6月30日「第29回・賢者の会」の報告です!

「第29回・賢者の会」を
東京の浜松町にて、無事、
開催させていただきました!

お集まりいただいた皆さま、
本当にありがとうございました!

今回は出版プロデューサー、

株式会社スターダイバーの社長である
米津香保里さんが
ゲスト講師。

会場にもすでに本を書いている著者や、
業界で仕事をしている方が多かった本日。

でも、何より働く一個人として
大きな感動を与えてくれた、
本日の米津さんのお話。
胸を熱くさせる
素晴らしい講義でした!

広告代理店に疲れて、
1年の休業をしたあと、
唐突に「本をつくる仕事をしたい!」と
天啓のようなインスピレーションを受けた
米津さん。

でも30代・編集未経験で、
入れた会社は
自費出版系の出版社のみ。

ところがその後、
自費出版の会社で
商業出版の部署を立ち上げたあと、
今度は大手の会社で
自費出版の部署を立ち上げる。
さらにはベンチャー企業で、
出版部門の立ち上げに協力したり。

ビッグプロジェクトに次々と
参加はするものの、
振り回されるばかりで、
自由に本はつくれない。

独立を目指すんですね!
現在もこの厳しい出版業界で、
渋谷にオフィスを構えるプロデュース会社を
持続しています。
それは本当に素晴らしいことです!

米津さんは「幸せスパイラル」として、
「やりたいこと」
「できること」
「求められること」
という3つの縁が重なり合うところを模索し、
「自分を螺旋状に育て上げていくこと」
の大切さを語ってくださいました。

まさに「出版の可能性」も、
その部分にあるのかなと思います。

とはいえ、
広く出版業界に貢献するには、
いまは本を超えたところで
新しいビジネスモデルをつくっていくことも
必要になってきた。

スターダイバーさんの
新しい活動としては、
「本屋さんでのイベント情報」を
集めて発信する
本屋で.com」。

著者のコミュニティを
動画配信のできるサイトでつくる
SAKKATO
など、
ネットを通じた新しい試みにも
チャレンジしています。

これからの活躍は注目すべきですし、
「賢者の会」のコミュニティとしても、
協力していけたらいいですよね!

とにかく大反響だった本日。
次回の「第30回・賢者の会」は、
7月26日を予定しています。
こちらにもお楽しみに!

0703