月別アーカイブ: 2018年2月

強く願えば必ず叶う〜土曜日の賢者の会はそんな話です!

次の土曜日は
「賢者の会」が開催されます。

2月24日の土曜日の14時半から。
中央区の「浜町区民館」にて。
会費は2000円ですね。
申し込みはこちらのFBページからになります!
https://www.facebook.com/events/145882769436136/

ゲストは、
頑張らなくとも一日3200万円売れました
という本を出されている営業のスペシャリスト。
坂本玖実子さん。


なので今日は、
この本のことを少し述べたいのですが、
まさに本書は
オリンピックアスリートにも通ずるような
核心的な言葉で始まっています。

「こうなりたい!っていう思いは、
強く願えば、必ず叶うからね」

坂本さんは母1人に育てられたのですが、
小さいころから
そう聞かされたそうなんですね。

でも、いくら強く願ったって
メダルをとれない人はとれないし、
営業でものが売れるわけもないのでは……。

でも、果たして
「願えば叶う」ということを
どれだけ私たち、確信しているでしょうか?

金メダルとか、
あるいは3200万円……なんていう
営業成績もそうなのでしょうが、
「それは必ず実現できるものだ」
という
信念みたいなものがなければ、
練習を根気よく続けることはできないし、
営業のスキルを磨き、
戦略をさまざま考え続けることはできない……。

そうでないと、
「怪我をしてしまった」とか、
「確実にとれると言われていたメダルを逃した」
なんていう挫折経験に、
心は折れてしまうでしょう。

「売れない、売れない」
「できない、できない」では、
ルーチンからは逃れられない。
できないときこそ、
「できる」と信じることが
本当は大切なんです。

もちろん本書も、
あるいは24日もそうでしょうが、
坂本さんは、
さまざまな仕事で仕える考え方や、
ノウハウを教えてくれます。

でも前提として「自分を信じること」は、
いちばん大切なんですね。

じつは坂本さんは、子供のころ
「治らないと言われていた火傷が治った」
という奇跡的な経験をしたことがあるそうです。

でも、そんな「些細な奇跡」であれば、
誰しもがじつは起こしている。
それを思い出すのは、非常に効果的かも……。

まあ、それ以上はぜひ、
24日のお話を聞いてみてください!

第58回・賢者の会〜〜頑張らなくとも「1日3200万円売る」方法

58回目の賢者の会は、2月24日の土曜日の14時半から。

場所は中央区の「浜町区民館」。

前にも紹介しました、隅田川沿い、水天宮の近くですね。

いつものように会費は2000円で、

申し込みはこちらのFBページからになります!

https://www.facebook.com/events/145882769436136/

 ★

そして今回のゲストは、

頑張らなくとも一日3200万円売れました

という本を出されている営業研修のスペシャリスト。

坂本玖実子さんですね。

こちらは一昨年の出版パーティ。

http://gao-kai.com/index.php?eid=2566

東京ドームシティの MLBカフェですね。

とにかく

「1日3200万円」と聞いただけで、

すごい方であるのはわかるでしょう。

でも、本当にすごいのは、

そんな数値ではありません。

 ★

なんせ40歳からシングルマザーになったことで

セールスの世界に飛び込み、化粧品会社から大塚家具さんへ。

「とにかく人の役に立ちたい」という思いで、

独自の営業スキルを開拓。

それで前代未聞の成績を出してしまったわけです。

 ★

坂本さんは自分の売り方を「こころの営業」と名付け、

いまは思うように売れない人々に技術を教えるだけでなく、

「できるんだ」という自信を授け続けています。

その評判は中国にまで伝わり、講師として呼ばれるほどに。

またボランティアで、

服役中の人々にコミュニケーションを教える活動もなさっているんですね。

 ★

話を聞けば、

誰もが「できる!」という気持ちになるし、

「仕事ってこんなに素晴らしいものなんだな」と、

勇気がわき上がってくると思います。

なかなかない機会ですので、

興味ある方はぜひお時間を確保してくださいね!

坐禅って、こんなに簡単で、こんなにおトク!?

「賢者の会」にも、
何度か参加くださいました。
曹洞宗のちょっとPOPなお坊さん。
でも、ちゃんと永平寺で
修行されているんですよ。

寺澤善雄さんの
いいことがたくさん起こる
ひとり坐禅

という本が発売になりました!

三笠書房の王様文庫から、
本体650円で、本日発売!
私も編集に協力させていただいています。

何よりこの本を読むと、
おそらく誰もが
「坐禅してみようかな?」という
気持ちになるでしょう。

というのも、坐禅っていったら、
普通は「修行」ですよね。
「足が痛い……」なんて感じていると、
後ろから棒で叩かれたりする……。

でも、本書で寺澤さんは、
「椅子に座ってやってもいい!」
「1日15分でいい!」
……とまで言っているんです。

そのうえで、悟りを開くどころか、
「楽しい未来」を想像する。
それでいいのか?
いいんですね。

詳しいことは
本書を読んでいただくといいのですが、
「坐禅とは世の中を達観するために
あるのではなく、
現実の世界で、手応えのある幸福を
つかむためにある」
というのが、そもそもの考え方。

なるほど、確かに最近は
「マインドフルネス」などといって、
冥想などで心をコントロールすることが
ストレスケアにつながると提唱されています。

でも、それだけでなく、
心を整理した状態で、未来のことを考える。
しかも禅の心持ちや、ハウツーを生かし、
豊かな心で気持ちよく
心を快の状態に持っていく……。

そんな話を聞くだけで
「いいこと」がたくさん起こりそうな
予感がしてきますよね。

実際、本書には「坐禅」を通して、
仕事を成功させたり、
恋愛を成就させたり……と、
本当に現世的な欲を叶えた方の例が
たくさん出てきます。

なるほど幸せになるためのノウハウが、
この国で発展してきた坐禅にあったとは、
まさに目からウロコ。
手軽な本なので、ぜひ読んでみてください!