タグ別アーカイブ: 寺田真理子

6月の「賢者の会」、テーマは「読書」です!

6月の「第52回・賢者の会」の
予定が決まりましたので、
告知させていただきます!

6月25日・日曜日の
14時30分から。
場所は麻布十番にあります
「麻布いきいきプラザ」

テーマは
「可能性を広げる読書法」
ということで、
ゲスト講師に日本読書療法学会会長、
翻訳家であり、作家でもある
寺田真理子さんをお迎えします!

申し込みはこちらへ!
https://www.facebook.com/events/263032740839034/

写真は2013年に、
寺田さんが『日日是幸日』という
著書を出されたとき
……ではなかったかと思います。
出版パーティのあと、
大谷更生さんと
Watanabeとともに。
喫茶店での些細な二次会ですね。
懐かしいです。

寺田さんとは長い関わりです。
その理由は、寺田さんはずっと
「本」にかかわる仕事をなさっているからでしょう。
最近も『虹色のコーラス』と
認知症を乗り越えて生きる
という素晴らしい本を翻訳しています。


しかし出版する以上に、
寺田さんは自身が病気をされたときに
本を通して、
立ち直ったという経験をもっている方。
だから「読書でどんなことが可能になるか」を
真剣に考え、
皆にその効果を伝えようと、
日本読書療法学会」を
立ち上げているんですね。

その関わりで、教育や癒しなど
さまざまな分野で活躍する
作家さんとお会いする機会を得ました。
また私の『武士道』なども愛してくださり、
新渡戸稲造さんの子孫となる
歌手の方なども紹介していただいています。

私もやはり本の世界で
ずっと仕事をしてきた人間。
この業界が活性化していかないと、
本当に困ってしまう立場です。

なので「読書の力」を再考するために
寺田さんを招く「賢者の会」は、
以前からずっとやりたいと思っていました。

今回はやっと、その念願が叶ったわけですね。

なので本が好きな方はぜひ、6月の「賢者の会」にいらしていただければと思います!

なお、その前日には、
渋谷の大盛堂書店さんで、
『認知症を乗り越えて生きる』の
トークショーも。
http://www.taiseido.co.jp/sbd20170624.html


また「第52回・賢者の会」の
ミニセミナーでは、
新しい読書会を立ち上げる話もありますよ。
こちらは酒井晃士さんが登場です!

母と子の絆。いのちを感じるステキな絵本

「エディターMaikoの読書日記」

タイトル:『ありがとう! 愛を』”ひかりの世界の赤ちゃんからのメッセージ”

絵&文:葉祥明さん 英訳:寺田真理子さん

ai

 

本書は赤ちゃんを亡くしたすべてのお母さんへ贈る、癒しの絵本です。

日本では、毎年約100万人の赤ちゃんが生まれているそうですが、
その裏で、全妊娠の約30%が流産になり、約4万件の死産が報告されているとか。
すべてのお母さんに笑顔を取り戻してもらいたい……。
葉祥明さんからのメッセージ。

 

絵本の絵は、美しい風景画やファンタスティックなイラスト、
明るい色を多く使って
柔らかいタッチで描かれています。

 

まだ母親の経験はない私ですが、ジワーッと心があたたまり、

 

「命をかけて産んでくれてありがとう! お母さん」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

内容も絵もとてもステキでお腹の中にいる赤ちゃんの気持ち、
お母さんの気持ちに寄り添うことができました。

 

内容紹介ではこんなことが書いてありました。

「覚えてくれていますか わたしのすがたを……」

お腹の中でいのちを終えた子どもたちからの感謝と愛のメッセージ。

 

赤ちゃんを亡くしたお母さんには癒しの本として、
これから子育て、子育て中のお母さんにはプレゼントとしても喜ばれそうだと思いました。

 

詳しくはこちらです→http://www.chuohoki.co.jp/products/topic/1304261000.html

困っている人を助けることで、ハッピーになることを教えてくれる絵本

「エディターMaikoの読書日記」

今回ご紹介するのは、絵本。
この本は、先日のお誕生日パーティでもてなしてくださいました、
日本読書療法学会会長の寺田真理子さんが訳したそうです。
ただいま、第18回日本絵本賞読者賞にノミネートされてるとのこと。
投票はこちらです。
http://dokusyokansoubun.jp/ehon/index2.html

タイトル:『なにか、わたしにできることは?』
文:ホセ・カンパナーリ 絵:ヘスース・シスネロス 訳:寺田真理子
発行:西村書店

ojisan

この絵本の主人公は、毎日が不安で不安でたまらないおじさん。

毎日、朝食をとりながら、
おじさんは新聞を読む。
一字一句、たんねんに。
そこには、全身がふるえあがるような記事もたくさんある。
おじさんは不安でたまらない。
シャワーをあびても。
仕事をしていても。

そんなおじさんが、

「なにか、わたしにできることは?」

と、言葉を発することにより、
次々と困っている人に遭遇。

そして、困っている人たちをおじさんが助けていく。

そうしたことを続けていくうちに、
おじさんに変化が起こりはじめる……物語。

詳しくは、絵本で。

ちょっと大人向けの絵本ですが、
とても大切なことを気づかせてくれると思いました。
絵本なので、文は短くシンプル。
けれども、鳥肌たっちゃうくらい、ジワーッと、心が温まりました。

単庫本を1冊読むのに比べ、すぐに読めてしまうのが
絵本のいいところ。

不安になったら、
『なにか、わたしにできることは?」
と、言葉に発してみることもいいかもしれませんね。

変化が起こるかもです!

なお、寺田さんが絵本を出版した頃の記事はこちらです↓↓

http://gao-kai.com/index.php?eid=677
http://gao-kai.com/member/?eid=148