月別アーカイブ: 2013年9月

夏川が「別冊プレジデント」に登場しました!

現在発売している
「プレジデント10月17号別冊
驚きの!10倍時間術
に、夏川賀央が登場しています。

記事は
「なぜ効率ばかり追求すると
利益が減るのか……脱マニュアル」
というテーマ。
新しく取材したものではありません。
2012年の6月に
プレジデントの本誌に載ったものですね。

なぜか夏川、指でポーズを撮っています(笑)
米国ザッポス社のオフィス写真があったりして、
なかなか雰囲気もいい記事でした。
当時の夏川ブログはこちら。
http://gao-kai.com/index.php?eid=910

まあ夏川が書いた、
なぜ、仕事ができる人は「効率」を無視するのか?
(アスペクト刊、1575円)
という本にちなんで、
「効率無視の効果」を述べさせていただいた
……のですが、その重要性、
いまはずっと増しているような気がします。

というのも、
いまのビジネスで求められるのは、
「他者よりも優れたアイデアをひねり出す」
「他者よりも丁寧で優れたサービスをする」
といった、オリジナリティの要素が強いんです。

これは
「やることを一律にしてマニュアル化する」
とか、
「できるだけ時間をかけずこなしてしまう」
といった「効率化」の波の中で、
どんどん削られているような気がしています。
その辺に日本企業が弱くなって原因が、
あるんじゃないか……と。

そういう問題意識を多くの人が持っていたのか。
じつはこのプレジデントの記事が
ヤフーのビジネスニュースで紹介されたとき、
「6000〜7000」という
ものすごい数の「いいね」がついたんですね。
本の発行から時間が経っているのが、
つくづく残念でした……(TT)

しかしながら1年の歳月を経て、
記事がまた「別冊」の形で復活してくる。
宣伝とか販促と関係なく、
ものを言える機会が与えられるということでは、
非常に有り難いことですよね。

ぜひ興味ある方は、
書店で手にとってみてください!

616JeocrqxL._SL500_AA300_

第3回「一生使える文章力養成講座」本のタイトルと企画を決めよう

第3回「一生使える文章力養成講座」を開催しました。

会場はツヴァイさんが管理する
「クラブチャティオ新宿ラウンジ」のセミナールームです。

0911-1

講座概要>>

第1部:出版企画書の作り方その2
~企画をつくる
①あらためて企画って何なのか?
②読者に読んでもらえる企画とは?
③企画をつくる方法
④タイトルの打ち出し方
⑤タイトルらしいフレーズをつくる
⑥企画のコンセプト文章を考える

 

第2部:文章の悩み解決します
論理的に文章を書くコツ
①「論理的に書く」とは
②話しを論理的にするマジックワード
③その論理は納得できるものか?

 

基本的にこの講座では、
「文章を書くことで自分のファンをつくる」が目的で、
皆さんには自分が本を書くことまでを想定してもらっています!

0911-2

まずは、第2回「一生使える文章力養成講座」
の宿題ワーク「あなたの仕事の良さを具体的に説明してください」
をフォロー&復習。

文章の構成や語尾のポイントなどについて、レクチャー。

0911-3

今回の講座では、受講生の皆様に自分が書く本のタイトルと
企画まで立ててもらうことが目標です。

そこで、受講生の皆様に編集者と著者を疑似体験してもらう
ペアワーク。

1 相手を著者としてどんな本ができるか考えてみる
2 自分が書くテーマを明確にする

 をしていただきました。

0911-4

このワークでは、どちらかが編集者、著者となり、
相手がどんな本を書きたいのか、ヒアリングしあい、
本のタイトルやどんな本が書けそうかまで決めてしまう、
すごいワーク!(運営側もサポート役として巡回します)

既に本を書きたいテーマが決まっていた方は、編集者役の方から
アドバイスをもらい、より良いタイトル、本の内容を企画した模様。

本を書きたいテーマが何も決まっていなかった方も
このワークを通して、
ほとんどの方が本のタイトルを時間内で決めることができ、
話し合うワークの面白さ、すごさを実感しました。

ペア同士、お互いに相乗効果もあったようでよかったです。
私もサポート側として、お手伝いさせていただきましたが、
とても勉強になりました。
相手の可能性を引き出す、
ヒアリング力もレベルアップしていきたいと思います。

