1月24日「第24回・賢者の会」

第24回・賢者の会
の詳細が決まりました。

日程は1月24日。14時15分の開催ですが、
場所は東日本橋の
「スワンレイク」という場所。
夏川と酒井晃士さんの、共同講師になります!

そこで告知しているように、今回は、
「今年の目標をテーマにした文章を書く」というワークをやります!

一体どういうことか?
ちょっと先にゴメンナサイ!
……ということで(笑)

昨年も同テーマだった「賢者の会」で
書いていただいた文章を
抜粋で紹介しましょう。

「今年の目標は、
『天才料理人の名に恥じない料理を創る』
ことです。
私は大学に入ってから、
食べることより創ることに興味を持ち、
料理教室通い。
社会人になってからは、
日本での西洋料理でおもてなしを教える
第一人者に師事。
その後、東京、京都、海外で
有名店を食べ歩きしました。
その後、面白いことに、
食に関するあらゆるジャンルの専門家たち出会いが増えて、

お食事会や懇親会という場で
創作料理を食べていただいています。
さて、私の使命は!
『美味しいお料理は人を幸せにする』
を全うすること。
愛をこめて、丁寧に仕上げるお料理で
たくさんの笑顔に囲まれたい。
今年は300人の笑顔を見たいと思っています!」

こちらは料理研究家の
石崎友美子さんに書いていただいた文章。
書いた通り、昨年は
ゆらびキッチン」を立ち上げ、
昨年クリスマスの「賢者の会」でも、
素晴らしい料理をつくっていただきました。
写真はそのときのものですね。

「目標を文章化する」とうのは、
単に叶えたい事柄を文字にするのでなく、
それを1つの論理として完成させる
……ということです、

その意味は2つあって、
論理にすることで初めて目標は、
「お題目」でなく
「自分に対する動機づけ」になります。

わかりやすく説明すると、
たとえば「美容師として独立する」という
目標を掲げた女の子がいたとしましょう。

そのままではスローガンを掲げるだけ。

でも、文章で論理化するには、
「なぜその目標を叶えたいのか」を
明確にしなければなりません。
「昔のださい髪型をステキにしてもらったことで、
はじめて人生にワクワクできるようになった。
そうした悦びを、
私は皆に知ってもらいたいと感じた……」

なんて感じでしょうか。

すると当然、
「自分は頑張らなければならないんだ!」
と改めてスイッチが入ります。
同時にそれを発信すると、
読んだ人にはどんな変化が起こるでしょう?

「そうか美容師になりたいのは、
そういう理由からだったんだ」
「彼女が店を持つようになったら、
たくさんの人を幸せにしそうだな」
「その目標、叶うといいな!」

つまり文章はそのまま
「自分を応援してもらえるためのツール」
にもなっていくわけです。

ただ、文章は当然、
相手に伝わらなければしょうがない……し、
この時代、「文章を読んでもらう」ためには
面白いそうだな!……と感じてもらう
工夫の必要になります。

24日にやりたいのは、
そういう文章講座なんですね。
興味ある方は気軽に声をおかけくださいませです(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA