カテゴリー別アーカイブ: 一生使える文章力

6月3日「採用される書籍企画書作成講座」に登場します!

DSC_0286お陰さまで好評いただいている
仕事ができる人の「日本史」入門』と
仕事ができる人の「アジア史」入門』。

2冊並べさせていただきましたが、
今回、本書を編集くださった
きずな出版・岡村季子編集長と
アップルシード・エージェンシーの
「採用される書籍企画書作成講座」で
ゲスト講師をさせていただくことになりました!
6月3日、詳細はこちらですね。
https://www.facebook.com/events/936583063107716/

アップルシード・エージェンシーというのは、
言うまでもありません。
いまや数々の作品が映画になっている小説家
……でもある方、
鬼塚忠社長が率いる、
日本で随一の出版エージェント会社です。

数々の著名作家さんを抱えていますが、
「夏川賀央」もその1人。
というか、私を作家にしてくださったのが、
こちらの会社さん。
36冊を世に出してくださっている
夏川にとって頭の上がらない存在でございます。

そのエージェント会社がこれまでの経験を生かし、
「本を出したい」という人向けに始めたのが、
「採用される書籍企画書作成講座」。

当然ながら一番業界でも信頼されている
エージェント……ということもあり、
すでにいくつもの「商業出版」を実現し、
作家さんを世に輩出しています。

その一環で、
「著者」と
「その本を担当した編集者さん」を招き、
現場でどのように仕事が行なわれるかを
知ってもらおうと始めたのが、今回の流れ。

すでにベストセラーを書いている
有名な著者さんたちが、
これまた有名な出版社の編集者さんと
一緒に登場しています。

そのなかに今回、
夏川も加わらせていただいたんです!
名誉なことですねえ。

一緒に登場する岡村季子さんは、
これまた出版業界では非常に有名な方。
大和書房の編集長として
本田健さんの
『ユダヤ人大富豪の教え』や
和田裕美さんの
『人に好かれる話し方』など、
数々のベストセラーを企画してきた方です。

それから独立し、櫻井秀勲先生と、
現在の「きずな出版」を立ち上げました。

夏川もかねてから
編集者の先輩として尊敬しており、
本の執筆のために
取材をさせていただいたこともあります。
ソロでも講義を聞きたいくらいですが、
今回は一緒……ということで、
正直ちょっとビビるくらいの心持ち。

それでも2冊の本を出す
機会を与えてもらったわけです。
感謝の気持ちで臨みたいです!

主宰している
アップルシード・エージェンシー
宮原陽介さんも、
夏川の本の読者であれば、
皆さんよくご存じの本。
『成功しちゃう「人脈」は、じつは公私混同ばかり』

『なぜ、仕事ができる人は効率を無視するのか?』
を手がけた方。
数々のベストセラーを世に生み出しています。

こんなすごい場とメンバーで、
「どうすれば本を出せるか」を考える機会を
今回、もてるわけです。
出版希望の方にとっては、
これほどの機会はないかもしれまんよ!

ということで20日までなら、
7560円のところが、5400円になるそうです。
興味ある方は、
ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

体にやさしいお料理を楽しみながら、懇親会

7/9(水)に開催した、一生使える文章力養成講座のプレゼン大会。
その内容は以前のブログでご紹介させていただきました。
http://www.kenjabook.com/2014/07/15/一生使える文章力養成講座の2期:プレゼン大会/

ちょっと間が空いてしまいましたが、
今回はプレゼン大会終了後の懇親会のレポートです!

================================================

一生使える文章力養成講座のプレゼン大会終了後は、
懇親会を開催しました。

すごいです!本日は100%の出席率!

もう2期も最後ですしね。楽しみましょう!!

夏川の挨拶で「かんぱ~い!」

2-0709-1

会場はプレゼン大会同様、Boon’s  Academy  in  Tokyoさん。

雨上がりの夜景はいつも以上にキレイでした!

