では、出版が決まったことやコミュニティを無理なく継続させる方法や
ノウハウなど、出し惜しみなくたっぷりと教えていただきました。

特に20名の参加者に対して、
1対1のように接する×20回もやる姿勢には、
参加者のことを思いやる誠実さを感じます。

以前、ハンバーグの会に参加させていただいたことがありますが、
初対面の方を何人も直接紹介してくださったので、
「あの人とお話できなかった!」なんてことにならずに、
楽しい時間を過ごすことができました。

これから、コミュニティを作ってみたい!
コミュニティ作っているけど、うまくいってない!
という方は、薫さんの会に参加してみると、
良いヒントをいただけるかもしれませんよ。

コミュニティを続けていくことは、ラクではないですが、
そこからお仕事や人を紹介してもらえたり、
プライベートでも遊べるような仲になったりと、
良いこともあります。

今回に関しては、看護師の古屋麻美さんが
メモリアルクッキーをプレゼントしてくださいました。
メッセージカード付きで嬉しいです!
しかも、デザインは私の好きなマカロン♪
いつももらってばかりですみませんm(_ _)m

EYトレーディングの山下栄子さんが
新商品の黒イチジクのドライフルーツをプレゼントしてくださいました。

なんと、砂糖不使用のドライフルーツなんです!
1粒食べましたが、ジューシーで美味しい!
残りは料理で試してみようと思います。

後半は、『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる。』の著者、
野口健幸さんに「考えない投資」というテーマでFXのさわりを
講義していただきました。

サプライズで野口さんのFXスクールに通う生徒さんもプレゼンしてくださったりと、
密度の濃いミニセミナーでした。

今回の会場は、野口さんのセミナールームです。
快く貸していただき、ありがとうございました。

そして、懇親会の会場探しも満席ばかりで困っていたのですが、
野口さんのおかげで、行きつけのリーズナブルな焼き鳥屋さんに入れて良かったです。

こちらの撮影は参加者の山村厳さん。
いつも綺麗な写真を撮っていただき、ありがとうございます。
みなさんに支えられながら、50回続けてこられた、賢者の会。
これからもよろしくお願いします。