タグ別アーカイブ: セミナー

4月20日、「第15回・賢者の会」を開催します!

4月20日(日)14時30分から。
恒例の「賢者の会」の第15回目ですね。
(トラとぴあ)
今回は

「プレゼン・コンシェルジェ」
として活躍している
天野暢子さんをゲストに招き、
『ブランディングにつながる「自分プレゼン」』

というテーマのお話をしていただきます。

会費は2000円、ですね。

何といっても天野さんです。
『図解・話さず決める! プレゼン』
『プレゼンはテレビに学べ』
など、その著書は絶好調です。

ちなみに後者は以前、
ブログでも紹介させていただきました。
こちらですね。

しかも日本能率協会などで、
本格的な研修も行なっている
プロ中のプロ、という講師です。
それが夏川の公私混同的な勉強会で
なぜに講義していただけるのか?

じつは天野さん、私とは2つの仕事関係で
重なり合っています。
1つは出版エージェントである
「アップルシード・エージェンシー」。
つまり“所属作家同士”ということに
なるんですね。

もう1つは、
「会社に依存しない生き方」を目指す
フリーランサーの情報サイト。
Gufo』ですね。
天野さんも私も、ここでブログ連載をした
“執筆者仲間”ということになります。

まあ、そういう縁もあり、
「ブランディングとそのための
プレゼン方法について」
というテーマで話を聞きたいな
……という要望に、
今回は気前よく
引き受けていただいたんですね。
有り難いことです。

でも、どうして私が、
「やってほしいな」と思ったのか?

プレゼン、というと、
どうしても広告代理店ばりの
パワポを使った技巧的なもの
……を考えてしまいますよね。

でも、もうすぐ
ジーニアスを見つけよう
という本を発刊される
元グーグルの石角友愛さんに聞くと、
そんなプレゼンは
Googleではやらないと言う。

なぜかっていったら、
この会社では
「毎日がプレゼン」なんです。
自分のプロジェクトに
人を巻き込まなければいけなから、
日々、機会を見つけては、
いろんなやり方で、
「オレのやっていること面白いよ!」
というパフォーマンスを
あらゆる方法で実践する。

まさに
「プレゼン=自分のブランディング」
なんです。

でも、1人の個人として働くって、
考えてみればそういうことじゃありません?

天野さんは、
テレビ局でやっていた「校閲」
という仕事を生かしたり、
マラソンや、ダンスなど、
さまざまな自分の活動を総合的に
発信しながら、
このライバルの多いテーマの中で
独自のポジションを築いています。

だからこそ、
学べる要素は多いんじゃないか
……と思ったわけですね。

なお、今回のイベント、
天野さんのブログでも紹介いただきました。
興味ある方はぜひ、
参加をお待ちしています!

1014-1

4月19日、第2回「ブシエド」を開催します!

4月19日(土)16時から。
「武士道」(新渡戸稲造著)を会得する会

を開催します。

通称「ブシエド」の第2回目ですね。
場所は青山の
「Boon’s Academy in Tokyo」です。

この勉強会。
夏川が現代語訳した
武士道』を読み解きながら
学んでいこうという主旨。
前回は概論でしたが、
今回はいよいよ本文に入っていきます。

早速、1回目は
「第1章・武士道とは
生きるための道である」
ということになりますが、
そのキーワードは今に相応しく
「桜」!

だって、武士道という本。
その通り、桜から始まっているんです。

「武士道は、我が国の『桜の花』と
同じものです。
それは日本の土壌で生まれ、
今なお我が国の特徴を象徴している、
固有の花に他なりません」

作家としても思わずうなってしまうような、
見事なメタファー(比喩)による
オープニング。

素晴らしいんですが、
同時に疑問に思います。
「武士道=戦うものの哲学」
であり、
死をかけた勇ましいもの。

それが普遍的な花である桜で、
しかも日本を象徴しているものなの?

言ってみれば1章の内容は、
そんな疑問に対する答えです。

武士道は日本という土地で、
きわめて自然発生的に生まれたもの。
桜の美しさを私たちが皆、
受け入れているように、
きわめて自然に日本人のDNAに
浸透しました

でも、案外とその
「桜に見立てられた人生哲学」、
強烈なんです。

4月17日に発刊される、
夏川が現代語訳した
致知出版社同シリーズの
『茶の本』。
その中で岡倉天心さんは、
桜について、
こんなふうに言っています。

「いくつかの花は、死を誇りにさえします。
日本の桜がそうで、
彼らはいさぎよく風の中に身をゆだねます」
「一瞬の間にして、それらは
宝石を散りばめた雲のように浮き上がり、
水晶のような流れの上で踊るのです。
その後、笑いを浮かべる波に任せて、
(死の国へ)出帆していきます」

新渡戸稲造とメッセージは対極にあった
天心さんですが、
やはり桜の中には
「武士道」を見ていたんですね。

では実際に
どのように武士道は自然発生し、
桜のような位置づけになったのか?

それは『武士道』を読んでいただくか、
勉強会で検証することにいたしましょう(笑)

写真は前回セミナーのもの。
ここにもヒントはありますね。
今回はプロジェクターなしでいきます!

0308-5

「武士道セミナー」の内容発表です!