2-0709-2

懇親会のお料理を作ってくださいましたのは、
ゆらびキッチン主宰の石崎友美子さん。

2-0709-3

なんと!
Boon’s  Academy  in  Tokyoさんにはキッチンがあるんです!

じつは、友美子さんはプレゼン大会中にこちらのキッチンで
お料理をしてくださっていたんです。

友美子さんはここで料理教室やケータリングのお料理を用意
することが多いとか。

興味のある方はゆらびキッチンに問い合わせてみてくださいね。

2-0709-4

できあがった数々の美味しいお料理。

おいしそう~~♪

懇親会の時には、一瞬でお料理がなくなりそうだと思ったので、
キッチンにてパチリ。

ここで写真を撮っておいてよかったです(笑)

2-0709-5

こちらは乾杯前の写真↓↓

う~ん、みなさんの視線がお料理(笑)

お腹すきましたもんね。

2-0709-6

みなさん、美味しいお料理とお酒を飲みながら、
楽しく交流~♪

普段、話す機会がない方とお話できるのはとても良い
刺激になりますよね。(以下、その様子をズラ~っと写真で)

2-0709-7

2-0709-8

2-0709-9

2-0709-10

2-0709-11

2-0709-12

2-0709-13

友美子さんのお料理は、旬の食材を使って愛情を込めて
作られていますので、とっても美味しかったです。

なんか食べたら、とっても幸せな気分になるんです。

料理って、技術もですが、愛情を注ぎこむことが大事ですよね。

食べる人のことを考えないで料理を作ると雑になってしまいますよね。

友美子さんは、季節と食べる人(どんな物が好みとか)のことを考えて、
メニューを考えるそうです。

特に人気のあったお料理は、
トマトとオクラのジュレのサラダ。

宝石のようにキラキラ。味もキラキラでした(^-^)

盛りつけ方も参考にさせていただきたいと思いました。

 2-0709-14

ノリの良いお2人。

お料理のイメージモデルですね(笑)

2-0709-15

最後にデザートのティラミスを出してくださいました。

これが本当に美味しかったです!

今までのティラミスとは違う!

さっぱりとしていて、ブルーベリーも新鮮で
美味しかったです!

暑いと食欲は減りますが、
友美子さんのお料理はモリモリ食べても
胃がもたれることなく、ヘルシーでした♪

2-0709-16

お料理のことばかり書いてしまいましたが、
みなさん結構熱く語っていて、とても充実した時間を
過ごされていた印象でした。

どんなことを語っていたのか、気になります(^-^)

2-0709-17

2期生の皆様、↑↑本当にお疲れさまでした。
みなさん、清々しい表情ですね。

講座は終わってしまいましたが、
これからも末永くよろしくお願いします。

懇親会が終わった後は、有志で会場の片付けをしました。

人数が多いと片付けも早く終わりますね。

2-0709-18

青山から表参道の帰り道。

これで最後かと思うと、ちょっとさみしい気もします。
文章講座をきっかけに、青山と表参道が大好きになりました。

もっと人間的にビッグになったら、
この街でショッピングしたいな(^-^)

2-0709-20

表参道駅にて。

みなさん、お疲れさまでした!
ありがとうございました。

帰りの電車で携帯を見ていたら、1駅乗り過ごしてしまい、
タクシーで宿に帰ることに……。

「これも冒険&勉強だ(笑)」と思い、
なぜか、ちっともイラつかずに清々しい気分でした(^-^)

 

 

