麻岡さんご夫妻と夏川と武相荘を訪問

高知で「ファーム輝」というトマト農家を経営している
麻岡さんご夫妻。

毎年この時期は、農業の閑散期で、
1年お仕事を頑張ったご褒美として、休暇をとって友人や取引先を訪ねたり、
観光を楽しんでいらっしゃるそうです。

嬉しいことに今年も東京へ来てくださいました!

夜は、麻岡さんの取引先である、
六本木の「CUCINA  BUONA  ITALIANA  KNOCK」
というイタリアンレストランの
食事会にお誘いいただきました。

725-1

昼間もお時間が大丈夫ということで、麻岡さんリクエストである、
白州次郎さん白州正子さんが晩年まで過ごされた
「武相荘」へ行ってきました。

725-2

白州次郎さんの愛車の1つである、「ベイジ・グレンブルック」
がありました!!
晩年までポルシェを乗り回したくらい車好きだった、次郎さん。

軽井沢ゴルフ倶楽部理事長も務め、身長は180センチ以上もある美男子。
カッコよく運転している想像がつきます↓

725-3

次郎さんのカッコイイ生き様について、
こちらもご参考に→http://gao-kai.com/index.php?eid=1335

725-6

緑がたくさんある、「武相荘」は、

正子さんのように文章を書いたり、創作活動をする方には
想像力を豊かにでき、良い作品ができそうだな〜と思いました。

ただ、唯一の欠点は「蚊」が多いんです。

いたるところに蚊取り線香があるのですが、
少し離れたところに行くと、わずか数分で3、4カ所刺されることに!!
キンカン置いてありましたが、蚊にはご用心を。

725-4

次郎さんと正子さんが晩年まで過ごされた家↓

残念ながら、中の写真を撮ることはできませんでしたが、
とても粋な作りでした。

玄関や窓から見るたくさんの自然がとても素敵でソファーで
ずっとくつろいでしまいたいくらい…。

おしゃれな家具や器、グラス、浴衣などもたくさんあり、
お二人のセンスの良さ、ライフスタイルをイメージできました。

次郎さんが竹で作ったランプや棚もとてもステキで
次郎さん何でもできてしまうのね〜と感動♪(^^)

正子さんの書斎室は掘りごたつになっていて、机の正面には窓。

窓から見える景色は緑がいっぱいの自然。

机の両サイドには本棚。

緑とたくさんの本に囲まれている書斎室は、
執筆活動するにはいいなぁ〜、私もこんな仕事部屋が欲しい!と
羨ましい気持ちでいっぱいでした。

725-5

次郎さんと正子さんはお互いに一目惚れからお付き合いしたそうです。
ラブレターがとてもステキだったのでメモらせていただきました(笑)

 次郎さんから正子さんへ

「君こそ僕の発想の源であり、究極の理想である」

 

正子さんから次郎さんへ

「最愛の人へ」

このラブレターには、まるさん(麻岡さんの奥様)と
「言われてみたいね〜」と盛り上がってしまいました(笑)

725-7

今日は、とても素敵な夏の午後を過ごさせていただきました。
お誘いくださいました、麻岡さん、まるさん、ありがとうございました。