日別アーカイブ: 2014/04/02

第14回賢者の会:文章上達の裏技を実践してみよう!

三田で第14回賢者の会を開催しました!

消費税増税前の中、多くの方が参加してくださいました。

ありがとうございます。

0330-1

ゲスト講師は、プロのライター・安藤智子さん。

 テーマは「文章上達の裏技術」

0330-2

今まで、プロのライターさんから、文章上達の秘訣を聞いたことがなく、
とても楽しみにしていました。

 

安藤さんはキャリアがすごいです!
文庫や新書など多数の本を
編集協力、リライトの実績を持っている方なんですね。

そして、現在は作家として小説も書き、
「三田文学」という
「慶応大学出版会」が出している機関誌の冒頭を
飾っています。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1583

0330-3

安藤さんが培ってきた経験の中、
文章上達の秘訣は、

「他人の文章をリライトすること」

だそうです。

リライトとは、他人の文章をわかりやすく書き直すこと。

自分の欠点は気付かないが、他人の欠点は気付く。

人のふり見て我がふり直せ、だそうです。

「自分だったらこう書く」と、
意識を持って書いたり読んだりすることが大切である。

そして、難解な文章を、
一読ですっと理解できる文に書き換えることができたら、
筆力は確実に向上しているとか。

これには、「なるほど〜!!」と思いました。
ブログやFacebookの投稿を見て、
「何を言っているのかよくわからない」記事を見ることがあります。

頭では「この文章わからない!」と思うのですが、
「では、この文章をどう書き直したらわかるか」と考えると、
わからないこともしばしば。

これが一読でスっとできたらいいですよね。

0330-4

講義を聞いたところで、
ちょっと残念な文章のリライトを実践!

カッカカカカカカカァァァァ!

と、会場内に書く音が鳴り響き、
頭が真っ白になった、学生時代の試験を思い出す(苦笑)

そして、ちょっと緊張(笑)

0330-5

代表で夏川がリライトワークの発表。

そして、安藤さんが答えの発表。

リライトに関しては、100%これが正しい!

というのはないそうですが、

押さえておきたいポイントやてにをはの使い方、
文章の校正を教えていただきました。

安藤さんの講義を聞いて、
ライターさんというのは、言葉のコンシェルジュと言っても、
いいのかなぁ、と私は思いました。

今回のワークでは、A4・1枚にも満たないワークでしたが、
ライターさんは何百ページもの難解な文章を早いスピードで手がけています。

これがプロか、プロではないかの違いかなと思いました。

0330-6

テクニックだけでなく、
言葉を知る面白さも教えていただきました。

言葉の使い方によって、文章の良し悪しは大分変わります。

たとえば、
「さみしい」でもどんな風に「さみしい」のか。

言葉を知っていれば、自分が伝えたい「さみしい」を
表現することができます。

感情もそうだし、言葉を知らなければ考えることもできない。

言葉を知ることは、自分が伝えたいことを表現することができる。

それは人間の欲求を満たすことができると言ってもいいかもしれません。

まさに人生を豊かにすることができると思います。

それに文章力もあれば、なおさらいいですよね。

安藤さん、わかりやすい講義をありがとうございました!

0330-7

後半は夏川の講義。

テーマは『ワンテーマの文章術』

賢者の書店発売の

『勇気を与えてくれる言葉の贈り物』

を題材にして、事例集めや専門能力のアピール術を
レクチャー。

せっかくブログを書くのであれば、
できれば多くの人に読んでもらいたい。

自分はどうゆう専門性に長けているかを
読者に知ってもらいたい。

たとえば、営業術やコミュニケーション、教育など。

この専門性を毎日発信し続けるということは、
なかなか大変だと思います。

0330-8

しかし、作家として本を書ける人は
その道の事例を人一倍、持っている人だとか。

いろんなテーマをごちゃごちゃ書いて、
主旨のわからないブログになるよりは、
1つのテーマで毎日書き続けている人は
プロだなぁと思います。

やはり、毎日だとネタはなくなりますしね……。

小さなネタでも内容をふくらますことができれば
それでもいいのかもしれません。

その前に私の場合は、ブログの更新率も低いのでそこが問題(反省)

ぜひ、作家を目指している方は、
定期的なブログ更新をしてみてはいかがでしょうか。

お金に仕事、幸福はすべて「人」が運んでくる

夏川が編集協力させていただいた本の
紹介です!

