一生使える文章力養成講座:プレゼン大会②

前記事に引き続き、

プレゼンターの方とタイトルをご紹介させていただきます。

フライングキッズという、学習塾を経営され、
勉強+子どもたちに勉強大好きになる魔法(コツ)をかけています、
小畑希久子さん。

タイトル『子育ての悩みを勉強で解決!子どもが「勉強大好き!」になる魔法の処方箋』

1211-10

夢☆パートナー、ことのはソムリエ、夢すとーりー作家の
渡辺康夫さん。

タイトル『未来をつくる夢すとーりーの描き方』

1211-11

心理カウンセラー・メンタルコーチのKさん。

タイトル『人生に幸せを広げるブレない自分軸のつくり方』

1211-12

セラピスト、自己表現研究家の柴田慶美さん。

タイトル『七つの扉〜自分を変えたい人の小さな冒険』
サブタイトル〜小説が読めない人でも気軽に読める小説〜

1211-13

日選びコンシェルジュ、風水師、占術研究家の
櫻川千晶さん。

タイトル『運がよくなる「勝負日」の選び方』

1211-14

落合楼・村上で営業企画部長の大井祐子さん。

先日開催されました、作家なりきり合宿では大変お世話になりました。

タイトル『裏方力〜なぜか「あなたが現場にいるだけで安心」と言われる仕事術』

1211-15

道の駅ナビゲーター、アンガーマネジメントファシリテーターの
望月ひろみさん。

タイトル『遊ぶ・食べる・学ぶ 誰も知らない、道の駅の超ガイドブック!!』

1211-16

ワンストップコーチ、産業カウンセラーの縄田理恵子さん。

タイトル『職場のストレスを解決する、潜在意識の活用法』

1211-18

プレゼンターのみなさま、お疲れさまでした。
どの本も読んでみたいものばかりで、
いつか本になることが楽しみです。

 

最後にコメンテーターとオブザーバーの方に総評を
していただきました。
初対面でもみなさんの熱心さは伝わったようです。
その勢いで本文を書き上げることはもちろんのこと、
本屋さんに出向いて、売れる本の研究をしたり、
自分の企画を人にアピールする力をつけたほうがいいとアドバイスしてくださいました。

そう言ってくださったのは、
やはり本の出版となると、そう簡単にはうまくいかないからだと思います。

1211-19

紙の出版はハードルが高いとしても、
賢者の書店では、電子書籍制作でみなさんを全面支援したいと思っています。

今までは講師夏川と受講生という関係でした。

これからは、みなさんが著者の先生、こちらが編集者・制作者として、
末永く関わっていけたらと思います。

これからもよろしくお願いします。