一生使える文章力養成講座の2期:プレゼン大会

いよいよ2期の一生使える文章力養成講座も最後。

今回は、受講生の方に企画プレゼンシートを発表していただきました!
会場はブログでもお馴染みのBoon’s  Academy  in  Tokyoさん。

0709-1

司会進行は事務局の大谷更生さん。
プレゼン大会から懇親会まで幅広く段取りをしてくださいました。

0709-2

プレゼン時間は1人5分。

トップバッターは、
カラーセラピーとファッションコーディネートのお仕事をしています、
後藤妙子さん。

<企画テーマ>
色がつきとめる あなたの本音
〜生れもったあなたのほんとうの心を色から教えてもらう〜

0709-3

後藤さんがパーソナルカラー診断をしたあとに渡す
見本カラー。
こちらは↓ウインターの大谷更生さん。

0709-16

2番目は、IT関係のお仕事をしています、
保刈豊さん。

<企画テーマ>
バテない身体の作り方 トライアル編
ーぎっくり腰からのトライアスロンに挑戦ー

0709-4

3番目は、IT関係のお仕事をしています、
鈴木則昭さん。

<企画テーマ>
『ゼロからの不動産投資』
”普通のサラリーマンが始めた投資物件物語”

0709-5

ラストは、お片づけ教育研究家のカール友波さん。

<企画テーマ>
もうひとりで悩まない!!家族みんながやる気になるおかたづけの本

0709-6

今回のゲストコメンテーターは
現役の編集者である田中孝行さんと星野美紀さん。

プレゼン終了時にプレゼンターに対して、
コメントをしてくださいます。

0709-7

田中さんと星野さんから鋭いコメントをしていただき、
プレゼンターの方はかなり参考になったそう。

コメントをメモする後藤さん↓↓
他の方も真剣にメモしていました。

0709-8

アップルシードエージェンシーの鬼塚社長がオブザーバーとして、
参加してくださり、コメントもしてくださいました!

あまりにも鋭いコメントで鳥肌立ちそうでした(笑)

その場でコメントをしていただけることは
とても貴重な機会ですよね。

他にも大手出版社の編集者さんや出版プロデューサーさんも
来てくださったりと、かなりの豪華メンバー。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1685

0709-9

あとは賢者の会で講師をやってくださった方や
プレゼンターがお世話になっている方も来てくださったりと
つながりのあるメンバーばかり。

応援してくださる方がいると、盛り上がりますし、
プレゼンターの方にとっては励みになりますね。

皆様、ありがとうございます!

0709-10

ゲストコメンテーターとオブザーバー席。

0709-11

プレゼンター席。
みなさん、堂々とプレゼンをしていましたが、
かなり緊張していたようです。

0709-12

本業で講師をやって話し慣れている方も
慣れない出版企画を5分で話すのは難しかったよう。

みなさん、「時間が足りなかった」と言っていました。

しかし、プロの出版プロデューサーの方曰く、
5分でプレゼンできることは当たり前だとか。

5分で出版社の方に

「この本、作ってみたい!」

と思わせるプレゼンが大事なのかもしれません。

文章講座では文章を書くことしか教えていませんが、
3期はプレゼン対策を考えてみてもいいかもしれませんね。

0709-13

1期に比べ、たくさんのオブザーバーの方が参加してくださいました。
変な話し、企画がすぐに本にならなくても、
自分のやっていることをアピールするわけですから、
営業にもなりますね。

事務局の大谷更生さんもコメントをメモしていました。

更生さんのアフターフォローはバツグンです!
メモをとるスピードも早いのでいつもすごいと思います!

0709-14

今回、プレゼンをリタイヤ、休んでしまった方は
とてももったいないなぁと思いました。

7月末まで夏川の無料添削サービスがありますので、
ぜひ企画書をブラッシュアップしてくださいね。

0709-15

後半は夏川より、
1期生の酒井晃士さん出版決定の秘話。

今回は残念ながら酒井さんは参加できませんでしたが、
7/19(土)に第5回武士道を会得する会を開催します。

興味のある方は酒井さんの近況がてら、
気軽にいらしてくださいね。

詳しくはこちら→https://www.facebook.com/events/265822446955020/?ref_dashboard_filter=upcoming

