リーダーに必要な、たった1つのこと

こちらの本の紹介です!

世界一ワクワクするリーダーの教科書

きずな出版さんから、1月18日に発売。

発売後すぐ、アマゾンでは総合100位以内に入っています。

 ☆

著者は居酒屋の「てっぺん」を創業したことで知られる

大嶋啓介さん。

現在は日本全国で講演をするかたわら、

有名な高校野球部のメンタルコーチなども引き受けています。

なので本書のオビを見れば、

阪神タイガースの矢野監督なども推薦されているからスゴい。

 ☆

そんな大嶋さん、

リーダーに必要なことは

たった1つでいいんだ……とおっしゃっています。

それが表題の「ワクワクしている」こと。

つまりリーダー自身が、その仕事を、チームの未来を、

あるいは人生を、楽しんでいなければしょうがない。

逆にいえば、細かなマネジメント論やスキルよりも、

ワクワクする心持ちをつくることが大切だ、ということです。

そんな破天荒なリーダー論が、いままであったでしょうか?

 ☆

けれども高校野球のチームに行けば、

大嶋さんは、すぐに感じるそうです。

勝てない……なんて苦しんでいるチームは、

だいたい監督が不機嫌なことが多い。

「みんなやる気がない!」とか、

「言ったこともできないのか!」なんて言いながら、

イライラして、怒ってばかりいる。

その不機嫌がチームに伝染していくから、

いつまでも結果が出てこない……。

会社組織も同じですよね。

 ☆

逆にリーダーが、あらゆることを楽しめるようになれば、

チームはまたたく間に変わっていきます。

でも、部下が結果を出していないのに、

ワクワクすることなんてできるのか?

やる気のない連中ばかり、

言うことを聞かない連中ばかり、

あるいはリーダーに逆らう連中ばかり……。

それでもワクワクすることなんてできるのか?

 ☆

これが「できる」んですね。

本書の中で大嶋さんは、

さまざまな実例を紹介するとともに、

たくさんのワークも挿入しています。

リーダーの方はもちろん、

これから自分が主体となって仕事をしていきたい

と考える人は

ぜひ一読されるといいでしょう。

たとえ困難を迎えていたとしても、

仕事をしている「いま」が楽しくなります!