3月8日開催の、

「武士道」(新渡戸稲造著)を会得する会
[通称:ブシエド]

どんなことをするのか?
内容を発表させていただきますね!

スケジュールは、ざっとこんな感じです。

1:共有パート(酒井晃士)
(1)かんたんな自己紹介
(2)「武士道」って聞いてどう思う?:意見交換
2:武士道の基礎知識・講義(夏川賀央)
(1)画像でわかる武士道ってこんな本!(プロジェクター)
(2)初の日本人による世界的ベストセラーが
生まれた背景(レジュメ)
3:有志の皆さんでランチ会

そもそも夏川が現代語訳させていただいた
武士道』。
読んでいない……という方も、
読んだけど、わからなかった
……という方もいらっしゃると思います。

ただ間違いなく言えるのは、
おそらくこの本は世界で一番有名な、
日本人によって書かれた本。
外国人が憧れる日本人像の
原点になっているものです。

簡単にいえば
「武士の時代にあった日本人の道徳観や人生観」
を説明したものですが、
現代でも日本人がすごいことを実現する度に、
「武士道だねえ……」
と言われます。

だとしたら、
私たちが日本人として生きていくために、
劣化した民族にならないためにも、
この本を是非、読む本であることは
間違いないんです。

ただ本書、難しいんですね。
何よりそれは英語の本なのに
難解に訳されてきた……ということと。
事例が結構、日本人に馴染みのない話が
多いんです。

まあ「難解さ」については、
私がずいぶん平易に訳したことで、
ご評価いただきました。

ただそれでも、
ついていけない……という話も多いので、
ブログではずっと、
知識を掘り下げる話をしたり、
わかりやすい事例を使ったりで
解説をしてきました。

下の写真はブログで使用した画像ですが、
なんで明治時代の本に……?
ってのもありますよね。

平清盛VS源義朝……武士の起源

葛飾北斎と富士山……プロフェッショナル意識
シーザーとガリア人の戦い……名誉について
羽生結弦……克己心について
ロロノア・ゾロとサンジ……武士道と騎士道
シェイクスピア……「仁」について

もちろん、たくさんの
実際にいた武士たちも登場しますが、
こういった画像で
「武士道には一体どんなことが書いてあるのか」
を「超要約」で、
紹介できればな……と、
「(1)画像でわかる武士道ってこんな本!」
では考えているんです。
けっこう大胆な試みになるでしょうねえ(笑)
(歴史学者さんには怒られるかも)

そんな感じですから、
今回の1回目に関しては
「読んでみたいけれども、
なかなかその気になれなくて」
……という方にも、
非常に参加しやすいでしょう。

未だかつてどこにもなかったような、
武士道解説になることは、
間違いないでしょうからね……。

2部では、
「なぜこの本が
世界的ベストセラーになったのか?」
「あの5000円札の人物は、
果たして何者だったのか?」
などを解説。

その後、2回目以降から、
皆で少しずつ読んでいけたらなと思います!
むろん1回目で様子見参加、
あとは未定で結構ですよ。

興味ある方は、
8日:11:00〜13:00
南青山の「Boon’s Academy in Tokyo」が
会場になります。
申し込みはFBのほか、
info@kenjabook.jp でも大丈夫ですよ。

busi

第1回「賢者の会」セミナーの話

賢者の書店の夏川賀央ですが、

私たちで主宰する勉強会の案内をさせていただきます!

よくある何とかセミナーのように大がかりにするものではありません。

せっかく多くの人に本を
発表する機会をつくってもらった……のですから、
それをより多くの方にも伝え、
役に立ててもらうために、
セミナーのような活動につなげられたらと
思っているわけです。

といって、最初の会は、
私がやります。
(といって次からのことも、
まったく決まっていませんが・苦笑)

テーマは、
「じぶん力」というものです。

じぶん力……なんだそれは?
でしょうが、
25日にちょうど
「Bigtomorrow」という雑誌に、
私の活動が取り上げられます。

「オリジナリティをつくる」
というのが主題だったのですが、
そのプロセスには、

「学習と発信を繰り返しながら、
自分ならではの考え方、行動のし方、専門能力
を身につけていく」

ということと、

「つながりを利用して、たえず自己の変化をうながしていく」

ということ。

ここに実は「電子出版の可能性」も
私は組み込んで考えているのですが、
こちらのブログで述べているような話
http://senmonka.garyuproject.com/tag/夏川賀央
……なども合わせて、
皆さまに投げかけてみようと、
そんなことを考えているわけです。

日程は2月3日、夕方3時。
マイスペース 四谷店 3階B5会議室
会費500円+お一人ドリンク代

ということで予定しています!

例によって、
かなり行き当たりばったり(苦笑)
……なのですが、
「できればいきたい!」という方は、
こちらにメールいただければ、
後で通知するようにいたします。

info@kenjabook.jp

基本的に夏川、
世の著者さんとかなり逆行しているのですが、
セミナー等は苦手だから、
あまりやらなかった……という背景もあり、
段取り等がよくわかってないのですが、
容赦くださいませ。

まあ、とにかく、これから楽しく
いろんなことができればいいな〜と。
そんなふうに考えている方は、
ぜひ気楽に来てくださればいいと思います。