思い込みを捨てるのが、「変異型ウィルス」対策のヒント!?

毎週配信メルマガ「賢者の会」通信はこちら

 

大阪、兵庫でまた新型コロナウィルスの

新しい波がやってきています。

本当にいいかげんにしてほしいですよね……。

東京も少し、警戒しなければならない

感染者数にはなってきました。

今、恐ろしいのは、これが感染力の高い

「変異株」の影響かもしれないことですね。

ちょうどそんな折り、

幸か不幸か私は左門新先生の

元WHO専門委員の感染症予防BOOK

という本を編集協力させていただきました。

もちろん感染対策にも、さまざまな考え方はあるのですが、

感染力の高くなったウィルスを避けるのに

少し役立つかもしれない。

 

「思い込みにとらわれない」ということで、

本書に記載されている

「対新型コロナウィルス」の最新情報を

紹介させていただきましょう。

①手洗いで防げる?

だいたい日本の新型コロナ対策は、

「会食時における飛沫感染を防ぐ」ことを

軸に進んできました。

 

一方で、たとえば人ごみができる場所での

トイレのドアノブとか、

皆が触る場所をもっと警戒しなくていいのかな

……と思っていたのですが、

意外にいままでは感染が抑えられています。

 

ただ感染力が強い型が出たとなると、少し不安。

なんせ「人は1時間に10〜20回、手で顔に触る」

というデータがあります。

その都度、マスクをずらしたりすることもありますものね。

すると粘膜からの感染が起こりえます。

 

これは手洗いだと、さすがにそこまでできない。

だから一番いいのは、

アルコール入りのアトマイザーとか脱脂綿を携帯し、

人が多く触れるものに触ったら、手を消毒すること。

現在の大阪のように感染が拡大している場所では

それくらいするのは有効ですね。

②うがいは危険?

ガラガラガラガラ……とやる「うがい」で、

飛沫が飛んで感染が起こることが

現在わかってきています。

仕事で喉を使うコールセンターなどで

実際にうがいからクラスターが起こった例もあるとか。

 

外の場では「うがいはしない」というのが

感染症対策には正しそうです。

③換気はするべきなの?

「換気はしろ」というのが三密のルールですが、

じつは空気の対流から

エアロゾルによる飛沫が流れてくる可能性も

WHOでは指摘されているそうです。

 

問題は「湿度」にあるようで、

湿度が高くなったら換気して下げる必要がありますが、

そうでない場合は、

むしろ風の流れを起こさないほうがよさそうです。

ただ、人がそんなに部屋にいなければ

神経質にならなくてよいかも。

あとはワクチンへの期待ですね。

秋には全国民が打てると言ってますので、

とにかく待ちながらあと少し、

ふんばりましょう。

 

[コロナ後の未来へ]