0709-17

最後に集合写真。達成感に満ちあふれた笑顔、ステキです!
皆様、お疲れさまでした。

0709-18

今回、私は写真・動画撮影、受付などの裏方業を
担当させていただきました。

毎日をイキイキと謳歌されている皆様と
ご一緒できて嬉しかったです。

0709-19

貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

焼き鳥屋・ひごのやさんで楽しい食事会

一生使える文章力養成講座終了後は、
お時間のある方で食事をしました。

平日の夜でも華やかな表参道。

講座のお手伝いをしなければ、
頻繁に表参道に来ることはなかったので、
ありがたいかぎりです。

予定のお店である、ひごの屋さんに着く頃には、
雨は上がりました。

2-0611-1

しかし、残念ながら満席だとのこと。

時間はすでに22:00近くというのに、
すごい人気ぶり。

ご丁寧にも店長さんが近くの別のひごの屋さんを
紹介してくださいました。

しかも、お詫びを兼ねた、
料理一品サービス券までいただきました。

こういったホスピタリティも
人気の秘訣なのかなと思います。

2-0611-2

頭も使って、お腹もすいたので、
お料理やお酒がすすみます(^-^)

2-0611-3

話題は来月から山梨にご栄転する酒井さんで持ち切りでした。

東京と甲府、遠くはないですが、頻繁に会えなくなるかと思うと、
ちょっとさみしいですよね。

しかし、異動先のプロジェクトは話しを聞く限り、
とても未来と夢を感じさせる事業だなぁと思いました。

2-0611-5

酒井さんは本の出版も決まって、今後の活躍に皆注目です。

酒井さん、みんなで甲府へ遊びに行きたいと思いますので、
これからもよろしくお願いします(^-^)

2-0611-4

少人数でしたが、馴染みのメンバーでしたので、
濃いお話ができてよかったです。

食事が終わった後の帰り道は清々しい気持ちで
いっぱいでした。

皆様、ありがとうございます(^-^)

一生使える文章力養成講座:まえがきを書いてみよう

南青山で第5回一生使える文章力養成講座を開催しました。
会場はBoon’s  Academy  in  Tokyoさん。

本日は1日雨で梅雨らしい天気。
文章講座の日は、晴れている日が多いのですが、
しっとりとした雨の中、文章について考えるのもいいものですね。

0611-2

ちなみに晴れていたら、
ベランダからこんな素敵なロケーションを見られます!

0514-3

いつも受講生兼スタッフの酒井さんによる
癒しの挨拶から講座はスタート♪

7月から山梨県の甲府にご栄転が決まり、出版も決まった酒井さん。

今後のご活躍がますます楽しみです。

0611-3

早くも、今回で講義は最後。
テーマは「まえがきを書いてみよう」

0611-1

「まえがき」というのは、「本屋さんで立ち読み」
するページだそうです。

ここで「この本、面白そう!」

「続きも読んでみたい!」と思われることが大事だとか。

そういうこともあって、
出版社はありったけの文章力を降り注ぐそうです。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1657

0611-4

講座では、
夏川著の『すごい会社のすごい考え方』
『なぜ、仕事ができる人は残業をしないのか?』
『「すぐやる化」習慣術』
のまえがきを参考にしました。

0611-5

今日は、ワークが盛りだくさん。
6つもあります!

真剣にワークに向かう、受講生の皆様。

手が止まっている方がなく、
みなさんスラスラとワークをこなしています。

0611-6

わからないことがあれば、
夏川や事務局の大谷更生さんがフォローします。

0611-7

0611-10

頭を使って小腹がすいたら、
お菓子を食べたり、景色を見たり、お喋りをしたりして
息抜きしてくださいね。

0611-8

0611-12

できた方にワークを発表したいただきました!

