月別アーカイブ: 2014年6月

虎ノ門&新橋で楽しい懇親会

賢者の会終了後は、お時間のある方で懇親会。

お店は、「てけてけ」という居酒屋さん。
じつは、前回と同じお店にしようかと思っていましたが、

「行動パターンを変えると新たな発見がある!」

ということをセミナーで酒井さんから教えてもらいました。

アドバイスを聞いて、ちょっと遠くまで
歩きましたら、良いお店が見つかったのでよかったです(^0^)

3-0525-1

「今までと違う行動パターンをする」ことは、
私の今年の取り組みでもあります。

行動パターンを変えて、良いこともあれば、
失敗することもありますが、良い気づきになっていいですね(^-^)

3-0525-2

お料理も美味しく、リーズナブルでよかったです!

3-0525-4 

今回、勉強会やセミナーに参加したことがない方もいました。
賢者の会をきっかけに「これから興味のあるセミナーに参加してみよう」
と言ってくださり嬉しかったです。

3-0525-3

 

参加者の皆様がお互いに楽しく交流&つながること
ができました。

皆様、ありがとうございます。

懇親会終了後、
さらにお時間のある方でお茶会しました。

お店は新橋駅向いの新橋珈琲店。

週末の虎ノ門のカフェは営業時間が短いお店ばかりですので、
新橋まで歩きました!

3-0525-5

頼んだのは、ガッツリパンケーキ!

3-0525-6

日曜日の午後8時過ぎに全員パンケーキという不思議な光景!(笑)

3-0525-7

ビジネスや面白いお話もできたりと、
充実した時間を過ごさせていただきました。

次回の賢者の会は6/28(土)の開催です。

詳細はこちら→https://www.facebook.com/events/1425798884362649/?ref_dashboard_filter=upcoming

早くも明日開催ですね!

まだドタ参加可能ですので、興味のある方は
info@kenjabook.jp賢者の書店のFBまでお知らせください。

あなたは自分が好きですか?

「あなたは
『自分が好きですか?』と聞かれて
『YES』と答えられますか?」

この問いかけ、
「一生使える文章力養成講座」
の課題で、
パーソナルコンサルタントの
後藤妙子が書いてくだった
「本のまえがき」の冒頭部分です。

自分に自信が持てないでいる……。
大勢いますよね。
別に臆することはありません。
夏川だって、そういう人間の1人。
でも、後藤さんは、
この「自信のなさ」は、
“自分”というパーソナリティに対する、
“誤解”から生まれていると言います。

それを解決するヒントが、
「色」にある……ということなんです。

「自分への理解を深め、
同時に他者に寄り添えるだけの
ゆとりを持った心に導く
魔法が色には秘められています」

すでに告知していますが、
6月28日の午後に
「賢者の会」で
後藤妙子さんに講義をしていただきます。そしてまさに色によって
「自分を理解し、
他者にその自分をアピールする」
という手段が今回のテーマです。
「パーソナルカラー」になるわけです。

後藤さんから当日に使う資料を
いただいたので、
今回は少し紹介させていただきますが、
そもそも「パーソナルカラー」の定義は
こういうことになります。

「人の髪や目の色など、
もともと持っている素材に対して調和する
色のグループを知り、
その色みを身に付けることにより、
品格を上げたり、
健康的に若々しく見せたり、
信頼度をアピールしたりする」

これがすなわち
「カラーコーディネート」の手法ですが、
後藤さんの場合はさらに
「心理」にまで分析を深め、人をいくつかのタイプに分類します。
これが独自の
「トゥルーズカラー」の手法なんですが、
今回紹介しているのは、
4つに人を分類する方法。

「あじさい」「ゲレンデ」
「花畑」「紅葉」

……ということですが、
この4つの分類を血液型のように
自分や周囲の人に当てはめれば、
上手に自己アピールをしたり、
人の心をつかんだりすることも
可能になってくるというんですね。
仕事ではもちろん、
普段の人間関係づくりにも役立ちそうな
今回のテーマ。
面白いものになると思いますよ!

なお28日は14時から。
場所は「飯倉いきいきプラザ
会費は2000円ですね。

申し込みはこちら→facebookページ
のほか、
info@kenjabook.jp
でも受け付けます!

写真はこちらも資料で使われる色の表。

どんなふうに使われるんでしょうね?

color

 

第16回賢者の会を開催しました!テーマは営業

虎ノ門で午前中は、

武士道を会得する会を開催しました。

休憩後は、第16回賢者の会!

2-0525-1

今回の講師は、
NTT  DOCOMO勤務で営業マンの酒井晃士さん。

一生使える文章力養成講座の1期生兼スタッフをしてくださっています。

テーマは、「自分をプロデュースする営業術」

2-0525-2

たくさんのパワーポイントを使って講義してくださいました。

まずは、参加者の方に「営業のイメージって何ですか?」と聞く酒井さん。

いつも酒井さんは笑顔で穏やかな人柄だからか、
みなさんリラックスして思ったことを発言。

今日は酒井さんつながりの方が多く参加してくださいました。

2-0525-3

入社以来5期連続で目標達成率300%以上を実現。
20代で3度のビジネス表彰(社長表彰)を受賞するという、
すごい実績を持つ酒井さん。

酒井さん曰く、売れる営業とは、

強引に売り込む営業ではなく
「この人と一緒に働きたいな」
「この人と一緒に居たいなぁ」と思われる人

だそうです。

確かに、「この人から物を買いたい」と
思わせるような営業の人は、そう思いますよね〜。

2-0525-4

「この人と一緒に働きたいな」
「この人と一緒に居たいなぁ」

と思われるためには、どんなことをすればいいのか?

そこを切り口に、4つのワーク!

①「一緒に働きたい人」って?
②自分を知る 前項で「一緒に働きたい人」と自分の違いは何か?を考える
③自分を知る 自分から見た自分 他人から見た自分
④「一緒に働きたくなる」ちょっとしたワーク

2-0525-5

いやぁ〜、4つのワーク、とても面白くて
会場内は大盛り上がりでした。

③のワークは、初対面の方と組んでやったのですが、
自分から見た自分と他人から見た自分がほぼ一致してちょっと安心。

心理学を勉強してたこともあり、
自分から見た自分と他人から見た自分が一致している人ほど、
コミュニケーションがうまくいくと聞きました。

営業も同じことが言えるんですね。

2-0525-6

中には、自分が見た自分と他人が見た自分の印象が
真反対のペアも!

このワークは、太陽か月、暖色か寒色でどこの位置に
自分はいるのかを考えるワークです。

人によって、太陽や月、暖色や寒色の定義は違います。

コミュニケーションがうまくいかないことって、
このような勘違いなのでしょうか?

自分の先入観でコミュニケーションすると
失敗するのかな?と思いました。

2-0525-7

最後のワークは、60秒間笑顔ワーク。

最初、60秒と聞いて、

「多分、ラクにできるだろう」

と思ったのですが、実際やってみて、
結構、最後のほうはキツかったです。

心の中では「早く時間経ってくれ!」と
思っていました(笑)

そんな中、酒井さんはとびきりの笑顔なんですね。
流石、笑顔番長!

2-0525-8

ふだんは、パソコンで仕事をしているので、
笑顔が少ない生活の私。

表情筋鍛えたいと思いました(笑)

2-0525-12

やっぱり、「笑顔」っていいですね!

60秒間笑顔ワークが終わってからも、
しばらく参加者のみなさんは「笑顔」でした。

「笑顔」って、リラックス効果があるかもしれません。

おかげさまで集合写真も全員「笑顔」。

酒井さん、実践的な講義とワークをわかりやすく教えていただき、
ありがとうございました。

2-0525-9

後半は夏川の講義。

酒井さんの営業にちなんで、
テーマ「作家の営業術・編集者の営業術」

2-0525-10

出版社の編集者というと、
物を売るわけではないので、「営業」の仕事はないと
思う方もいるかもしれません。

しかし、そんなことはないんだとか。

編集者の方々は、いかに著者に「書いてもらうか」か?

いかに上司に「企画を通す」か?

作家の場合、編集者の方に
いかに「通しやすい企画」をつくるか?

を考え、営業するんだそうです。

これから本を出したいという方は、
夏川の講義を参考に、
「出版社ウケする自己プロデュース」を考えてみることも
いいかもしれませんね。

2-0525-11

今回も多くの方が参加してくださいました。
皆様、本当にありがとうございます!

次回の賢者の会は、6/28日です。

詳細はこちら→https://www.facebook.com/events/1425798884362649/?ref_dashboard_filter=upcoming

興味のある方は、info@kenjabook.jp賢者の書店のFBまで
お知らせください。

6月28日は「第17回・賢者の会」を開催します!

6月28日の土曜日。
第17回の「賢者の会」を開催します!

場所は「飯倉いきいきプラザ」。
いつもより少し早く、
14時のスタートですね。
詳細は→こちらFBページ

(あるいは賢者の書店のメルアドinfo@kenjabook.jp
でも受け付けます)

ちなみに今回も「武士道を会得

する会」との
ダブルヘッダーですので、
両方を受講の方は割り引かせていただきます!

さて、今回のゲスト講師は、
パーソナルコンサルタントであり、
「色」の専門家、後藤妙子さんですね。

すでに夏川のほう、
「一生使える文章力」や「作家なりきり合宿」でお世話になっております。
写真は伊豆の「落合楼・村上」で、
セッションさせていただいたときの
様子ですね!

パーソナルカラー診断……というのは、
聞いたことがある方も多いでしょう。
「春・夏・秋・冬」
という形で「個人の色」を判別するもの。
主にファッションコーディネートの世界で
使われています。
けれども後藤さんの場合、
さらにその上を行くんです。
個々の色の特性から、
「その人らしい個人の売り方」や
「人間関係づくり」「生き方」といった
深い部分にまでアドバイスを行ないます。

まさに「トゥルー・カラー」を見抜く
スペシャリストなんですね!

「色を窓口にして、人の心を豊かに、そして人生を豊かにするためのパーソナルセッションやセミナーなど、
メンタルコンサルタントとしても手腕を発揮」

だから後藤さんのクライアント、
すごい人がたくさんいたりするかも……。

「あじさい」「ゲレンデ」「紅葉」「花畑」
……こちらは後藤さんが提示している、
「トゥルー・カラー診断」の世界。

せっかくだから……ということで、今回は「賢者の会」でも特別バージョン。
デモンストレーションを兼ねた
本格的な研修講義を行ってくださいます。
はっきり言って、
いつもの2000円会費で受けられるの

は、
かなり申し訳ない話かも……(苦笑)。

でも、やっていただきます!

色や心理学に関心のある方だけでなく、
「自分のブランドづくり」や、
さまざまな発信のし方までを含めた
「自分自身のマーケティング」を考えている方は、
今回のセミナー、必見かもしれ

ませんね。

興味ある方は、
ぜひ気軽にで構いませんので、
参加くださいませ。貴重な経験になると思いますよ!

4-0516-5

虎ノ門でランチ&お茶会

武士道を会得する会終了後、
お時間の大丈夫な方でランチしに行きました!

会場の目の前には6月11日オープンの虎ノ門ヒルズ。

次回の賢者の会も今回と同じ会場で予約したいなぁと
思っていたのですが、残念ながらすでに7月いっぱいまで予約が満室。

虎ノ門ヒルズオープンをきっかけに

ますます街並が栄えていきそうですね!

すでに、虎ノ門周辺でワクワクしっぱなしの
自分を妄想中(笑)

R-0525-1

会場を出て、右側を見ると、PONY  CANYON!

並んでいる人たちがいます!

誰か芸能人でも来るのでしょうか?

R-0525-2

オフィス街の虎ノ門。

日曜日に営業している飲食店はあるのでしょうか?

営業しているお店を探しに行く、ランチ集団。

R-0525-3

ぐるぐる歩いていたら、
日曜日に営業している飲食店ありました!

「南国亭」という、中華料理屋さん。

虎ノ門は中華料理屋さんでしたら、
日曜日でも営業しているお店はありますねぇ。

R-0525-4

ボリューム満点のあんかけチャーハン。

他の料理もボリューム満点でビックリ!!

