「人類は皆、兄弟」の意味

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

人類は皆、兄弟……。

何気なく教訓的に言われる言葉ではありますが、

そもそもこの言葉を最初に言った人が誰か

ご存じでしょうか?

 

それは、あの「赤十字社」の創設者。

スイス人で、最初のノーベル平和賞受賞者。

アンリ・デュナンさん、という方ですね。

私は小学校の教科書で、その人生を学んだ気がします。

 

じつは5月8日は、デュナンさんの誕生日。

なので「国際赤十字デー」にも指定されています。

そのデュナンさんは、19世紀末を生きた方ですが、

「赤十字の父」と言われながら、

お医者さんではありません。

もともと銀行家として働いていた人です。

 

ところが厳格なプロテスタントでもあったため、

すぐに「お金儲けのための仕事」が

嫌になってしまったわけです。

20代にして銀行を辞め、慈善活動化になりました。

 

そんななかで彼は、イタリアでの戦争を体験し、

多くの負傷兵たちに出会ったわけです。

 

そこにはフランス、イタリア、オーストリアなど、

国も違う大勢の兵士がいた。

でも、傷ついた人間に敵も味方もない。

動ける人が皆で協力して、

人の命を助けるべきではないか……と。

 

これが「人類は皆、兄弟」の発想、

デュナンさんは本を書いてその思想を広め、

「国際赤十字社」が創設されたわけです。

赤十字社が世界に広がる一方、

じつはデュナンさん自身は

ほとんどの活動をボランティアでやっていたこともあり、

30代にして破産。

長くホームレスのような苦しい人生を

余儀なくされたそうです。

 

ようやく赤十字の功績が認められ、

行方不明だった70代のデュナンさんが探し出され

ノーベル平和賞の大金が与えられることになります。

 

でも、貧乏のどん底にあった彼なのに、

賞金にはほとんど手をつけず、

すべては赤十字に寄付されたとか。

何があっても誇り高い、スゴい方だったんですね。

コロナウィルスが世界を脅かしている現在、

デュナンさんが生きていたら、

何を考えただろう?

 

じつはその答えは、日本赤十字社が公開している

「動画」にあるかもしれません。

 

『ウィルスの次にやってくるもの』と

題されたこちら。

まさしく世界中の皆が助け合うために、

これから必要なことがわかるでしょう。

多くの気づきを与えてくれます!

https://www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4

[Words of Wisdom〜君はこの言葉を知っているか?]