0611-9

いよいよ来月はプレゼン大会です!
プレゼン企画シート提出日まで時間がありますので、
今日の講義を参考にジックリ考えていただけたらと思います。

わからないことがありましたら、
気軽にご連絡ください。

0611-11

参加者の皆様、お疲れさまでした。
来月のプレゼン大会を楽しみにしております。

作家なりきり合宿4〜「読書室で作家なりきりタイム」

館内見学終了後は、

1時間ほど進捗会でしたが、
あまりにも盛り上がって、1時間半を余裕で超えてしまいました(笑)

4-0516-1

すぐに帰られるのかと思っていたら、
最後まで興味津々で質問してくださいました、
毎日新聞の石川記者。

今回の取材は「石川さんでよかったよね〜」

と皆一同。

新聞に写真と記事を大きく掲載してくださいました。

http://mainichi.jp/feature/news/20140520ddlk22040187000c.html

左側は賢者の書店ブログでお馴染み、
問題解決コンサルタントの大谷更生さん。

作家なりきり合宿のコーディネートをしてくださいました。

4-0516-2

今回も落合楼のほうでは、作家なりきり合宿のために、
すてきな題字を書いてくださいました。

ありがとうございます。

こちらの題字を持って読書室に向かいました。

4-0516-3

さぁ、いよいよ「作家なりきりタイム」開始です!

「作家なりきりタイム」とは、参加者の方が
作家になりきり、講師の夏川が編集者になり、
作家の先生と編集の夏川の個別指導タイム。

詳しくはこちら→https://www.youtube.com/watch?v=asUnhC1qbY8&feature=youtu.be

こちらの読書室は、数々の文豪が、実際に利用したと言われる場所。
井上靖の原稿も飾ってありました!

今回の「作家なりきり合宿」のために、貸していただき、
本当にありがたいかぎりです。

4-1

井上靖が書いた原稿。

4-0516-8

トップバッターは、後藤さん。
参加者の皆様、全員、後藤さんと同じように
看板の前で撮影させていただきました。

4-0516-4

「作家なりきりタイム」スタート!

4-0516-5

お次ぎは、保刈さん。

4-0516-6

ラストは、鈴木さん。

4-0516-7 

約40分の作家なりきりタイム。

時間になる度に、「もう時間ですよ〜!」のお知らせをしに
読書室に伺う私。

ドアを開けると、みなさん、「えっ!もう〜?早いね〜!」と、
あっという間のようでした。

けれども、この40分間はとても濃密の時間のようで
大分本の方向性が定まってきたようです。

4-0516-9 

みなさん、「作家なりきり」というより、

本物の作家さんのようでビックリしました!

 

「作家なりきりタイム」は終了しましたが、
これから豪華な夕食、温泉、懇親会もありますので、
まだまだこれからが楽しみですよ〜!

一生使える文章力養成講座:目次を考えてみよう

4回目の「一生使える文章力養成講座」を開催しました。
会場はBoon’s  Academy  in  Tokyoさんです。

0514-1

本日もステキなロケーション。

幸運にもBoon’sさんをお借りする時は、

いつも良いお天気です。

0514-3

今回のテーマは、
☆目次をつくる
☆魅力的な文章を書くコツ

0514-2

前回の講座では、
受講生のみなさん全員がタイトルを決めることができました。
http://www.kenjabook.com/2014/04/17/一生使える文章力養成講座:本のタイトルを考え/

