第4回武士道を会得する会を開催しました!

飯倉で第4回武士道を会得する会が開催され、
写真・ビデオ撮影のお手伝いで参加させていただきました。

0628-1

主宰者の酒井さんの挨拶から会はスタート。
今日は、武士道らしい曲を持ってきてくださり、
曲を流しながらの会。

曲があると、気分が上がっていいですね(^-^)

0628-2

今日は、前回の続き、2章の「知行合一」から勉強。

「知行合一」とは、学問は自分の役割を果たすためにやるー武士道。
知識だけの頭でっかちではダメだと考えられていました。

要するに勉強して得たことは、すぐに実行せよ!ということです。

前回の講義の様子はこちら→http://www.kenjabook.com/2014/06/02/第3回武士道を会得する会:武士道の源流/

0628-3

私は本に書いてあることを「そっかーー、勉強したことをもっと実行しなきゃなぁ」
と素直に思ってしまったのですが、
参加者の方で「知行合一もいいけど、行知合一でもいいんじゃないか?」
という意見もありました。

つまり、先に知識ばかりを修得するのではなく、
「行動しながら知識をつけていこう!」ということです。

武士道を会得する会に参加すると、
自分が思ってもみなかった考えや意見を知れ、
共有できることがいいですね。

0628-4

武士道を会得する会は本を読む時間もありますよーー。
時間がなくて読んで来られなかった方もご心配なく。

『武士道』は読み応えのある本なので、
自然と本を読む姿勢は真剣になってしまいますねー(^^)

0628-5

毎回、武士道を会得する会の参加率は男性のほうが多いです。
男性のほうが武士道に憧れがあるのでしょうか?

0628-6

今回も参加者のみなさんで議論。
3章まで進む予定でしたが、2章の最後、

「●武士道は単なる知識を軽視する」
「●日本人がたどりついた、あまりにもシンプルな哲学」

で会は終了。

0628-7

2章の最後をざっくりと言いますと、

「知行合一」の似たようなものを西洋の哲学から
いろいろ紹介し、最後に日本はもともと
「勉強したことをそれぞれがどのように実行するのか」
という個性が重視される国である。

一律に同じ勉強をして優秀かどうかで判断される国ではなかった……
という結論。

0628-8

新渡戸さんはそれが
「中国やインドより、むしろヨーロッパに似ていた」としています。
人は個性や独自性で判断される。
人間の性質は平原のようなものでなく、
それぞれが異なる。切り立った山だった…ということ。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1675

0628-9

今回もかなり濃い時間を過ごさせていただきました。
1人で『武士道』を読んでもここまで真剣に考えないと思うので、
武士道を会得する会はこれからも参加したいと思っています。

何よりも基本的に歴史や本が好きな方が集まるので、
参加者の皆様は博識ある方々ばかり。
とても勉強になります。

参加者の皆様、ありがとうございます。