トニー野中さんの
世界の大富豪2000人がこっそり教える
「人に好かれる」極意

(王様文庫、600円+税)
という本。

そう、大ヒットを続けている
世界の大富豪2000人が
こっそり教えてくれたこと

に続く、早くも第2弾ですね。

3月末から
全国書店で発売になります!

大富豪と人間関係、
そりゃあお金持ちには
たくさんの人が群がってくるだろう
……なんていう
単純な話ではありません。

なんせ「お金持ち」でなく、
「大富豪」なんです。
どうしてそこまでの
富に恵まれたかといえば、
人に恵まれたからなんです。
それに尽きます。

たとえば片腕となり、
自分の会社を様々なジャンルにまで
広げてくれるような人。
新しいプロジェクトの、
アイデアを提案してくれるような人。
表に出ない投資情報や、
経営指南のノウハウを教えてくれるような人。

もちろん人生を支えてくれるような、
パートナーや友人を含め、
どこかで素晴らしい人とめぐり会い、
また紹介される。
それだけの信用つくれた人だけが、
「億万長者」と呼ばれるような
スーパーランクの成功を
手にするわけです。

彼らは富を持っているだけでなく、
心から信頼できる人に囲まれた
幸福感にも恵まれている
……というのが、
本当のところなんですね。

では、彼らがどのように人に好かれ、
その人間関係を広げているのか?
それを紹介したのが本書になります。

トニー野中さんは、
ジェット機やゴルフクラブの開発に
携わってきた経緯で、
世に知られない多くの大富豪たちと
交遊関係を持ってきた方。

現在は彼らに教えられたノウハウを、
私たちに伝える活動をなされています。

つまりは本書、
本当の人間関係の達人たちから
学んできた智慧を凝縮した、
まさに「人付き合いの極意」を
紹介した本になっているんですね。

前作同様、
ゼッタイに読んでおくべき本だと
思いますよ!

51honiQ1

「第14回・賢者の会」を開催しました

3月30日、東京の三田にて
第14回目の「賢者の会」を
開催させていただきました!

お集まりくださった皆さま、
本当にありがとうございます!

今回、講師を務めてくださったのは、
プロのライターである
安藤智子さん。

考えてみれば私も、
同業の仕事をしている方の文章講座
……というのを、
あまり聞いたことがありません。
果たして他の方が、
どんなふうに仕事をしているのか。
興味津々で聞かせていただきました。

「作家」として
「三田文学」の冒頭を飾る小説にも挑戦している安藤さん。

ただ、最初から
「作家やライターになろう」
と努力をしたわけでなく、
たまたまリライトの仕事を引き受けたことから、
文章を書くコツを身につけ、
プロになったということです。

確かに私自身も、
そもそもライティングスキルというのは、
出版社で編集の仕事をしながら
身につけたもの。

編集の仕事には企画づくりもありますが、
「他の人の文章を直す」ことも、
もちろん嫌というほどやるわけです(苦笑)

でも、プロの文章に生で触れ、
しかもその文章に手を入れていく
……という作業は、
文章を学ぶ際の近道かもしれませんね。

セミナーでは「リライト用の課題」も
用意していただき、
非常に実践的なワークを体験できました。
自分もやってみようかな。

ただ、大切なのは継続すること!

じつは
「ライティングの幅をもっと広げたい」
ということで安藤さん、
ベテランとして数々の執筆を
すでにしているにも関わらず、
40代を過ぎてから、
慶応大学に行き直している
……というんですね。

その経験から、現在は流行の
ライトノベルの編集作業にも
かかわっているそうです。

なるほど、自分のつくってきた型に
保守するのでなく、
つねに新しいものを学び、
技術を進化させる姿勢こそが
一番大切なことなのかもしれませんね!

これからの活躍も、
とても楽しみな方です(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA