『迷わずに毎日を生きる知恵』

「エディターMaikoの読書日記」
『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』(青春出版社)や
『運がよくなる100の法則』(集英社)など
数々のベストセラーを出版している、
今、超売れっ子の植西聰先生の新刊をご紹介させていただきます!

タイトル:『道元の習慣術』 発行:佼成出版社

この本は、鎌倉時代初期の禅僧、
「道元」の数々の名言を、
日常の生活に活用できる”習慣術”として提案しています。
道元は、日本における曹洞宗の開祖になった人です。

今の時代は、多くの人達が日々、物事を選択し、迷いながらも生きていると思います。
たとえば、
「今の仕事を続けるか、やめるか」
「結婚をするほうがいいのか、しないほうがいいのか」
「私の生き方はこのままでいいのだろうか」……というように。
本書では、個別の答えをだすのではなく、道元が教えるのは、
とにかく「余計なことは考えずに、心を無にして、
今目の前にある自分がすべきことだけに集中しなさい」ということ。
じつは「それが様々な迷いを心から取り払う、もっともいい方法である」とか。

本書を読んで、「余計なことを考えずに、目の前にあることを一生懸命にやること」
が大切だと思いました。

本当に大変な人は悩んでいる暇はないのだと、最近思います。
悩む時間があるということは、ある意味、幸せなことなのかもしれません。

悩んでしまって、自分の人生に自信の持てない方は、
本書を読むことにより、心を落ち着かせることができると思います。
人生のヒントが見つかるかもしれませんよ。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

なお、賢者の書店より、
植西先生著の『運命の人は、ある日、突然現れる』も好評発売中です。
http://kenjabook.jp/library/pg84.html