日別アーカイブ: 2012/05/21

願いをかなえる100のルール

タイトル:『願いをかなえる100のルール』 発行:アスペクト
著者:植西聰さん

本書は幸運の女神を味方につけて、奇跡を起こす。
「いまの自分」を変えたいあなたを応援する成功法則集。

今まで、植西先生の本には、何度も癒され元気づけられました。
やさしくわかりやすい表現でアドバイスしてくれてますので、
あまり負担になることなく、読むことができます。
なので、悩んでいる友人に本を貸したことは何度もありますし、
ちょっと疲れてる時は無性に読みたくなる素敵な本ばかりです。

今回も期待以上の内容でした。
マイナスの感情になった時の思考転換や解決策など、100パターンも紹介。

その中でもあまり無理なく続けられ、ポジティブ体質になれる方法と思ったのは、
「寝る前に、その日にあった3つの良いことを、理由をつけて書き出す。それを1週間続けてみる」

これを実際に研究したアメリカの博士がいて、何人かに試してもらったところ、
始めてから1週間後に、うつの症状が軽くなった、幸せな気分が高まった人もいたそうです。

ある女性は、
「1週間を振り返ってみると、良いことがない日はありませんでした。
お風呂が気持ちよかったとか、ご飯がおいしかったとか、
あたり前だと思っていたことに感謝の気持ちがわいてきました」とのこと。

つまり、起こったできごとや事体は変えようがなくても、
自分の感じ方や、受け取り方が変わっていくそうです。

ふだんはあたり前でも、失ってから有り難さに気づくものは多いですね。
でも、失う前に気づければ、日常に幸福感を感じられます。

本書は人間関係や恋愛、将来の夢、お金の問題などに
悩みを抱えている人にはもちろんのこと、
日頃からの自分の取り組みを再確認する上で読むこともお薦めだと思いました。

恐れない技術

タイトル:『恐れない技術』 著者:桜井章一 さん
発行:ソフトバンク文庫

本書はプロの雀師である著者が、何が起きても「恐れずに冷静にいる」
ためのノウハウを語ったもの。

人は、窮地に立った時や仕事でミスを連発した時、大切なモノをなくした時など、
冷静ではいられなくなると思います。
パニック状態になってしまうと、また更なるミスをし、時間もムダに使ってしまう悪循環。
こんな時こそ、落ち着いて行動ができたらいいのに…!と、思ってしまいます。

そんな方こそ、是非、本書をお読みください。

著者の桜井さんは、大怪我をしても、パジャマに火がついて火傷しても、
車に轢かれそうになっても、
「まぁ、死ぬなんて別に大したことじゃないさ」と腹をくくるとのこと。

桜井さんがこれまでさまざまなことを恐れなかったのは、
「恐怖」をまったく感じなかったというより、
心の柔らかさがつねに保たれ、
そのおかげで「こんなこと、大したことではない」とその状況を楽しめたからだそうです。
勝負事には、どんなピンチな状況でも楽しめることが大事なのでしょうか。
流石!プロの雀師と思いました。

考え方も楽観的で「明日の心配は明日すればいい」、「今を生きればいい」

先のことを考えることも大切ですが、
「今を一生懸命生きたい」「今しかできないことをやりたい」と思いました。

論理的に考える技術

タイトル『論理的に考える技術』 著者:出口汪 さん
発行:ソフトバンク文庫

物事を論理的に考えたり、話したりすることが苦手な私。
本書を読む前は、内容がちょっと難しいのでは?と、思っていたのですが、
主人公のゆい(OL2年目)が、著者に「論理的に考えることができると、どうゆうメリットがあるのか?」
「どうすれば、論理力がつくのか?」などを突き詰めていく対話式の本。
なので、わかりやすく、とても読みやすいです。

論理的に考えることができるようになると、
自分の考え、思いを相手に伝えることができる。
客観的に分析をすることができるので、良い企画書を作成できる。
など、良いことづくめ。

もちろん、論理力だけでなく、感性も大切だと思います。
何気ない時に思い浮かんだ、ひらめきやアイデア…。「これは、仕事に使えそう!」
こういう時こそ、論理力があれば、ひらめきを形にすることができる。
他の人に理解してもらえるように、企画書を考えたり、
プレゼンテーションがうまくいくとのこと。

私も仕事や趣味で、「楽しかった!」と思ったことは、
「なぜ、楽しかったと思ったのか?」
「それを周りに波及させるためにはどうすればよいのか?」と、
物事を掘り下げて考えるようにしています。
それは、良いことばかりでなく、反省する時にも…。
その方が自分自身の成長にもつながると思います。

本書は、まさに今の私にピンポイントでした!
論理力をつけたい方は、是非、お読みください。