今日は、いよいよ目次決め。

0514-4

目次というのは、本全体の設計図のようなもので、
最初につくっておかないと、まとまりがつかないんですね。

夏川が言うには、
出版社の編集者は、ほとんど目次の構成で本の中味を見るので、
出版をする上でいかに編集者の心に響く目次を作れるかが
重要だとか。

それは、建築家が図面を見るのと同じ。

0514-5

夏川の講義を聞いてから、目次を作るワークを実践!
作り方は3パターンあるのですが、
今回はKJ法を用い、ポストイットを使って、
目次を作成していきました。

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1629

0514-6

KJ法の良さは、頭で思ったことをポンポンポンポンポン、
ポストイットに書いていき、
似たような項目をカテゴリー分けして、目次を作っていきます。

KJ法は、ありきたりの本になりにく、
オリジナリティ溢れる内容にないやすいですね。0514-7

最初からちゃんとやろう!と肩に力を入れてやるよりも
直感的に思ったことをポストイットに書き、
「やっぱり違うな」と思えば、破棄すればいい。

KJ法は、気楽に目次作成ができるといってもいいですね。

0514-8

みなさん、アイデアがポンポンポンポン出て、
あっという間に机の上が付箋だらけになっていました。

それだけ、ネタが多いということですね。

すごいです!

0514-9

目次作り終了後、受講生のみなさんにどれだけできたかを
発表していただきました。

0514-10

授業内に目次を完成させるのは、とても難しいので、
残りは宿題に。

といっても、本文を書き進めていくと、
目次が変わることは十分にあり得ます。
今回は練習だと思って気楽に考えていきましょう。

0514-11

今日は目次のワークがメインでしたが、
他にも魅力的な文章にする秘訣を惜しみなくレクチャー。

たくさんいろんな本を読んで、

自分が書くテーマに合う事例や偉人の言葉などが
見つかった場合は、ストックしていきたいですね。

0514-12

いよいよ、次回の一生使える文章力養成講座は「まえがき」です。

だんだんと本を書くイメージ、輪郭ができてきたかと思います。

最終回の講座までには、満足のいく企画書ができるように
頑張っていきましょう。

受講生の皆様、お疲れさまでした。

一生使える文章力養成講座:鳥良で楽しい懇親会

「一生使える文章力養成講座」の後は、

お時間の大丈夫な方で懇親会を開催しました。
お店は表参道にあります、「鳥良」

0409-2-1

ゆったりと広々とした個室は、ゆっくりお話ができてよかったです。
しかもお料理も美味しかったです。

お店に入ったのは22:00近くでしたが、ほぼ満室のよう。
更生さんがお店を予約してくれたおかげで、
助かりました。

0409-2-2

たまたまなのですが、女性は私ひとり。
まるで男子会に突撃してしまったかの写真……。
なかなか男子会に参加することないですからね。
ちょっと特した気分になりました!(笑)

懇親会では、文章やビジネスなど真面目なお話から、
学生時代の罰ゲームや失敗経験というような
くだけたお話もできて面白かったです。

みなさん、人生経験豊富な方々ばかりなので、
いつもたくさんのことを教えていただき、
勉強になります。

0409-2-3

最後に集合写真。
途中で帰られた、酒井さんの写真も左上に添付させていただきました。

というのも、今お仕事が好調な酒井さん。
左上の開眼のお顔で激動の2013年度は駆け抜けられたようです。

ということで、酒井さんの「開眼」をみんなでやってみることにしました!(笑)

ただ、酒井さんのように目を見開くことが意外と難しかったです(苦笑)

まだ、切羽詰まってないのかな?……と、思う私でした。

スローペースな私ですが、一歩一歩前進していきたいと思います!

一生使える文章力養成講座:本のタイトルを考えてみよう

3回目の「一生使える文章力講座」を開催しました。
会場は南青山にあります、Boons’  Academy  in  Tokyoさん。

0409-1

 

講座の前に入念に打ち合わせをしている、
事務局の大谷更生さんと夏川。

0409-13

 

本日も良い天気でした!
ベランダからは、キレイな桜を楽しめます(^-^)
(講座の準備中の写真より)

0409-3

 

そして、夜になるとこれまたステキなロケーション!♪
東京タワーも見られますよ(^-^)

0409-4

 

講座開始は酒井さんの司会からスタート。

いつも過酷なスケジュールの酒井さん。
そんな中、いつも笑顔で穏やかでいられるのは
どうしてなのだろう?……と講座メンバー全員、毎回不思議がっています(笑)

0409-5

 

今日のテーマは、
「出版企画書の作り方」と「論理的に文章を書くコツ」

0409-2

 

今回は、初のペアワーク!

