目から鱗のテレビから学ぶ!プレゼン術

「エディターMaikoの読書日記」

タイトル:『プレゼンはテレビに学べ!』
著者:天野暢子さん 発行:ディスカバー・トゥエンティワン

terebinimanabe

テレビ業界とは無縁の私ですが、
本書を読んでテレビ番組って、
「こんなに細かいところまでこだわって作られているんだなぁ!」
と、関心しました!

 

特にイベント業や講師をやる方には
効果的で人を惹き付けるパワーポイントや資料作り、
聞いている方に自分はどう見られたいかのプレゼン方法などなど
本書はとても参考になると思います。

 

たとえば、テレビの画面によく出てくるテロップ。
テロップは出す位置やタイミング、書体とかも計算つくされており、
紹介するテーマにより考えるそうです。

 

そして、記者会見では話し手のバックは
スポンサーのロゴがいっぱいだったりする。

 

この手法は、無意識に視聴者にその企業をイメージさせてしまうそうです。

 

私の場合、
女優さんやモデルさんが記者会見している時は、
バックのロゴに目がいってしまうことがあります。

 

スポンサーが化粧品会社やアパレルメーカーなど、
女性が興味を持つものだからかもしれません。
そして、商品を購入してみようかな…と考えていたりする。

 

これから動画ビジネスをする場合は、
こういったことを考えて取り入れていいくのもいいですね。

 

テレビというのは、限られた空間の中で、
最大限にプレゼンをしているのだなと思いました。

 

本書を読んで、
今まで流れるようにテレビを見ていましたが、
「あぁ!こんなふうに工夫されて番組は作られているんだ!」
と、違った視線で見るようになりました。

 

なお、第15回賢者の会で本書の著者、
天野暢子さんが講師をしてくださいます!

 

テーマは『ブランディングにつながる「じぶんプレゼン」』
です!

 

なかなかない機会でとてもお得なセミナーです!

まだまだ参加受付中ですので、
興味のある方はinfo@kenjabook.jp賢者のFBまで
お知らせください。