0911-5

今回は、第1部が盛り上がったことにより、
第2部が非常に駆け足の説明になってしまいましたので、
来月は第2部のフォローから講義を始めます。

私は、講座運営やサポートは初めての経験で
わからないことも多く、至らない点も有るかと思いますが、
スムーズに講座が運営できるように努力していきたいと思っておりますので、
受講生の皆様、これからもどうぞよろしくお願いします。

回を重ねるたびに、「本を書くイメージ」が高まり、
盛り上がっている「一生使える文章力養成講座」。

講座修了後に皆様がどう変化しているのかが
とても楽しみです。

自分の未来、チャンスをつかむ名刺交換、制作術

『エディターMaikoの読書日記』

タイトル:『仕事が取れるすごい名刺交換 5つの鉄則』
著者:福田剛大さん 発行:Gakken

meisi-hon

本書は、仕事が取れるための名刺交換や名刺作成のノウハウ本です。

 

「あなたの名刺は名刺交換をして、仕事につながっていますか?」

 

もし、何十枚名刺交換しても全く仕事につながってない方、
あるいは口べたな方には、本書はビッタリです。

 

オススメの理由はいろいろありますが、

「名刺の役割」「何のために名刺交換をするのか?」を再確認することができるからです。

 

そもそも安っぽい(内容&デザイン)名刺、
いかにも家庭のプリンターで作成した感が丸出しの名刺(紙にミシンキリの跡が残っている)は、
相手からすれば、特徴がつかめない、名刺にお金をかけることもできないようであれば、
「仕事を頼みたくない」と思われてしまうとか。

言われてみれば、そうですよね。

 

名刺本来の意味を再確認することができれば、
今の自分の名刺を見つめ直したり、
今まで失敗した理由は何だったのかを考えるモチベーションに
つながると思います。

本書は名刺交換する時の会話や、自分の思い、仕事、
どんなことでお役に立てるかを
相手に伝える方法が本文+ワークシートで学べます。

さらに名刺のデザインについては、使う写真の顔の表情、
写真のバック背景、色、文字の書体や大きさなどなど
勉強になることが盛りだくさんの内容。

 

福田さんのあとがきにこんなことが書いてありました、

 

「実は、名刺交換とは、自分の未来を作ることです。

未来は出会いから生まれるのです。

本書が、あなたのすてきな未来づくりのお役に立つことを願っています」

 

これには、ちょっと鳥肌が立つくらい感動!
「名刺にはいっぱい可能性があるなぁ〜」と
ワクワクするような気持ちでいっぱいになりました。

 

意外にも福田さんは、口ベタで会社員時代は対人恐怖症に悩まされた経験があるとのこと。
この対人恐怖症を克服するために、試行錯誤しながら半年に3000人以上の人と名刺交換し、
それをきっかけに「絶対名刺メソッド」を確立。
福田さんはコンプレックスを克服し、
現在は、仕事の取れる名刺専門家として全国的に活躍されています。

 

なお、福田さんは第9回賢者の会でゲスト講師をしてくださいます。
福田さんのお話を聞いてみたい!今の名刺をなんとかしたい!と思っている方、
是非ご参加していただけると、嬉しいです。
詳細はこちら↓↓

日程:9月16日(月・祝)

時間:14:30から17:00

場所:三田いきいきプラザ

会費:2000円

連絡先は、info@kenjabook.jpか賢者のFBまで。

第3回一生使える文章力養成講座に向けて

来週の9/11(水)に第3回「一生使える文章力養成講座」があります。

今は、3回目のテキストを見直したり、
受講生の方の宿題のワークを見させていただいております。

3-1

今回の宿題は、「プロフィール文章を書いてみよう」と
「あなたの仕事を具体的に説明してください」の2つ。

3-2

私は、講座の様子を写真やビデオで撮影。
講座の様子をブログやFacebookなどで発信したり、
テキスト作成のお手伝いなどをやらせていただいております。

9-4

運営サポートをしながら、私自身も「一生使える文章力養成講座」の
宿題をしています。
今回の「あなたの仕事を具体的に説明してください」
のワークは意外と想像してたよりも、難しかったです(苦笑)