1人が編集者になり、もう1人が作家となって、
相手の出版企画のタイトルを考えるワークなんです。
(もちろん、タイトルが決まったら役割を交換しましたよ)

詳しくはこちら→http://gao-kai.com/index.php?eid=1594

0409-6

 

つまづいているペアがあったら、サポートに入る予定でしたが、
その必要がないくらい、各ペア、盛り上がっていました!

0409-7

 

自分のことは客観的に見られなくても、
他人のことは客観的に見ることができる。

お互いに良い刺激のあるワークだったと思います!

0409-8

 

1期生の再受講の方々は、
本の執筆がどこまで進んだかを報告しあっている様子でした。

0409-9

 

休憩中もワークの延長戦のみなさん。
楽しく盛り上がっています!

0409-11

休憩が終わったところで、相手の本のタイトルを発表!
写真は、T’s  colorの後藤妙子さん。

カラーやファッションコーディネートのお仕事をされています。

0409-10

 

講座時間中に全員の受講生の方が本のタイトルを
決めることができてよかったです。

というのも、次回は目次のワークなので、本のタイトルが決まらなければ、
次に進むことができないのです。

講座も折り返しになり、だんだんとワークや課題も
レベルアップしている「一生使える文章力養成講座」。

ちょっと出遅れてるな!と感じたら、
受講期間中は夏川の無料課題添削し放題サービスがあります!

そして、5/17,18開催の「作家なりきり合宿」
集中的に執筆を進めるのも手ですね。

0409-12

 

受講生の皆様、お疲れさまでした。
来月もよろしくお願いします!

文章講座のあとは、焼き鳥屋「ひごの屋」さんで食事会

「一生使える文章力養成講座」のあとは、

時間の大丈夫な方で食事しました。
お店は、表参道にあります、焼き鳥屋「ひごの屋」さん。

2-0312-1

既に22:00近くでしたので、かなりお腹がすいていました!

 

焼き鳥!

2-0312-2

ごぼうちっぷす!

2-0312-3

見覚えのあるお料理に店内。

そう!

ここは、先月の賢者の会の懇親会でも利用させていただきました。

賢者の会の常連メンバーの橋本さんの友人が働いているお店なんですね。

平日の22:00過ぎでも、
多くのお客様で賑わっていました。

流石、東京!

気分はまるで東京で働くサラリーマンのような気分(笑)

ちなみに、
3/30日の賢者の会、まだドタ参加大丈夫ですよ!

詳しくはこちら→https://www.facebook.com/events/1414781348774883/?ref_dashboard_filter=upcoming

2-0312-4

このメンバーの中には、2名もマラソンが趣味の方がいました!

結構、いろんな大会に出てるようです。

アクティブですね〜!

ちなみに東京マラソンはすごい倍率が高いとか。

10年応募しても1回も参加できない人もいれば、
10年応募して、6回参加している人もいる。

一体、どうゆう抽選方法なんでしょうかね?!

この情報には驚きました!

2-0312-5

ちなみに東京マラソンの日は、かなり前から宿を予約したほうがいいようです。

そうしないと、高いホテルぐらいしか空きがないとか。

来年の東京マラソンの日程が決まったら、
手帳にメモしておくことにしよう……。

あとは、今話題になっているゴーストライターの
お話でも盛り上がりました。

やはり、頭を使った後の食事とお酒は美味しいし、
幸せ〜(^-^)

2-0312-6

最後のシメは、「とりそば」をいただいたのですが、
これがすごく美味しかったです!

さっきまで全員ずっと話をしていたのに、
皆無言で「とりそば」を食べる……。

本当に美味しいものを食べるときって、
人は無言になるんだなぁと、知った夜でした。

ともあれ、みなさん、ありがとうございました!

来月の「一生使える文章力養成講座」
もよろしくお願いします。