タグ別アーカイブ: 君はこの言葉を知っているか

「第61回・賢者の会」〜『君はこの言葉を知っているか?』

「第61回・賢者の会」。

日にちは6月30日、

14時30分から。中央区の新川区民館。

申し込みはこちらです!

https://www.facebook.com/events/150763865788982/

 ★

今回は私の新刊が発売されたばかり。

『君はこの言葉を知っているか?』

サブタイトルに

「あの経営者たちを支えた名言」。

そしてイメージワードは、

「Words of wisdom(賢者の言葉)」です。

https://amzn.to/2sMPMZ7

そこで今回は私がメーン講師……でなく、この素晴らしい本をつくってくれた

編集者さんをお招きしたいと思います。

 ★

おそらくは誰もが知っているだろう

メーンは女性ものを手がける老舗の出版社。

「主婦の友社」で長く単行本を編集をしてきた

三宅川修慶さん。

じつは本をつくっていただいたのは、

これが2冊目なんですね。

1冊目は10年前にさかのぼります。

『人を出し抜く残業しない術』という本。

長い付き合いになります。

歴史ある出版社で

異色の自己啓発書編集者として

数多くのヒット作を出してきた名編集者。

最近の業界の変化に合わせ、

さまざまな活動もされているようです。

今回は本書についての発刊意図や制作のアイデアを聞くととともに、

望んでいる本の企画や著者についての考え方も

お聞きしてみたいですね。

 ★

これから本を出したい方、また本が大好きな方。

必見の会になりますよ!

もちろん夏川も新刊について、

話せることは何でもお話しするつもりです!

楽しみにしてください!!

『君はこの言葉を知っているか?』好評発売中です!

私の37冊目になる本が発売されました。

君はこの言葉を知っているか?

(主婦の友社、1296円)

一体どんな本なのか?

サブタイトルの

「あの名経営者たちを支えた名言」が示すように、

①ビジネスの成功者たちが、先人のどんな言葉を、どんなふうに継承したのか?

②その先人は、どんな思いで、その言葉を次代に託したのか?

③私たちはその2人から、さらに何を学ぶべきなのか?

15の話で、それらをまとめています。

 ★

たとえば、インド独立の父、ガンジーの言葉。

「己を変えることができれば、世界も変わる」

支配者だったイギリス人に差別され、

また国内にさまざな対立を抱えていたインド。

そんななかでガンジーは、自らに厳しい規律を要求し、

異なる考えのすべての人々を認められる人間になろうと模索を続けました。

 ★

その言葉を大学の頃から手帳に書きこみ、ずっと目に見えるにしていたのは、

Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏です。

彼はその思いを継承し、大学起業家の軽いノリを乗り越え、

仲間たちとのあらゆる対立を振り払い、この会社を永続できる世界的企業にする決意をしていきました。

自分を変えることで、世界を変えようとした……ということですね。

 ★

「ときには20世紀の混沌としたアジアで語られた賢者の言葉が、

21世紀の若手IT起業家を動かし、彼を世界的な大富豪にまで押し上げました。

ときには紀元前の中国で語られた賢者の言葉が、ベンチャー企業の経営戦略として使われ、その会社を世界ナンバーワンに飛躍させました。

昭和の名経営者も、日本におけるビジネスの創始者も、世界的な投資家も、やはり賢者の言葉によって動かされてきました」

……序文よりです。

 ★

稲森和夫(京セラ)……西郷隆盛

豊田佐吉(トヨタ)……サミュエル・スマイルズ

孫正義(ソフトバンク)……坂本龍馬

渋沢栄一(明治期の実業家)……君子

柳井正(ユニクロ創業者)……ピーター・ドラッカー

などなど。

本書に登場するのは15組の「時空を超えた子弟」たち。

「時間を越え、空間を越え、この世の中はそうして、

過去の言葉を継承しながら発展してきたのです。

 ★

本書で紹介する言葉は、単に知識として知ってほしい類いのものではありません。

勇気や希望、また癒しや赦しを与える言葉もあれば、ときにはあなたに覚悟をうながし、厳しい選択を迫る言葉もある。

しかし本書を読む誰にでも、世界的な成功者と同様、賢者の言葉を引き継ぎ、自分の人生に生かしていく機会は与えられているのです」

これが本書の目的にほかなりません。

ぜひぜひ手に取ってみてください!

 ★

なお30日には、この本の編集者さんをお招きして、

「賢者の会」を行ないますよ!

https://www.facebook.com/events/150763865788982/