月別アーカイブ: 2013年6月

あや子さん直伝、 パーソナルカラー・メイク!

新宿の某所で「イリダートニーカ」という、
ビューティサロン&スクールを経営しています、
パーソナルカラー&ビューティアナリストである、
後藤あや子さん。

以前にテキストの件で打合せをさせていただき、
今はテキスト制作に向けて、文章を編集したり、図を描いたりしています。

打合せの様子↓
http://www.kenjabook.com/2013/04/02/パーソナルビューティストの後藤さんとテキスト/

color-1

打合せやテキスト制作を取り組んでいるうちに、
ますますパーソナルカラーに興味が湧いてきました。

私もプロのあや子さんにパーソナルカラーを見ていただきたいと思い、
お願いしたところ、診断していただけることになりました!

color-2

いつもの自分メイク↑
ファンデーションは、下地もコントロールカラーも使わず、
BBクリームのみ。上からパウダーものせない。
アイラインも引かない。メイクの所要時間は10分未満。

アイカラーはわりとしっかりつけていますが、
私の感覚では、あまり丁寧にメイクをしていないと思っていました。

しかし、あや子さんからすると、
「結構、しっかりメイクをされるんですね」と言われてしまい、
ちょっと意外でした。

color-3

パーソナルカラー診断では、スッピンになって、
このライトの下で細かくあや子さんが診断してくださいます。

120枚の布をあてて診断する方法もあるのですが、
今回はお花のシート4枚を使って♪

こちらは↓それぞれの季節の(カラー)お花を切り取ってコラージュ
したそうです。

写真を撮り忘れてしまったので、前回の写真を利用。
あや子さんが持っているのは、サマー。
私が持っているのは、オータムです。
他にスプリング、ウインターがあります。

331-12

パーソナルカラー診断では、スッピンになって、
このライトの下で細かくあや子さんが診断してくださいます。

120枚の布をあてて診断する方法もあるのですが、
今回はお花のシート4枚を使って♪

こちらは↓それぞれの季節の(カラー)お花を切り取ってコラージュ
したそうです。

写真を撮り忘れてしまったので、前回の写真を利用。
あや子さんが持っているのは、サマー。
私が持っているのは、オータムです。
他にスプリング、ウインターがあります。

color-4

↑こちらは、あや子さんがそれぞれの季節に似合う色や柄、
ファッションをコラージュしたものです。

外見、性格を詳しく説明しますと↓↓

◎スプリング…『ナチュラル感』を大切に!
キュート、フレッシュ、健康的、若々しい
あったかい性格…明るく元気ハツラツ、ムードメーカー、表情豊か、話し好きなど

◎サマー…パウダリー感のあるメイク
ソフト、優しい、女性的、エレガント
優しい性格…女性らしい、おっとりゆったりしている、はかなげ、エレガントなど

◎オータム1…(ナチュラル)深く重厚な色を生かしたメイク
自然、アース的、素朴、ナチュラル
さばさばした性格…世話役、調整役、聞き上手、穏やか、受け入れる力包容力があるなど

◎オータム2…(ゴージャス)深く重厚な色を生かしたメイク
シック、大人、クラシック、エキゾチック
男前な性格…リーダー、プレッシャーに強い、自信がある、色気がある、経営やビジネスが生きがいなど

※オータムだけ2種類あります

◎ウインター…メリハリ感のあるメイク
シャープ、ハード、かっこいい、クール
芸術家タイプ…神秘的、都会的、変わり者、二面性がある、動作にエッジが効いているなど

color-5

スッピンでの診断が終わった後は、
パーソナルビューティ チェックシート(性格)と
パーソナルビューティ カラー・ライン診断表
(肌質、髪質、地肌、血管、顔のパーツ、瞳の色、歯の色、体のライン、手など)
を自分目線で当てはまる項目にチェックしていきます。

なかなか1つに搾れず、複数つけてしまった項目もあるのですが、
正直にシートに記入しました。

シートの記入が終わったら、
あや子さんが診断表を見て、自分が思っている自分と
他人から思われている自分にギャップがないかチェックしてくださいます。

この項目も当てはまるんじゃないか〜と思うところは、( )でチェック。

あや子さんは、外見的なものだけでなく、性格的なもの、
「どういう自分でありたいか!」をトータル的にビューティアドバイスを
してくださいます(^-^)

color-6

普段使っている化粧品が私に合っているかどうかも見ていただきました。

今日、持っていたメイクグッズは、
グリーンとクリーム色のアイカラー、レッド系の口紅、グロス、
コーラルピンクのチーク。茶色の眉ペン。

色目はOK!でしたが、イエローベースの私は、シルバーのラメよりも
ゴールドのラメの方が似合うそうです。

color-8

診断が終わってから、あや子さんにパーソナル・カラー・メイクをやっていただきました。

マットな仕上がりよりも自然でツヤのある肌の仕上がりにしたかったので、
この数年はパウダーを利用していませんでした。
けれども、私が愛用しているBBクリームの上からそのままアイカラーやチークを
載せるとドバッとついてしまうとか。
あや子さんから、BBクリームの上にパウダーを載せた方がアイカラーやチークが
肌に付きすぎなくて、自然な仕上がりになっていいですよと、アドバイスしていただきました。
color-9

メイク完成!!

ナチュラルな仕上がりにしていただきました(^-^)
メイクは眉毛をしっかりきれいに描ければ、
色物をそんなにたくさん使わなくても十分きれいになるそうです。

眉毛がちゃんとしているだけで随分顔の印象は違くなりますよね。
この眉をキープできるように頑張ろう…♪

そして、メイク時間を短縮できるということで、
アート眉(入れ墨で描く眉)にも興味を持ってしまいました。

まだちょっと勇気いりますけどね(^^;)

color-10

使ったアイカラーは、↑一番手前の段の真ん中のパープル。
パープルもいろんな種類がありますが、
私はピンク系のパープルが似合うそうです。

color-11

最後にあや子さんからパーソナルカラー診断カルテをいただきました。

私の診断結果↓↓

フラワーカード診断にて、いろんな部分の基で、全シーズン大丈夫だが、色味のベストはオータム。
オータムの時は、お肌(メイク等)コントロールが一番少なくてOK。
サマーやウインターは目元などクスミゾーンをコントロールすればOK。
髪質がウインターなので夜会巻きで仕上げるのもOK。
スプリングもOKですが、元気すぎるお色は、性格からの雰囲気との差が出るので、
少し落ち着いものにされるとOK。
似合うヘアカラー:ピンク・レッド系6(王道カラー)、カッパー・オレンジ系6(少し明るくしたいとき)

 

要するに、元気すぎない(どスプリング)、エレガントすぎない(どサマー)、
ゴージャスすぎない(どオータム)、カッコよくなりすぎない(どウインター)
にならなければ、どのシーズンのメイク、ファッションも楽しめるようです。

中途半端とも言えますが、どのシーズンも楽しめることが「ミックス」の
良いところだと思いました。

color-12

今日は、あや子さんにたくさんのアドバイスをしていただけて、
とても得した気分になりました。
楽しみながら素直に自分と向き合えることができてよかったです。
色の力でその人を魅力的に見せたり、逆に老けて見えたりもして、
「色」って面白いなぁと思いました。

そろそろ美容院で髪も染めたかったところだし、新しいメイク用品も
欲しいのであや子さんのアドバイスを参考にして考えたいと思います。

パーソナルカラー診断はお友達同士で来ることが結構お勧めのようです。
実際、私も仲の良い友達と一緒に診断してもらえばよかったなと思いました。

仲の良い友達なら、客観的な意見を言ってくれそうだし、
私も友達に対して、客観的な意見が言えると思います。
お互い、「こんな色も似合うんだね〜」「この色は似合わないね〜」
「今度、ちょっとメイクやファッションを変えてみたら?」
といったようなお話しで盛り上がりそうですね。

これからは、自分らしさを大切に、無理しすぎない、たまにはちょっと冒険!
もしながら、メイクとファッションを楽しみたいです(^-^)

あや子さん、お忙しい中、パーソナルカラー診断をしていただき、
本当にありがとうございました!

 

 

おいしいもんじゃを食べながら、参加率100%の楽しい懇親会

賢者の会終了後は、恒例の懇親会!

なんと!今回は参加者の皆様、全員参加してくださいました。
とても嬉しかったです!
写真は、最後まで残ったメンバー。

615-12

場所は会場から近い、隆太さんおすすめのもんじゃ屋さん。
美味しくて安い!最高ですね(^-^)
写真を見たら、また食べたくなりました(笑)♪

615-13

隆太さんは、セミナーでは、セミナー終了後にどれくらいの方が
懇親会に参加してくれるかも考えて取り組んでいるようです。

セミナーの内容も大切ですが、
やはり本人が楽しんでやっていることが一番重要だとか。

幼児の法則というものがあるそうですが、
この法則は、幼児が何をして遊んでいるかではなく、
たとえば、いかにして楽しく砂遊びをするか…。
楽しく遊んでいる子にはたくさんの子どもたちが寄ってくるそうです。

615-15

確かに、楽しそうに何かに取り組んでいる人を見ると、
「何やっているんだろう?」と興味が湧きますし、
よくわからなくても、楽しい気分になってしまいますね。

 

私は、セミナーの運営を担当させていただいておりますが、
毎回、賢者の会は楽しみです!
ゲスト講師の方はどんな話しをしてくれるのだろう?
どんな方々が参加してくれるのだろう?
どんなつながりが生まれるのだろう?
と思うと、ワクワクしてきますo(^-^)o

 

参加者の皆様がもっとワクワクできるようなことを考え、
取り組めるようにしていきたいです。
そして、自分自身がもっと楽しむこともですね。

615-14

毎回ですが、懇親会でみなさんは会話や食事を楽しまれているので、
どうしても途中で集合写真を撮りそびれてしまい、
最後に最後まで残ったメンバーの集合写真になってしまいます。
(^^;)

615-16

ここのお店は店員さんに言えば、
おいしくもんじゃやお好み焼きを焼いてくれます。
しかし、今回のメンバーは大阪や下町生まれの方もいましたので、
鉄板を扱うのは上手でした。

615-17

皆様が賢者の会を越えた、公私混同なつながりになっていくことを
楽しみに日々精進していきたいと思います。

これからも賢者の会を定期的に開催していきたいと思っておりますので、
皆様、末永くよろしくお願いします。

今回はセミナーと懇親会の両方に参加していただき、
ありがとうございました。

第6回賢者の会:自分プロデュース、ブランディングについて

東京の勝どきにて、第6回賢者の会を開催しました。

615-1

 

ゲスト講師は、天職プロデューサーの松田隆太さん。

賢者の書店より、『天職に出会う50の法則』を出版しています。

615-2

以前のブログでも紹介させていただきました、
隆太さんは、電子書籍発売キャンペーンを開催した甲斐もあり、
Facebookのシェア数は200以上いき、本の売上げも好調です!

キャンペーン内容↓
http://www.kenjabook.com/2013/04/26/【天職に出会う50の法則】電子書籍キャンペー/

 

しかしながら、バンジージャンプ当日は悪天候のため、中止。
ちょっと残念でしたが、次回の楽しみがより増えました(笑)

バンジージャンプ↓
http://www.kenjabook.com/2013/06/02/松田さんのバンジージャンプの応援!!のは/

615-3

楽しいイベントを企画し、盛り上げ、成果をだし続けている隆太さん。
今回、隆太さんより「自分プロデュース、ブランディング」
というテーマで講義をしてくださいました。

615-4

講義内容は、(電子書籍キャンペーンの事例より)

1 何を意図していたのか?

2 対象者は?

3 注意したポイントは?

4 なぜ、バンジージャンプだったのか?

5 具体的なプロセスは?

6 反省点

7 (おまけ)あなたの素質や魅力を見つけるワーク

615-5

どのイベントでも大事なポイントは、
自分の中に「ワクワク」があるか、自分一人でもやることができるか
だそうです。

なぜ、バンジージャンプにしたかというと、隆太さん自身も
チャレンジしてみたかった。

「本を出した」というと、反感や恨みを買う場合もあるそうで、
バンジーなら自虐ネタになる、
応援者が自分ごととして、楽しく参加できそうと思ったからだそうです。

615-6

あとは、人をどう巻き込めるかも大事とのこと。
まずは、コアな層(応援してくれる人、影響力のある人)に発信し、
そこからどんどん外へ発信していく方法があるとか。

これを「渋谷理論」というそうです。
わかりやすく言うと、渋谷に遊びに来る若者達により、
渋谷の街が作られていくということですね。

隆太さんは、キャンペーンをFacebookでも積極的に紹介していましたが、
それ以外にも個別にメールもしたそうです。

こうした地道な努力と隆太さんの人柄により、たくさん応援してくださる方がいる。
そして、本の売上げにもつながったんだなと思いました。

615-7

最後にあなたの素質や魅力を見つけるワーク。
「ほめ陰口」

4人グループになり、ほめられる人1人、ほめる人3人を
ローテーションで行いました。

ほめられる人はほめられたことに対して、違うと思っても
拒否否定しない。

全て受け取り、ほめられたことをメモする。

ほめる人は、本人に直接言うのではなく、

「あの人って、〜できそうだよね」

「あの人って、〜してそう」

というように陰口風にほめる。推測でOK!

 

その方がほめる側はほめやすいし、
ほめられる側も照れくさい感じがなく、客観的に受け入れることができるとか。

615-8

ちなみに私の印象のほめ陰口は、こちら↓↓

・人の話しをよく聞きそう
・子どもにやさしそう
・親を助けそう
・家庭的
・怒らなそう
・マリンスポーツ、ウェットスーツが似合いそう
・世界中いろんな所に行って、友達を作ってそう
・実は何か国語も話せそう
・芯が通っている
・良い意味で人に流されなそう
・ペンション、旅館、和菓子屋さんで働いてそう

 

メンバーのみなさんは、私のことをあまり知らない方ばかり。
今まで言われたことないこもあり、↑とても良い気分にさせていただきました。
当てはまってないものもありますが、パッと見の私の印象をこういうふうに
とらえていただけて、とても嬉しかったです。
自分には人からこういう風に↑見られている要素があるということを
素直に受け取らせていただきました(^^)

615-9

もちろん、私もグループのみなさんをほめ陰口させていただきました。
その人から漂っているオーラ、顔の表情、身なり、話し方から推測してです。
あまり話したことがなくても内面からにじみだしているモノや外見的要素から
結構、その人の人柄を推測できるんだなぁと思いました。
他の人のほめ陰口からも「私もそう思います!」というのもありましたし、
「そういう視点でほめることもできるんだ!」という発見もあり勉強になりました。

 

周りを見渡すと、参加者のみなさん、にこやかな表情。
ほめられると嬉しいですし、嬉しそうな表情を見るとほめる人も嬉しくなります。

 

賢者の会、初のワークでしたが、楽しませていただきました。
今後、ワークを取り入れたセミナーも考えていきたいと思いました。

隆太さん、ありがとうございました。

615-10

後半は、夏川が「作家になるということ」というテーマで講義。

講義の流れ

1 作家の仕事って、どんなこと?

2 本を書くってどういうこと?

3 本を読むってどういうこと?

それぞれのメリットについて説明。

 

文章を書くことが苦手でも
「すごいこと!」を成し遂げれば、代わりに文章を書いてくれるライターがいるから、
本を出すことができる。

 

最近で言うと、80歳にしてエベレスト山頂到達の世界最高記録。
三浦雄一郎さんですね。

 

賢者の会には、編集者さんもいますし、
本業をしながら本を出している方もいます!

 

この会をきっかけに、参加者の皆様に
電子出版だけでなく、リアル出版のチャンスもつかんでいただけたらなぁと思います。

615-11

隆太さん、参加者の皆様、ありがとうございました。
これからも末永くよろしくお願いします。

「第6回・賢者の会」を開催させていただきました

土曜日は勝どきにて、
第6回の「賢者の会」を
開催させていただきました!

本当に楽しい会になりましたです(笑)

P6158115

 

 

 

 

 

 

 

何より今回は、
天職に出会う50の法則
という電子書籍で、
私たち賢者の書店でも考えつかなかった
素晴らしい告知をしてくださった
「天職プロデューサー」の
松田隆太さんに
講義いただいたのが、
本当に貴重なことでした。

ブログでも紹介しましたが、
「バンジージャンプ」
を予告したキャンペーンを
実施くださった方ですね。

このキャンペーン、
単に「紹介してくれた方の数に応じて
高いところから飛ぶ」というもので、
直接、「本を買ってくれ」……と
いうものではありません。

にもかかわらず、
ダウンロード数は非常に伸びて
ヒットを記録しているわけです。
ここには、
「コンテンツを売る」だけでなく、
集客など、あらゆる種類のマーケティングに
非常に参考になる考え方があるのでは
……と思ったわけです。

いろいろ隆太さんは
お話をしてくれたのですが、
「3つの理論」というのが、
非常に参考になりました。

1 渋谷理論
……まず自分のファンになってくれる
コアな層をつくり、
それから外へ向けて向けて配信する。
ちょうど渋谷の町を、
よく遊びにくる若者たちを中心につくるように
……ですね。

2 ストリッパー理論
……いきなり全部でなく、
「ワクワクすること」を小出しにしていく。
たとえば本ができる過程を、
少しずつフェイスブックなどで
告知していくやり方ですね。

3 お祭りにする
……まさにバンジージャンプの
キャンペーンですが、
記事を紹介したり、
本を手にとってみることで、
まさに自分も大きなイベントに
参加しているような気になってもらう。
「仕掛け」が大事になりますね。

こうした方法を参考にすることによって、
私たち「賢者の書店」も
一つ先に飛躍できるのではないか
……ということを強く感じました!

夏川も後半は軽く講義をしましたが、
「お祭りをつくる」だけでなく、
ビジネスの理論化としても、
これから注目できそうな松田隆太さん、
「賢者の会」を続けるたびに、
こうした
「すごい人」が増えていきそうです!

母と子の絆。いのちを感じるステキな絵本

「エディターMaikoの読書日記」

タイトル:『ありがとう! 愛を』”ひかりの世界の赤ちゃんからのメッセージ”

絵&文:葉祥明さん 英訳:寺田真理子さん

ai

 

本書は赤ちゃんを亡くしたすべてのお母さんへ贈る、癒しの絵本です。

日本では、毎年約100万人の赤ちゃんが生まれているそうですが、
その裏で、全妊娠の約30%が流産になり、約4万件の死産が報告されているとか。
すべてのお母さんに笑顔を取り戻してもらいたい……。
葉祥明さんからのメッセージ。

 

絵本の絵は、美しい風景画やファンタスティックなイラスト、
明るい色を多く使って
柔らかいタッチで描かれています。

 

まだ母親の経験はない私ですが、ジワーッと心があたたまり、

 

「命をかけて産んでくれてありがとう! お母さん」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

内容も絵もとてもステキでお腹の中にいる赤ちゃんの気持ち、
お母さんの気持ちに寄り添うことができました。

 

内容紹介ではこんなことが書いてありました。

「覚えてくれていますか わたしのすがたを……」

お腹の中でいのちを終えた子どもたちからの感謝と愛のメッセージ。

 

赤ちゃんを亡くしたお母さんには癒しの本として、
これから子育て、子育て中のお母さんにはプレゼントとしても喜ばれそうだと思いました。

 

詳しくはこちらです→http://www.chuohoki.co.jp/products/topic/1304261000.html

松田さんのバンジージャンプの応援!!……のはずが(笑)

以前のブログや賢者のFBでもご紹介させていただきました、

『天職に出会う50の法則』の著者、天職プロデューサーの

松田隆太さんが「電子書籍発売キャンペーン」を開催してくださいました!

その時の記事はこちら→http://www.kenjabook.com/2013/04/26/【天職に出会う50の法則】電子書籍キャンペー/

 

なんと!!

キャンペーン期間中にシェア数が200以上いったので、
よみうりランドでバンジージャンプが決定しました!

 

ということで、ここまで頑張ってくださいました、
松田さんにエールを送りたいと思い、
よみうりランドまで駆けつけました!

530-1

しかし、雲はどよ〜んとし、雨が降ったり、風も強いという悪天候。
ちょっと様子を見ましたが、天気が良くなる見込みなしな感じ。
今年は梅雨入りが早いですね〜。

 530-2

少し嫌な予感がしつつも、

遊園地に行ったら、「バンジージャンプは中止」という張り紙が貼ってありました!

残念!!!!

 

しかし、ユーモアな松田さんはノリ良くお詫びの写真に協力してくれました!!
正装だとお詫び感伝わりますね(笑)

 

スーツを着ている理由はバンジージャンプ終了後に
お仕事があるからなのかなぁと思っていたのですが、
「リアル感」を出そうとスーツでバンジーに挑戦しようと考えていたとか。
こういう発想ができてしまうところがすごい!と思います。

530-3

更に極めつけの写真!! ↓↓

530-4

ちょっと残念でしたが、テンション下がることはなく、

松田さんは「良いネタになった!」

駆けつけたメンバーは「次回が楽しみ!」

 

と、明るい様子。

 

私も含め、遠方からの方もいましたし、
前日に沖縄旅行から夜行便で帰ってきた方も!!

みなさん、気持ちの切り替え早いです!

 

まぁ、今日は仕方ないということで、
夏川の車にみんなで乗って、近くでランチしました!!

530-8

恵比寿駅へ向かっている時に、代官山の近くを通りました。

エジプト大使館やデンマーク大使館、ツタヤのTサイトなどがあり、
遊園地に行くことはできなかったけど、
街を見ることができてよかった!
と喜んでいる方も。

530-7

松田さんから「電子書籍キャンペーン」の意気込みや
裏話、企画の作り方のポイントまで教えていただき、
とてもためになりました。

そして、第6回賢者の会で講師をしてくださいます。
テーマは「じぶんプロデュースやブランディング」

日時:6月15日(土)

時間:18:30〜20:30(約2時間)

場所:勝どき区民館

会費:2000円

 

興味のある方は、info@kenjabook.jpまでご連絡ください。