賢者の書店では「ブログ執筆」も行なっています!

賢者の書店を運営している

夏川(中川)の本業は、作家であり、

ライターであり、出版プロデューサーです。

いまさら言うまでもないかもしれませんが(笑)

ただ、出版関連の仕事が、不況でなかなか厳しくなっている……ということで、

夏川は今年から、それ以外の仕事でも
しっかりとした柱ができるよう、
試行錯誤しながら、
いろんなプロジェクトを立ち上げています。

主には、
1.電子出版業務
2.セミナー業務
3.出版以外のライティング業務
ですね。

1はご存じの通り、
「未来への布石」といった
意味が大きいのですが、
「賢者の書店」を中心に、
「賢者の会」を開催することで、
多くの皆さまの協力をいただいて
前進しております。

また2も、文章教室が始まり、
なかなか好スタートが切れました。
こちらも本当に、
皆さまのお陰さまですね(笑)

で、その傍ら、地味ですが、
3のライティング業務というのも、
徐々にクライアントさんができ、
受注をもらえるようになっています。

たとえば、とある英語学校のブログ代筆というのを、
現在は受けさせていただいているんですね。
社長さんなどに取材をさせていただき、
生徒さんに興味を持たれそうな話題で、
コンテンツを制作する。
月2回で、
まあ良心的なお値段でございます(笑)

本を書くのと違って、
短めの文章での勝負……となりますが、
「相手のお客さまを喜ばす」
とともに、
企業理念や会社の目指すところをしっかり出し、
ブランド力の強化をはかっていく……。

本のコンセプトとは少し異なりますが、
これもなかななか面白い作業。
いや、勉強になりますね。

ブログだけでなく、
テキストや小冊子と、
だんだんとこうした仕事が増えてきたのは、
非常に嬉しいこと。
案外と作家としての
成長にもつながるのではと思っています。
いずれは本の著作にも反映できるでしょう!

この時代に、私のような
講演家ではない、
普通のビジネス作家に何ができるか……。

すべては挑戦でありますが、
できていく人とのつながりと合わせ、
すべてが相乗効果で、
皆さんに貢献できるビジネスになれば、
素晴らしいですよね。

なお、ライティング事業について
詳しくはこちら。
http://kenjabook.jp/pg106.html
info@kenjabook.jp
で受付はしております!

下の写真はその1つですが、

使い古された
「LONGMAN」と「ROGET’S」の辞書。
いろんな仕事を、これからも始めていきますよ!

DSC_0415