第10回・賢者の会を開催させていただきました

11月9日は東京の飯倉にて、
第10回の「賢者の会」を
開催させていただきました。

何より学びが深かった
……というのは、
「プロモーション・シナリオライター」
を名乗っている大谷更生さんによる
自己発信のための
「動画づくりのノウハウ」です。

これほど奥の深いものとは、
協力いただいている私自身、
理解していませんでした。
コンセプトを知ると、
本当に面白いんですねえ〜。

その理由を知っていただくには、
こちら私たちが主宰する
「作家なりきり合宿」の
プロモーション動画を見ていただくと、
非常にわかりやすいかもしれません。
http://www.youtube.com/watch?v=asUnhC1qbY8&feature=youtu.be

何よりここで出てくるのは、
私、夏川が編集者役になり、
課題を与えた生徒さんに
「原稿はいかがでしょうか?」
と、催促するような場面……。

確かに
「文章力養成講座」をやっていると、
そんなシチュエーションも
なきにしもあらず……ですが、
果たしてこれで内容がわかるのか?

「どんなことをやるのか?」とか、
「一体、どんな目的で開催されるのか?」
とか。
まったくわからないのですが、
それでいいのか……?

じつは私自身も少々、
疑問には思っていたんですね。

でも、いいんです!

なんでもプロモーション動画を
皆がちゃんと見てくれる時間は、
おおむね1分。
そのなかで必要なのは、
相手に一体、何をしてほしいか?
……ということ。

「イベントに参加してほしい!」
それは理想ですが、
じつは1分の動画で簡単にそうなるほど
世の中は甘くありません。

なら「何を目的にするか」といえば、
答えはちゃんと動画の最後にあります。

「作家なりきり合宿」と検索して、
詳しい情報を見てもらうということ。
これに尽きるんですね。

つまり「作家」という
キーワードに引っかかり、
興味を持ってくださって、
「何をやるのかとても気になる」
と感じた方が、検索して内容を知り、
「なるほど、面白そうだ」と、
申し込みを検討する……。

そうしたアクションを誘導しているんですね。
だから今回はあえて、
「わかりにくく」しているわけです。

じつは同じように作られているのは、
トヨタのプリウスのCM。
阿部寛さんが「ハイブリット人間」を演じている
非常にわかりにくいCM
……なんですが、
じつは「61」というキーワードが、
非常に気になるようにできている。

つまり「リッター61キロ」という特徴を、
車の購入を検討している人の頭に
刷り込む「仕掛け」が存在しているんです。

こんなふうに「動画」のノウハウ、
知れば知るほど面白いです!
気になる人は、
ぜひ「大谷更生」で検索を
……ですかね(笑)

賢者の会でもこのテーマはぜひ、
これからも追い続けたいです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA