月別アーカイブ: 2013年7月

麻岡夫妻!!静岡へようこその会

高知のトマト農家の麻岡さんご夫妻

東京滞在中の合間をぬって、静岡まで来てくださいました。

お店は「ちゃっきりや」という静岡の名物料理が食べられる居酒屋さん。

728-1

今回、麻岡夫妻!!静岡へようこその会をコーディネートしてくださいましたのは、
こどもたちの未来のために勢力的に教育事業をしている北村さん。

北村さんとは、教育の未来創造グループ子どもコーチ講座
仕事面でもお世話になり、指導していただいております。

麻岡さんとつながりを持てたのは、北村さんが一昨年に異業種旅行で
「近江八幡旅行」を企画運営していただき、
その旅行に参加させていただいたことがきっかけです。

旅行に参加して終わり!ではなく、
その後も素敵なご縁が続くことってとても嬉しいです。

728-2

懇親会の前は、有志による観光ツアーを開催したようです。
ツアー内容は、今年世界遺産登録されました三保の松原☆
と、トマト牧場。

予定が重ならなければ、私も観光ツアーをご一緒したかったです。

728-3

トマトガールズのみなさん!!
ガールズトークで盛り上がった様。
私も次回は参加させてくださいね(笑)(^-^)

 728-4

やっぱり麻岡さんご夫妻は、みんなの人気者!
一足早く、東京で麻岡ご夫妻とたくさんお喋りしておいて
よかったと思いました(^^;)

728-5

トマトの被り物を被って、写真撮る人多し!
こちらも東京で被っておいてよかった!!
しかし、自分の写真を撮り忘れてしまった(>o<)

728-6

3時間あっという間で、とても楽しい懇親会でした!
だけど、まだまだ話し足りないです!(>o<)

静岡メンバーは、教育の未来創造グループや子どもコーチで
一緒に勉強されている方々がほとんどで、
麻岡さんご夫妻と初めて合う方ばかり。

しかし、皆さんすっかりとけ込んでいるようでした(^-^)
ノリのいい静岡県民と高知県民、流石です!

728-7

みんなで静岡駅の改札口まで麻岡さんご夫妻をお見送りに行きました。
他の用事があった関係で、
お見送りから来てくれたメンバーもいて嬉しいですね。

改札口前で熱いハグをかわしましたよ!!

728-8

麻岡さん、まるさん、忙しい合間をぬって
静岡まで来てくださり、ありがとうございました!

また是非、お会いしましょう(^0^)/

728-9

次の再会を楽しみにしております(^0^)/

六本木でトマトつながりで楽しむ!食事会

待ってました!!

夜は、麻岡さんのお取引先である、
六本木の「CUCINA  BUONA  ITALIANA  KNOCK」
というイタリアンレストランで食事会。

このためにお昼を少なくし、珍しくデザートも食べないでいました(笑)

725-8

念願のトマトの被り物を被って、(笑)お店へ登場。
てっきり店内で被るのかと思っていたのでちょっとビックリ!?(笑)
でしたが、4人で被れば恐いものなしですね(^-^)

既にお店へ来られている多くの方にたくさん写真を撮っていただき、
どのカメラに目線を合わせていいのかわからない状態(笑)

725-9

参加メンバーは、麻岡さんの同級生や野菜ソムリエの方々。
他に賢者の会からも、つながりデザイナーの岩見さんや、
ライフビューティアドバイザーの鹿嶋さん
『ネ・コーチング』の作家であり、
お酒の会社も経営している白根さんが、
参加してくださいました。

725-10

サプライズでウォーキング伝道師であり、作家の猪狩大樹さんが
お稽古前に顔を出してくれました。

725-11

お料理もとても美味しかったです!!

725-12

お店の人は親切でイケてる方ばかりでしたし、
お昼はリーズナブルなお値段で食べれるそうなので
また行ってみたいと思います。

725-13

ここのお店は食べたり飲んだりお喋りすることが大好きな人には
特にいいお店だと思いました。

私たちグループだけでなく、周りのグループもそのような方々
ばかりでしたので、とても賑やか!
自然と話す声が大きくなります♪(笑)

725-14

トマトの被り物はとても人気で、
他のお客さんからもよく「被りたい!」と言われるそうです!
それをきっかけにお友達になっちゃうんだとか。

 

すてきですね〜〜!!

これって、トマトの被り物がきっかけだと思いますが、
麻岡さんご夫妻の人柄や一緒にいる人たちも楽しそうに
しているから、周りの方から声をかけてもらえるんだな〜と
思いました。

 

野菜ソムリエとしても活躍されているまるさん。
野菜に関する本を賢者の書店から出してくれる予定ですので、
お楽しみに!

 725-15

最後に集合写真。
あまりお話できなかった方もいますが、東京の方々ばかりなので、
またきっとお会いできますね(^-^)

とても楽しい時間と素敵なご縁をありがとうございました(^0^)

725-16

ここで終わりではなく(笑)
麻布十番にあります、野菜と果物中心のお酒を取り扱う
「GEN」という、高級バーに麻岡さんと夏川で行ってきました。

725-17

ここのバーのお酒は1杯2000円前後します。
私からすると「高い!」と思ってしまいますが、上品な味なので
悪酔いすることなく、翌朝もスッキリ!(^-^)
なので、お値段なるほどです!

私が頼んだのは、「生姜+シークァーサー+ジン」
というとてもさわやかなお酒。

ちびちびと楽しませていただきました(笑)

お酒はただコップに入れるのではなく、
お盆にコップを置いて、植物を添えて出してくれます。

もう「わび・さび」の世界で、テレビ番組「美の壷」にも取り上げられても
いいのではないかと思うくらい、素敵なお店でした。

725-18

1日の最後がとてもリッチな気分になれてよかったです。
おかげさまで気持ちよく寝付けました♪

725-19

麻岡さんご夫妻と夏川と武相荘を訪問

高知で「ファーム輝」というトマト農家を経営している
麻岡さんご夫妻。

毎年この時期は、農業の閑散期で、
1年お仕事を頑張ったご褒美として、休暇をとって友人や取引先を訪ねたり、
観光を楽しんでいらっしゃるそうです。

嬉しいことに今年も東京へ来てくださいました!

夜は、麻岡さんの取引先である、
六本木の「CUCINA  BUONA  ITALIANA  KNOCK」
というイタリアンレストランの
食事会にお誘いいただきました。

725-1

昼間もお時間が大丈夫ということで、麻岡さんリクエストである、
白州次郎さん白州正子さんが晩年まで過ごされた
「武相荘」へ行ってきました。

725-2

白州次郎さんの愛車の1つである、「ベイジ・グレンブルック」
がありました!!
晩年までポルシェを乗り回したくらい車好きだった、次郎さん。

軽井沢ゴルフ倶楽部理事長も務め、身長は180センチ以上もある美男子。
カッコよく運転している想像がつきます↓

725-3

次郎さんのカッコイイ生き様について、
こちらもご参考に→http://gao-kai.com/index.php?eid=1335

725-6

緑がたくさんある、「武相荘」は、

正子さんのように文章を書いたり、創作活動をする方には
想像力を豊かにでき、良い作品ができそうだな〜と思いました。

ただ、唯一の欠点は「蚊」が多いんです。

いたるところに蚊取り線香があるのですが、
少し離れたところに行くと、わずか数分で3、4カ所刺されることに!!
キンカン置いてありましたが、蚊にはご用心を。

725-4

次郎さんと正子さんが晩年まで過ごされた家↓

残念ながら、中の写真を撮ることはできませんでしたが、
とても粋な作りでした。

玄関や窓から見るたくさんの自然がとても素敵でソファーで
ずっとくつろいでしまいたいくらい…。

おしゃれな家具や器、グラス、浴衣などもたくさんあり、
お二人のセンスの良さ、ライフスタイルをイメージできました。

次郎さんが竹で作ったランプや棚もとてもステキで
次郎さん何でもできてしまうのね〜と感動♪(^^)

正子さんの書斎室は掘りごたつになっていて、机の正面には窓。

窓から見える景色は緑がいっぱいの自然。

机の両サイドには本棚。

緑とたくさんの本に囲まれている書斎室は、
執筆活動するにはいいなぁ〜、私もこんな仕事部屋が欲しい!と
羨ましい気持ちでいっぱいでした。

725-5

次郎さんと正子さんはお互いに一目惚れからお付き合いしたそうです。
ラブレターがとてもステキだったのでメモらせていただきました(笑)

 次郎さんから正子さんへ

「君こそ僕の発想の源であり、究極の理想である」

 

正子さんから次郎さんへ

「最愛の人へ」

このラブレターには、まるさん(麻岡さんの奥様)と
「言われてみたいね〜」と盛り上がってしまいました(笑)

725-7

今日は、とても素敵な夏の午後を過ごさせていただきました。
お誘いくださいました、麻岡さん、まるさん、ありがとうございました。

進化するローズヒップ!?

 

DSC_0461

 

 

 

 

 

 

 

写真は、
ローズヒップの専門店を営む
プロヴァンスガーデン」の
大森由紀子さん
から届いた嬉しいお中元です!

定番のローズヒップ・ティーに、
ローズヒップ・オイルを使った
クレンジングやフェイスウォッシュ。
この夏にとっても有り難い
贈り物ですねえ。

といって、
わからない人には何のこっちゃ
……でしょうが、
大森さんはチリ原産の
天然のローズヒップに特化した
製品を出し続け、
いまや楽天では
大人気のショップになっています。

そのローズヒップのスゴさというのは、
「賢者の書店」で発行した
『あなたを素肌美人に変える!
ローズヒップの魔法』
http://kenjabook.jp/pg95.html
(399円)
という電子書籍に、
詳しく書いていただきました。

こちらですね。

C³3-ƒ[ƒYƒqƒbƒv‚Ì•Ž†2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で「ローズヒップ・ティー」といえば、
よくある赤いお茶を
想像する人もいるでしょうが、
あれはほとんど、ハイビスカスが原料。
ヨーロッパで
「ビタミンの爆弾」と呼ばれる本物は、
沈殿したドロドロした実を
食べながら飲むような
不思議な飲み物なんですね。
ものすごく、
健康にも美容にもいいものです。

それとこれを使ったオイルというのは、
かのカトリーヌ・ド・ヌーブも
愛用したという、
美肌効果に優れたもの。
詳しくは本をご覧ください。

そしてお中元の目玉は、
新商品の健康ドリンク。
「エイジングケア美容ドリンク」
とありますが、
『TRENTE CINQ』
というものですね。
詳しくはこちらにありますが、
http://www.provencegarden.net/TRENTE/
美容アドバイザーとしても活躍する
大森さんに加え、
アンチエイジングのプロと、
美容原料のプロと、
お客さまのモニターで共同開発した
優れものだとか。

ローズヒップポリフェノールに加え、
たくさんの
健康や美容に効果のある成分が
含まれています。

先ほど試しに飲んでみたのですが、
リポビタンDのような見かけによらず、
とても飲みやすいドリンクでした。
キレイになるかな……(笑)

とにかくも一つの原料にこだわり、
素晴らしい商品を開発し続ける
プロヴァンスガーデン。
ビジネスとしても、
とても注目されますよね!

気になる方は、
ぜひサイトを見てみてください。
もちろん、電子書籍のほうも
宜しくです!

 

 

第7回賢者の会・テーマ「出版」

第7回賢者の会が東京の勝どきにて開催しました。

721-1

今回は現役編集者さんをお招きして、

「出版を勝ち取ってしまうくらい運のいい人がしていること」

というテーマで講義をしていただきました。

今までどうゆうことをして、運、出版を勝ちとったのかという
お話を歴史的偉人を例にふんだんに説明&アドバイスをしてくださいました。

721-2

世の中には、セミナーに何百回参加しても、一生懸命努力しても
才能があってもなかなか成功できない人がいる。

そのような方々が「運」をつかむ方法を教えていただいたのですが、
「なるほど〜」と思うことばかり。

今回は「特別に」ということで、
詳しい内容は公開できないのですが、教えてもらったことを
実践したいと思いました。

721-3

後半、夏川の講義
テーマは、「自分の『テーマ』の作り方」

講義の流れは↓

1 夏川が最初に「企画書」を書いた日(某出版社の経験)

2 本の企画とは(出版社内部の話)

3 企画はどうやってできるのか?

4 あまりにもピンキリな企画書の話

5 企画書に含まれてほしいもの

 

本を書いてみたい方には、とてもヒントになる話しばかり↑

1に関しては、私も知らなかったことがあり、
「夏川、そんな苦労をしてたのね〜」と思ってしまいました。

出版の世界は、何でも上司にすぐに聞くのではなくて、
「自分で気づく」「本屋さんなどに行って面白い企画を常に考える。情報収集する」
その積み重ねが良い企画書を書けるようになるのですね。

721-9

最後にワーク。

「実践! 自分のテーマは何だろう?」

1 自分に書けること(できること)

2 書いてほしいと言われそうなこと(人から教えてほしいと言われること)

3 1、2から導きだした、自分だけが書けること

4 ちょっと3をタイトルっぽく

721-4

できた人に発表していただきました。
短い時間でしたが、書き終わる方が結構いて、
それだけみなさん、出版に対しての意識が高いんだなと思いました。

第7回賢者の会は、「出版」をテーマに開催させていただきました。
本を出版したい人にとっては、貴重な話しを聞け、
とてもお得なセミナーだったのではないかと、個人的に思ってしまいました。

時々、今回のように前半も後半も「出版」をテーマにした賢者の会を
開催してみるのもいいですね。

721-6

賢者の会終了後は、お時間のある方で懇親会。
今回も8割の方が参加してくださいました。
最近の賢者の会の懇親会は、参加率が高くて嬉しいです。

721-7

場所は、勝どき駅近くのもんじゃ屋さん。
ここのお店のもんじゃやお好み焼きは美味しくて
安いので、好きです!

721-8

終電の関係で少しの時間しかいられなかったのですが、
私が帰った後、

日本、日本人、日本文化、日本語、日本の神々など
日本の素晴らしさを語り合ったそうです。

私も会話にまじりたかった〜!
流石賢者の会の皆様!!……と思ってしまいました。

 

次回は、8月25日(日)です!
テーマはまだ未定ですが、詳細が決まりましたら、
ブログやFacebookでご案内させていただきます。

会場は三田で時間は久々に早めの午後の時間帯。
私みたいな遠方の方も参加しやすいですね(^-^)

「第7回・賢者の会」を開催しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

21日の日曜日「第7回、賢者の会」を、

東京の勝どきにて、開催させていただきました!
夏の暑い時期、
参議院選挙のあとにも関わらず、
13人に集まっていただき、
非常に楽しい会を開催することが
できました。
皆さん本当に、ありがとうございました!

今日、何より素晴らしかったのは、
現役編集者さんの、
「本を出すことができたような
運のいい人がやっていること」
という素晴らしい話が聞けたこと。

どんな話かというと、
例に出していただいた、
「千利休の七則」
という話に集約されます。

一介の町人から、
権力を持った大名たちがひれ伏すまでの
茶人となった、千利休。
「一体どうして、それができたのか?」
と聞かれたときに、
この「七則」を説いたそうです。

1.お茶はちょうど良い加減にする
2.炭は湯が沸くように置く
3.飾る花は野にあるようにする
4.夏は涼しく、冬は暖かいようにする
5.刻限は早めにする
6.雨が降らなくても、傘の用意をする
7.お客さんに気を配る

当たり前じゃないか?
と言われると、
その「当たり前のこと」をやっていますか?
と利休は問う。
やっていない……。
聞いた相手は感嘆したというんですね。

本に限りませんが、
最終的に成功する人は、
当たり前のことをずっとやり続けて、
結果そのレベルに達している人。

最短距離を稼ごうと、
ノウハウばかり学ぼうとするのでは、
結局、継続して続けていける人に
なれないんですね。

後半は私が
「企画」というテーマで話をしたのですが、
この賢者の会。
「本を書いて成功しよう!」とか、
「そのためにはこうすればうまくいくよ」
というテクニック伝授の会とは、
少しコンセプトが違います。

自分で
「自分の中の人が魅力に思うこと」を、
何らかの形で発信し、
それによってファンをつくり、
さまざまな活動につなげていく。
当たり前といえば、
当たり前のことなんです。

でも、結局、
その当たり前のことで
多くの味方をつくった人が、
本を書いたり、講演をやったり、
新しいプロジェクトが
できるようになったりして、
仕事のレベルを上げていくんです。

みんなでそれを
助け合えるような場ができたならなあ
……というコンセプトを
再確認してしまいましたね。

ちなみに記念写真、
「恋人募集」の扇子で顔を隠しているのは、
恋愛コラムニストの神崎桃子さん。

他にも、エンジニアもいれば、
介護士さんもいれば、
児童教育の先生もいれば、
女神様の声を聞く人もいれば、
現役のお坊さんもいる。

集めようとしても、
このメンバー、集められないようなあ。
ますます面白くなっていきます。

次回は8月25日の
午後の早い時間を予定しています!
これからもますます楽しみです(笑)

 

第1回一生使える文章力養成講座:準備編

講座前に、新宿のカフェで更生さんと社長夏川で
講義の流れや準備など、打合せしました。

710-7

私が持っているビデオカメラは副社長藤原が購入してくださいました。
これで、一生使える文章力養成講座や賢者の会などを
撮影したいと思います。

と言っても、基本的には夏川のみの撮影で、
無断で他の方を撮影することはしませんので、ご心配なく!

710-8

夏川は自分がメインで教室を開始することは、
今回が初めての様。
少し緊張している様子でしたが、念入りに打合せと
テキストを見直ししましたので、
後は、講義に挑むのみ!

 710-9

打合せでちょっと気合いを入れて、
会場へ向かうのでした!

第1回一生使える文章力養成講座:出版業界最新動向

新宿で第1回文章力養成講座を開催しました。

講師は弊社社長夏川。

講座をプロデュースしてくださいますのは、
問題解決コンサルタントであり、作家の大谷更生さんです。

私は記録係として参加させていただきます。
(講座の様子をビデオや写真で記録)

 710-1

↓下記のキレイで素敵な会場は、
「クラブチャティオ新宿ラウンジ」
婚活で有名な「ツヴァイ」さんが運営している場所。
普段、ここでは婚活パーティが行われているそうです。

更生さんのご縁でこちらの会場を「一生使える文章力養成講座」のために
貸していただけることになりました。

「ツヴァイ」責任者の高田さん、ありがとうございます。

710-3

キレイで落ち着いた空間。
良い香りが漂うこちらの↓会場は、
集中力、モチベーションアップ!
文章力を磨くのに最適な会場だと思いました。

講座準備も気持ちよくさせていただきました。

710-10

第1回目の講座の流れ

受講生の皆さまに簡単に自己紹介(①と②を含めて)
①なぜ、一生使える文章力養成講座を受講してみようと思ったのか?
②一生使える文章力を手に入れたら、誰に何を伝えたいですか?

 

第1部:出版業界最新動向

①出版業界最新動向

②なぜ、本を書くのか?

ワーク1【自分の出版ネタを見つけてみよう】

 

第2部:文章の悩みを解決します

〜ストレスなく文章を書く方法

710-5

自己紹介では、

「私はこういう内容の本を書きたいから参加しました!」

「いつか本を出版してみたい!」

「講師業、営業の仕事をしているので、文章を書く機会が多い。スキルアップしたい」

など、講座受講の目的意識が多い方ばかりでした。

 

お仕事や趣味では、

勤務歴2年で1000回以上も婚活パーティの司会をしている方や
道の駅ツアーを開催している方、趣味&仕事で司会業、カラオケ、合唱をしている方、
マラソン・トライアスロンにたくさん出場している方、
子どもたちをコーチングする仕事をしている方などなど

 

面白くて楽しい人生を歩んでいる方ばかりでした。

 

既に、出版にできそうなテーマはたくさんあるのではないかと
思ってしまいました。

710-6

「一生使える文章力養成講座」は、全6回。
月1で開催ですので、講座期間は半年。

この講座では、講座期間中は「夏川を使い倒してください」
ということで、宿題を含めて、出版やお仕事関係の文章などを
夏川が無料相談いたします。

是非、この機会を多いに利用していただき、
皆様に「一生使える文章力」を取得していただきたいと思います。

受講生の皆様、「第1回文章力養成講座」お疲れさまでした。

第2回目でお会いできることを楽しみにしております。

710-4

なお、今回参加できなかった方は、

7月21日(日)の18:20から(受付18:00)
東京の勝どき区民館にて、第7回賢者の会を開催します。
会費は2000円

講師は、夏川と私もお世話になっており、
公私混同なお付き合いをさせていただいております、
現役編集者さんをお招きして、

テーマ「出版を勝ち取ってしまうくらいの
運のいい人のやっていること」で講義をしていただく予定です。

これはとても貴重な機会で夏川も私も楽しみです。

夏川の方は、今日の一生使える文章力養成講座のさわりの
部分を講義いたします。

興味があってご都合のよろしい方は、是非ご参加ください。

連絡先は、
info@kenjabook.jpか
賢者の書店のFacebookページによろしくお願いします。

21日に「第7回・賢者の会」を開催します

参議院選挙の投票が行なわれる
7月21日の日曜日
……になりますが、
6時20分(受付6時)から
第7回の「賢者の会」を
開催させていただきます。

場所は「勝ちどき区民館」で、
会費は2000円。

Facebookでも案内しますが、
それ以外の方は、
info@kenjabook.jp
でも受け付けています!