 

「あれもこれも書きたい!」と思うと、膨大な文章量になってしまいます。
そして、文章の量を減らすために、「たとえば〜」の事例、理由などをカットすると
薄っぺらい文章、いわゆる自分だけがわかっていて、相手に伝わらない文章になってしまいました。

 

限られた文字数だと、「ここだけは特に強調する!」というものを決めて、
他にいろんな業務があったとしても、
潔く文章をカットすることも大切なのかなと思い知らされました。

9-5

今回は、随分、夏川から添削が入り、「えっ!またぁ?!」と思うくらい書き直しました。
大変でしたが、かなり勉強になりましたね。

 

受講生の皆様にも宿題に夏川から
「添削が入った」「はい、見ておわり!」ではなくて、
夏川から宿題のOKが出るまで、
粘り強く宿題をやっていただきたいと思います。
そうすれば、絶対、力になると思います!

 

「あなたの仕事の良さを具体的に説明してください」
の宿題をマスターすることができれば、
ホームページやFacebook、チラシやパンフレットでも活用できますし、
ポイントをつかんでしまえば、少し仕事内容が変わっても自分で修正することができますしね。

9-3

自分の宿題もそうですが、受講生の方の原稿を読ませていただくこともとても勉強になります。
同じテーマの原稿だと、他の人と比較することができるので、
「この方は文章が上手だな」「もう少し、ここに説明を加えたほうがいいな」
「最初の出だしは、こうしたほうがいいな」というように、
文章アドバイスの点も少しずつですが、わかるようになってきました。

 

講座のお手伝いをしながら、
私自身も文章力アップすることができるのは、
とても嬉しいです。

 

受講生の皆様、一緒に頑張りましょう!

飲んで美肌になる!ローズヒップのエイジングケア美容ドリンク

プロヴァンスガーデンの大森由紀子さんから
お中元でエイジングケア美容ドリンクをいただきました!

大森さんがこだわり抜いた自信作!!
美容、エイジングの7大成分がすべて有効成分量配合!

<7種の注目成分↓>

コラーゲンペプチド5000mg、プラセンタエキス1000mg、
超低分子ヒアルロン酸83mg、ローズヒップエキス(ポリフェノール含有)100mg、
AC-11(キャッツクロー抽出物)83mg、レスベラトロール含有 ブドウ発酵エキス50mg、
セラミド含有 米胚芽抽出物20mg

rose-drink1

早速、飲んでみたのですが、
とても飲みやすい♪何本でもいけそうなくらい美味しかったです!
(↑空き瓶(笑))

飲んで3日で肌がキレイになったような気がします(^-^)

rose-drink

プロヴァンスガーデンは、茅ヶ崎で店舗も構えており、
南米チリの天然のローズヒップを使っている、とてもこだわりのあるお店です。
特にローズヒップティーとオイルが大人気で、楽天の人気ショップや
ショップチャンネルで注文が殺到してるとのこと。

更に、大森由紀子さんは、賢者の書店から

を出版しています。

rose

本を制作するにあたり、ローズヒップの商品を使わせていただいてから、
虜になってしまい、もう何回も商品を注文しています。
その中でも、特にお気に入りなのは、

 

その1、ローズヒップオイル
冬の乾燥する時期でも、ローズヒップオイルがあれば、
肌は乾燥知らず。
化粧水→ローズヒップオイル→乳液で済むので
お手入れは楽チンですよ♪しかも経済的(^-^)v
いつもお得な3本セットを購入してます。

rose3

その2、クレンジングオイル☆(ラベンダーの香り)
メイクも毛穴の汚れもすっきりキレイにしてくれます。
そのおかげで化粧ノリも良いです(^-^)v
こちらもお得なビッグサイズで購入してます。

rose2

2つとも香りが良いです♪
温泉や旅行などでローズヒップ商品を使っていると、
友達から「良い香り〜!!何の化粧品使ってるの?」
とよく聞かれます(^-^)v

rose1

ローズヒップ商品はトライアルセットもありますし、
プロヴァンスガーデンでは、時々キャンペーンもやっているそうなので、
興味のある方は是非、チェックしてみてくださいね☆