あんかけチャーハン

ランチ会では、武士道のお話や自己紹介をしたり、
参加者の方々と親睦を深めることができました。

午後からは、酒井さんが講師で賢者の会を開催。

ブシエドと賢者の会をセットで参加してくださる方が多く、
嬉しかったです。

そして、人気である虎ノ門いきいきプラザを奇跡的に
午前と午後の両方を予約できてよかったです。

R-0525-7

ランチ終了後、虎ノ門いきいきプラザに戻り、
まだ時間があったので、建物の中にある「マーブルカフェ」
でお茶しました。

R-0525-6

私が頼んだのは、クリームあんみつとアイスティ♪
安くて美味しいです!

ランチもここでする予定だったのですが、
満席だったんですね。

R-0525-8

参加者のみなさんと美味しい物を食べながら、会話したり、
笑ったり、店内に流れている、ほどよいBGMにも癒され、
エネルギーフル充電!

午後の賢者の会、楽しみです!

会の様子は次の記事で。

第3回武士道を会得する会:武士道の源流

5月25日の午前中、虎ノ門で
「第3回武士道を会得する会」が開催され、
撮影係として参加させていただきました。

0525-1

今回は第2章。『武士道の源流』

武士道を読んだ中で、
一番内容が理解しにくい章だと思っていたのですが、
参加者の皆様も同じように思っていたようで
少し安心しました。

武士道を会得する会(通称:ブシエド)は、
本を読みながらわからないところを質問したり、
考えをシェアする場でもあります。

なので、本を読んで理解できなくても、
気軽に参加できます。

0525-2

講義で使う、『武士道』現代日本語訳:夏川賀央(致知出版)。
レジュメ。

他の『武士道』は2章で挫折する人が多いそうですが、
夏川の『武士道』は読みやすいとのこと。

0525-3

ブシエドの主催者でファシリテーターの酒井晃士さん。
難しい2章の内容も酒井さんのファシリテーター力で
会場内をゆるい雰囲気に包み込んでくれます。

午後から同会場で開催の賢者の会で講師をしてくださいます。

0525-4

勉強会では本を読む時間もあります!

0525-5

参加者の皆さんは積極的に
わからないところを質問していました。

0525-6

今回勉強する項目。非常にボリュームがあります!

1 仏教と神道がもたらしたもの
2 祖先たちの霊が宿る神聖な国土
3 孔子や孟子は「裏付け」だった
4 武士道は単なる知識を軽視する
5 日本人がたどりついた、あまりにもシンプルな哲学

0525-7

日本人は神道。
なぜならば、初詣や何かある時に神社にお参りしに行く人は多いからだそうです。

太陽、森、林など、私たちを取り囲んでいる自然を神様だと
思っている。
例:お天道様。

「よく悪いことをしたらバチが当たる」
と言いますよね?

 

これは、武士達の時代からもそう思われていて、
現代も日本人は、このようなスピリチュアル感を持っているそうです。

0525-8

他にも、

富士山は「ふじさん」と呼ばれる。
人の名前でたとえると、「わたなべさん」
「さん」がつく山は神様だったとか。

逆に「愛鷹山」は「あしたかやま」と呼ばれるので、
神様ではないそうです。

今日のブシエドでは、スピリチュアル感満載の
セミナーでした。

0525-9

最後に「知行合一」で終わりました。
「知行合一」とは、学問は自分の役割を果たすためにやるー武士道。
知識だけの頭でっかちではダメだと考えられていました。

0525-10

たとえば、杉田玄白ならば蘭学書を読んだら、
墓場から死体をとってきて、解剖する。

学んだことはすぐに実践することが大事だということなんですね。

自分の役割がしっかりとわかっていると、
その役割を果たすために必要な学問を一生懸命勉強しそうですよね。

う〜ん、じつに良いところで勉強会が終わってしまいました。

0525-11 

次回は6月28日(土)の午前中に開催予定です。
「知行合一」のつづきから、3章「義」あるいは「正義」を勉強します。

興味のある方はぜひご参加を(^0^)/