前半は夏川と縁の深い
「現役のベストセラー編集者」をお招きし、
「出版を勝ち取ってしまうくらいの
運のいい人のやっていること」
という講義をいただく予定。
これはとても貴重なことかもしれませんね。

そして後半、夏川が何をやるか
……といえば、
7月10日に開催した
「一生使える文章力養成講座」では、
実際のワークを
皆さんにやってもらいました。
その一つには、
「本を書くとしたら、
どんなテーマで本を書くか」
といった趣旨のものがあったんですね。

その詳細を明かすことはできませんが、
なかなかスゴい人もいるんです。

たとえば会場をお借りしたツヴァイさんから
出席している女性。
2、3年のキャリアにして、
すでに1000本の婚活パーティで
司会進行をしているという“強者”です。
結び付けたカップル数や尋常でないし、
膨大な数の成功例や失敗例を見てきている。
……ということで、
ゼッタイこれ、
何か企画が出てきますよね!

他にも今回、スタッフ参加している
酒井晃士さん。私との縁は、
「武士道」を取り上げていただいた
主宰の「スゴドク」という
読書会がきっかけ。
でも、それだけでなく、
通信会社に勤務し、コミュニケーションを教え、
趣味で合唱をやっている
……というマルチな方なんです。
ゼッタイ、ここからも
「面白いもの」は出てきます(笑)

まあそんな形で、これは
「本を書く」という話に限りません。
自分が「講演する」とか、
「発信をする」とか、
何か人に対してコンテンツを提供するときに、
どんなテーマが魅力になるか?
これは「じぶん力」でも重要なことです。

ならば「賢者の会」でも、
ちょっと“ワークのさわり”を
してみようか……ということで、
少しアレンジしたものを
みんなでやってみようかと考えています!
ぜひお楽しみに。

DSC_0449

無事、第1回の「文章講座」を終えました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の場所は、
「クラブチャティオ新宿ラウンジ」
という、
非常に素晴らしい会場なんですが、
カップリングで有名な
「ツヴァイ」が運営している場所。
大谷更生さんの縁で
使用することができました!

今日はここで、
第1回目の
「一生使える文章力養成講座」
を開催させていただきました。
プロジェクターの光をバックに、
私もはじめて、本格的な教室講座です。

緊張しましたが、
本当にワクワクした講義。
楽しかったです!

今回素晴らしいのは、
本当に意識の高い人たちが集まったこと。

すでに自立して仕事をしている人たちに、
会社員をしている人。
サイドビジネスをしている人もいれば、
「ツヴァイ」からも
プロフェッショナルが参加している……。
それぞれ「書く力」を磨くことによって、
今の仕事に新しい発展の可能性を
見出そうとしています。

そんなエネルギーを真っ向から浴び、
私も本当に奮い立ちましたね。
これは本当、身が引き締まるとともに、
6か月間の先行きが楽しみです!

今回はまず皆さんに
「作家宣言」をしてもらうことから、
長い研修をスタート。
文章力からそこまで飛躍するの?
……いいんです。

たとえば
「カエサル」のような英雄の仕事を
私たちが学べるのも、
「ニュートン」のような科学者の創造力
を学べるのも、
「宮本武蔵」のような
剣豪の思想を学べるのも、
「松下幸之助」や「本田宗一郎」のような
昭和の偉大な経営者から
マネジメントを学べるのも、
彼らが本業のみならず、
「作家」でもあったからなんです。

形はさまざまなですが、
「頭の中にあるものを文章化して、
それを、できるだけ大勢の人に伝える」
という方法を学ぶことで、
私たちが人生で築き上げるものは
「永久に誰かが引き続きことができる、
普遍的な財産」
になります。

「何かを自分の道を
本気で追求しようとすれば、
その人は必ず作家になるんだよ」
とは、私の師匠の言葉。

文章力を磨くことによって、
自分にできることの可能性は、
ものすごく広がるんです!

これから半年の期間をかけて、
多くの人に飛躍の機会を提供できるなら、
私も本当に嬉しいことですよね。

がんばりますので、
皆さま宜しくお願いします!

 

なお文章講座はもう締め切っていますが、

7月21日には出版社の編集者さんをゲストに向かえ

第7回の賢者の会を行ないます!

場所は「勝ちどき区民館」18時受付になります!

facebookのほか、info@kenjabook.jpでも受け付けます!